第1師団創立50周年・練馬駐屯地創立61周年記念行事・後編




観閲行進が終わったら50周年記念イベントの始まりです。

まずは音楽演奏+大砲のコラボレーションです。

礼砲射撃用の58式105mm榴弾砲M2A1をガンガン撃ちまくってましたね。



そしてその後は装備品紹介です、と言っても空砲を撃ちまくっていましたし訓練展示同様でした。

ここ数年、練馬駐屯地は訓練展示無しと聞き及んでおりまして全く期待していなかったのですが、まさかの気合いの入った展示でラッキーでした。

聞いた話によると今回は50周年と言うこともあり例年以上だったようですね。


お昼ご飯を食べた後にうろついていたらこの方に遭遇しました。

今回で三度目かな、板妻駐屯地の山本2曹です。

いや今もそうなのかは知らないんですけどね、5年前の肩書きはそうでした。

こういう特技があるとイベントに引っ張りだこなんですかね。






観閲行進ではこの車輌は見かけなかったので、緊急時に備えてこの状態で

待機しているんでしょうか?










相変わらず大人気の戦車体験試乗ですが私は不参加。

乗りたければ一週間前の駒門駐屯地で乗りますって、その方が空いてるし。


裏の方でなにやら作業中でした。

観閲行進や装備品紹介時に邪魔で外した部品を取る付け中、って感じですね。


78式戦車回収車と73式 特大型セミトレーラが居るので自衛隊の人に聞いてみると、駒門駐屯地へ運ぶために74式戦車を

搭載するというではありませんか、見学しようと待ちます。

その際に「78式戦車回収車も展示希望」って言ってみたら「一般の人には人気無いからね」って身も蓋も無い(笑)。
この時に聞いた話として積み込むべきトレーラーの数が足りないので何日かかけて駒門駐屯地へ運ぶとのこと。

戦車一台に付きトレーラー一台無いと有事での移動が速やかに出来ないんでは……。

ちょっと予算配分を考えるべきなんじゃないかと思いましたね。

民間車輌で補えるならそんなことは言わないんですがどうなんでしょう?

そして10式戦車が74式戦車の器材流用できるのは大いに意味があることなんだと実感しましたね。




さて以上で今回は終了です、帰りは正門から出てそのまま平和台駅まで徒歩で、そして電車で帰宅に付いたのでした。


イベント情報へ戻る