富士学校・富士駐屯地開設57周年記念行事・中編




さて記念式典の開始です、がその前のちょっとした光景を。

今まででは遠すぎて写す気にもならなかったでしょうがさすが500mm望遠。

こんな準備中の姿も捉えることが出来ました。













記念式典は例年通りで特に特筆すべきことは無し。

というか一ヶ月ほど経っているので(記事作成は8/14)すっかり忘れてます(笑)。



この自衛官さんが旗を振り下ろしたのを合図に各車エンジンを始動、観閲行進が始まりました。

四度目にして初めて知りましたよ、こんな原始機的な方法で合図をしていたとはね。

















K-5+APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSMでの組み合わせ初陣でしたがやっぱり超望遠レンズは良いですね。

そして課題が見えてきましたよ。

重いので狙いが不正確、傾向的に下を向いている、ピントが違うところに合っているなど。

まあ使い込んで慣れるしかないわけですが、今年は地震の影響でその経験が出来ませんでしたからね。

今年後半のイベントが悪天候に見舞われないことを期待するのみです。



観閲行進が終わったら去10式戦車(試作)の走行展示です。

去年、総合火力演習で普通に移動するところは見ましたが機動力を発揮したシーンは今回が初めて見ると言うことになりますね。

実にすばらしい動きっぷりでしたね、これが10式戦車の実力ですか。

とはいえ90式戦車・74式戦車の限界的な動きなんて見たこと無いんですけどね。

足回りはどれくらい良くなっているんだろう?これだけ動いて整備しやすく故障しにくいとかだと凄いんですけどね。


後編へ続く


イベント情報へ戻る