大宮駐屯地創設55周年記念行事・前編




三年ぶり二度目となる大宮駐屯地創設55周年記念行事に行ってきました。

10:00開門と言うことでちょっと遅めに始発バスを使って湘南新宿ラインで大宮駅へ。

そこからはバスで08:30頃に到着したのですが……完全に出遅れましたね。

すでに50名以上は並んでいます、前回は数名だったんですが。

今度から待ち時間は我慢して、もう少し早めに出るべきだったかもしれません。

時間つぶし用に本とか用意しておけば済むことですしね。


本日のスケジュールは以下のように公開されておりました。

10:30〜11:30 記念式典

11:30〜12:00 訓練展示

12:00〜14:30 装備品展示/装備品試乗

10:00〜14:30 模擬売店



開放予定時間は10:00ですからそれまでひたすら待ち続けます。




10:00の予定通りに開放開始、手荷物検査を受けたら式典会場へと向かいます。

出遅れたために当初予定していた式典会場右側は既に人でいっぱいのように見えたので、左手側に予定を変更。

第一希望ではありませんが、最前列の左手としては良い方だったし教養範囲かな。

10:30から式典開始ですからのんびりしている暇はありませんので、トイレを済ませて飲み物を確保したら席に戻って式典開始まで待ちます。

ちなみにこの日の天気予報は曇りのち雨という事でしたが、太陽がしっかり出て暑いくらいの晴天でしたね。



10:30に予定通り式典開始です。

問題なく式典は進んだのですが最大の問題は来賓の挨拶の長さ。

市長+県知事+国会議員4名だか5名は多すぎる。晴天で糞暑いのに何の嫌がらせだっていうの。

東日本大震災の関係で、化学学校を要する大宮駐屯地に注目を集めるのは当然なんでしょうが、もう少し状況を考えて欲しかったね。

「やっと終わった」って声が上がる挨拶・祝辞は個人的には大失敗だと思いますね。



式典終了後に観閲行進が始まります。

新型のNBC偵察車のお披露目がありましたね、今後お目に掛かる機会が増えると思われます。

それにしても将来装輪戦闘車両の計画は今はどうなっているんでしょうね?



そして第32普通科連隊による100人組み手が行われました。

銃対素手、素手対素手は良いとして銃同士の白兵戦とか見てみたかったですな。



中編へ続く


イベント情報へ戻る