呉地方総監部第1庁舎一般公開




ラスト三日目の最初は呉地方総監部第1庁舎一般公開の見学です。

ホテルをチェックアウトしましたら歩いて呉地方総監部へと向かったわけですがかなりゆっくり目に歩いていったにも関わらず09:45ごろにはすでに到着してしまいました。

開始の10:30からなのでまだまだ時間がかかります、門も閉め切って看板も出ておりません。



ここに居ると邪魔になるかなと思い、衛兵の人に聞いてみたところ「入船山公園のベンチで待っていたらいいですよ」と言われたので

そこでソフトボールの試合を見学しながら待ってました。

どうせなら昨日ではなく今日、入船山記念館見学すれば良かったな。

さて10:15頃に門前へ移動、10:20頃に門が開きまして受け付けです。



受付で住所・氏名などを記入し「時間まで入り口付近で待っていてください」と言うことだったのでこの近辺で写真を撮っていたところ何を考えたのか

一人がそのまま奥の方へ普通に進んで写真撮影しまくりです。

まず見えないでしょうけどこの写真のど真ん中付近にそやつが写っております。

それほど奥の方まで勝手に入り込んだわけで、以下にそやつが非常識なのかがおわかりになるかと思います。

「何やってるんだあのバカは」と思っていたら自衛隊の人が慌てて注意しに向かい、そいつは戻ってきたと

思ったらそのまま呉駅方面へと歩いて去っていきました。

……時間が足りなかったのか知りませんけど、何しにここへ来たんだ?




さて時間になり、見学希望者も十数名にふくれあがったところで見学開始です。

見学用でしょうね、こんな看板が立っていました。











まずは第1庁舎です。

江田島と同じく英国製煉瓦で作ったという話だったそうですが、近年の調査の結果、実は国産煉瓦で作られたものと判明したんだとか。

確かに一日前に触れた江田島のとは感じはとても同じ物とは思えない感触、どこかで話が混ざってしまったんでしょうね。

それと普段であれば建物前の三本のポールに国旗掲揚するのに、今日は祝日であると言うことでドームの上に国旗掲揚されています。

これは案内してくれた自衛官の方がはしごを登って上に上がり、強風に耐えつつ掲揚したんだそうです。

お疲れ様です、ドームが復元されて10年あまりですが自衛隊の人にとっては仕事が増えただけなんじゃあ?

ちなみに本来というか昔は、現在の裏側が正面玄関になったんだそうです、七枚目の写真がそれですね。

左上の写真建物ですが、これは初代総監部庁舎が建っていた場所で30年ほど前に建て替えた建物だそうです。

歴史の流れ的には初代庁舎建築→地震で半壊→二代目庁舎(現行)建設→空襲で二代目庁舎ドーム破壊→初代庁舎を取りつぶして現建物建築→二代目庁舎のドーム修復、だそうです。

初代は保存とか修復とかのは無しは出なかったみたいですね、お気の毒に。

階段は昔、海側が正面玄関だったときの名残だそうで、明治天皇行幸時のために作られたんだそうです。

階段下は見学出来ませんでしたが、殉職者の追悼儀式など式典などを行うときに使われるんだとか。

およそ30分ほどで見学は終了、解散となったのでした。

ちなみに本来はダメらしいのですが守衛所でトイレをお借りしました(笑)。


管理人の独り言へ戻る