第1師団創立50周年・練馬駐屯地創立61周年記念行事・前編




2012/4/8(日)、第1師団創立50周年・練馬駐屯地創立61周年記念行事に行ってきました。

練馬駐屯地はそんなに遠い訳ではないですが、今回が初めてになります。

練馬駐屯地は他と重なる時に行われますからね、実際に今回も宇都宮・熊谷・滝ヶ原・習志野などでも行われていましたし。


池袋駅から有楽町線で平和台駅で下車、徒歩10分程度で練馬駐屯地南門に到着です。

08:15頃の到着だったので開門の09:00まで本を読みながら待機、行列の前から十数名の所でした。

時間になった時には結構行列が伸びていましたね、数えていませんけれども。

さて入場時ですがかなり厳重な手荷物検査が行われました。

「鞄の中身出してね」とか初めて言われましたよ、カメラバックは開けただけでOKだったので助かりましたが。

とはいえこっちも慣れた物、問題なく手荷物検査を終えたら即座に席の確保に向かいます。

一般用雛壇の最上部に席を無事確保出来ました、逆光になる場所でしたが他に無いんだから仕方がありませんね。

ちなみに本日のスケジュールは以下の通りです。

10:30〜11:30 記念式典

11:35〜12:15 50周年記念イベント

12:30〜15:30 レンジャー訓練体験コーナー/74式戦車試乗コーナー

09:00〜15:00 装備品展示 /イベント広場/野外売店



そんなわけで時間まだ有ることですし人が増える前に装備品展示の見学です。

87式対戦車誘導弾 L16 81mm 迫撃砲
120mm迫撃砲RT 89式5.56mm小銃
5.56mm機関銃MINIMI 110mm個人携帯対戦車弾
01式軽対戦車誘導弾 74式戦車
高機動車 73式小型トラック
偵察要員用防具セット&00式個人用防護装備 野外炊具1号
野外入浴セット2型(練馬の湯)

どれも特別珍しい装備品では有りませんね、まあ福島第一原発関係の装備品が出ていたのが特徴かな。

その関連で以下の物は今回初めて見させて頂きました。

中隊用線量率計3形

他にも民生品を福島で利用していたとのことです。



一通り装備品を見たら確保していた席に戻り、開始まで待つことにします。

徐染車での散水は相変わらずですな(笑)。

まあレンタルするより自前の器材で賄う方が予算的に優しいのでしょうが

なんか贅沢な気がしてなりませんね。








そして10:15頃、式典会場に部隊が入場してきました。

大抵の駐屯地では正面で一部が背面からの見学になりますが、今回のように完全に側面からの見学というのは珍しいですね。

まあ正面の良い席は関係者&招待客で埋まっているんですけどね……。



時間通りの10:30に記念式典の開始です。

記念式典そのものは普通でしたが、さすが石原都知事は注目を浴びてますね。

挨拶の時の報道屋の多いこと多いこと、またその内容も東日本大震災を「幸か不幸か」とか「アフリカの蛮人(蛮族?)」呼ばわりとか

他の人なら大問題になりそうなことを言ってましたが、特に問題になっていませんでしたものね。

そういうキャラだと周知されれば、失言とか気にしなくても良くなるんだろうな。



そして観閲行進です。

さすが第一師団の式典、色々な部隊が参加してましたね。

第1連隊・第32連隊・第34連隊・第1戦車大隊・第1特科隊など本来であれば各駐屯地における主役が集まって居るのですから壮観でしたわ。

そういえば相馬原の12旅団の時もあちこちから来ていたような。



後編へ続く


イベント情報へ戻る