平成22年度富士総合火力演習・前編




2010/8/29(日)、平成22年度 富士総合火力演習に行って参りました。

2008年度以来二年ぶり二度目の総火演ですね。

当初は応募で外れたので諦めておりまして「平成22年度東京都・文京区合同総合防災訓練」でも見に行こうと思っていたのですよ。

ところが交通ルール啓発ブログのもこさんの紹介で、萌えよ議事録の副委員長代理さんの同行者募集に急遽同行出来ることになりまして慌てて準備したい次第です。

そんなことで交通手段の準備が取れませんでしたので高速代・ガソリン代こっち持ち+α出すからと家族に頼んで車で送ってもらいまして現地には04:30頃到着。

あたりはまだ真っ暗です、まあ二年前に比べれば雨が降ってないので楽でしたけどね。

04:30合流予定だったので先に並んで待っていたところ「ここが列の最後尾ですか」的な質問があったので顔を上げてみるとそれが偶然にももこさんでして予定より早めに合流することが出来ました。

副委員長代理さんにも挨拶とお礼を申し上げ、その後はおしゃべりしながら時間をつぶして入場開始を待ちます。


05:30頃、葉書を入場券に交換、無事手に入れることが出来ました。

これでもし迷子になって合流出来なくなったとしても見学は可能ですからね。

ちなみにトイレなどで途中退場した場合、これ持ってないと入れないので注意が必要だったりします。

実際、トイレとかの時にこれを忘れて何度席まで戻ったことか(笑)。








そして予定では07:00入場開始でしたが、案の定早まり06:15ごろ入場開始です。

予定ではスタンドAの前の最前列シートを確保する予定でしたがどうも行列の適当なところで区切って入ったところから別のブロックへは

行けないように誘導したようで希望通りの位置には行けず。

下手に行列の前に居るよりも後から来た人の方が良い席取れちゃうと言うのは納得いかないというか不満ですよね。

まあ今回は来れなくて当然、たまたま運良く来れたって状況なのでそんな文句付けるのは贅沢ですけども。

もし来年以降になったら希望の席の近くのゲートに並ぶべきなのかな、でも来年が今回と同様の処置になるとは限らないしな……。

夜中に来た場合、聞こうにも自衛隊の人は一人もいないわけでして、まあ自衛隊側の主張としては明るくなってから来てくれって事なんでしょうけどね。

その結果最前列は確保しましたが目の前に自衛隊の報道・広報の人が目の前にいる場所になってしまいました。

しかもロープが三重に張られている最前列としては最悪な位置だったかもしれませんがまあこれも仕方がないよね、ということで。






貰った演習プログラムによると下記のようなスケジュールになっておりました。

前段演習 後段演習
時間等 演習等の内容 主な参加装備品等 時間等 演習等の内容 主な参加装備品等
08:10〜10:10 ビデオ放映
音楽演奏
・陸上自衛隊広報ビデオの放送
・行進曲「ワシントンポスト」「旧友」ほか
後段
11:25〜12:00
航空偵察 ・観測ヘリコプター(OH-1)
・遠隔操縦観測システム(FFOS)
前段
10:10〜11:10













遠距離
火力
航空火力 ・F-2 ヘリボン行動 ・多用途ヘリコプター(UH-1)
・オートバイ(偵察用)
・対戦車ヘリコプター(AH-1S)
・戦闘ヘリコプター(AH-64D)
・輸送ヘリコプター(CH-47J)
・多用途ヘリコプター(UH-60J)
・軽装甲機動車
・高機動車
特科火力 ・99式自走155mmりゅう弾砲
・203mm自走りゅう弾砲
・155mmりゅう弾砲(FH-70)
中距離
火力
迫撃砲 ・81mm迫撃砲L16
・120mm迫撃砲RT
・96式自走120mm迫撃砲
誘導弾 ・79式対船艇対戦車誘導弾(89式装甲戦闘車)
・87式対戦車誘導弾
・96式多目的誘導弾システム

偵察活動 ・87式偵察警戒車
・オートバイ(偵察用)
近距離
火力
対人障害 ・指向性散弾






攻撃射撃準備
障害処理
前進支援
普戦チームの攻撃
突撃支援射撃
突撃
・203mm自走りゅう弾砲
・155mmりゅう弾砲(FH-70)
・81mm迫撃砲L16
・120mm迫撃砲RT
・90式戦車
・74式戦車
・89式装甲戦闘車
・92式地雷処理車
・79式対船艇対戦車誘導弾
・87式対戦車誘導弾
対戦車障害 ・ヘリ散布地雷
普通科火力 ・軽装甲機動車
・89式装甲戦闘車
・対人狙撃銃
・01式軽対戦車誘導弾
・96式装輪装甲車
・89式5.56mm小銃
・84mm無反動砲
・96式40mm自動てき弾銃
・110mm個人携帯対戦車弾
・06式小銃てき弾
・5.56mm機関銃(MINIMI)
・12.7mm重機関銃
戦果拡張 ・全装備
12:00〜12:30 音楽演奏 ・「軽音楽・ヒット曲等」
侍戦隊真剣ジャー、エストレリータほか
12:55〜13:45 装備品展示・ビデオ放送 ・演習参加装備品等(観閲席前広場)
ヘリ火力 ・対戦車ヘリコプター(AH-1S)
・戦闘ヘリコプター(AH-64D)
対空火力 ・87式自走高射機関砲
戦車火力 ・90式戦車
・74式戦車
空挺降下 ・集団降下
・自由降下
11:10〜11:25 音楽演奏 ・行進曲「儀仗隊」「無敵の鬼軍曹」ほか

一部装備に入れ替えが有るとしても基本的には二年前とほぼ同じ感じですね。



入場してすぐ、だいたい06:30頃から点検射が開始されましたのでその様子をご紹介します。

二年ぶりの実弾射撃はやはり迫力がありましたね。

空包とは異なる衝撃波と音の質、言葉では説明しにくいですが一度でもこの場に居合わせればわかっていただけるかと。



ここでちょっとトイレおよびお昼ご飯にお弁当を調達、席に戻ってきました。

ここで点検射終了です。

どうやら今年はアパッチが30mmチェーンガンをぶっ放してくれる見たいですね。

そしてプログラムには記載がありませんでしたが96式自走120mm迫撃砲の発射もちゃんと有るみたい。

その後は点検射で荒れ果てた地面をならします。

二年前は大雨だったから作業していたんだと思っていましたがそうではなかったんですね。


下は点検射が終わった頃の開場の様子です。

まだ一時間半ぐらいは待つのにこれだけの人が来ています。

まあ6時間以上待った私が言うことではありませんが(笑)。



中編へ続く


イベント情報へ戻る