峯岡山分屯基地開庁記念行事・前編




2010/2/21(日)、峯岡山分屯基地で行われた一般公開に行ってきました。

始発の電車でJR久里浜駅へ、そこから徒歩で東京湾フェリー乗り場へ移動、やはり始発のフェリーで千葉県側へ渡ります。

その後は金浜谷駅から館山駅へ移動、館山日東バスで平群車庫行に乗っていったのですがこれが大失敗でした。

そもそもこの段階でネットで検索しておいた時刻表とまず異なっていたのが怪しいと思えば怪しかったんですよね。

ググった限りでは無かったので2010/2/21時点の館山駅発の館山日東バスの時刻表を掲載しておきましょう、参考にしてください。

丸線 平群線 ※ロックシティ館山経由
●細田まで
丸線 平群線 丸線 平群線 丸線 平群線 丸線 平群線 丸線 平群線 丸線
館山駅
(平日)

8:40

9:20

10:30

11:30
※●
12:35

14:10

14:55

16:45

16:55

18:50
館山駅
(土日祝日)

8:40

9:20

10:30

11:30

14:10

14:30
※●
16:35

16:45
館山〜和田(お花畑)〜鴨川駅〜シーワールド〜亀田病院
館山駅 7:00 8:00 9:05 9:50 11:50 13:50 15:50 17:35
千倉線(安房地域医療センター経由)
館山駅 8:15 9:45 11:00 12:30 16:25 18:00
豊房線(館山〜豊房〜安房白浜)
館山駅 8:15 12:20 16:00 18:00

まあ今回の私みたいにこれすら変わっていることがあると思いますから確実を期すなら館山日東バスに問い合わせてくださいな。

会社の方でHPにしっかり載っけておいてくれればそれで解決するんですけどね。



さて具体的な失敗内容ですが当初想定していたルートはがそもそもの前提が謝っていたことが判明。

私は「国保病院前」というバス停からこの路線を選んだのですがなんとこの「国保病院前」ってバス停が二つ(以上かも?)あったんですよorz。

正解の「鴨川市立国保病院」と今回失敗した「南房総市立富山国保病院」です。

同じバス会社内で同じバス停の名前を使わないでよ……。

こんなに離れた違う場所に行ってしまい、しかも別ルートを検索する方法もなかったので非常に悩みましたよ。

なんせ交通の便が悪いところですから「南房総市立富山国保病院」からの交通手段がありません。

仕方がないのでひたすら歩いて峯岡山分屯基地に向かうことにします。

千葉県最高峰の愛宕山に向かえばいいのです。

幸運なことに国体関連ではありますが周辺の地図を入手したので何とか行けるかも?

というか何とかして大きな道路などに出ないと家に帰ることも出来ない状況です。

自分の馬鹿さ加減を呪いつつひたすら山道・田舎道を歩くこと二時間あまり。

千葉県酪農のさとというところで自分が進んでいた道のりが正しいことを確認出来、さらに進んでいるとやっと到達しましたよ。

道に迷ったことは何度もありますが、今回のように絶望的な迷子は初めてでした。

まだ峯岡山峯岡山分屯基地には正確に言うと到着したわけではないんですが、

道案内役と思われる航空自衛隊の人も居ましたしね。

ちなみにここからシャトルバスが出ている場所まではまだまだあります。

というわけで坂道を疲れた足を引きづりづつ登っていきます。

そのうちだいたい道中1,000mぐらいの位置だったでしょうか、シャトルバスが拾ってくれたのは非常にありがたかったですね。


さて峯岡山峯岡山分屯基地に到着してまずしたことは使ったカロリーを補充する、ということでお昼ご飯にします。

ところがこれもほとんど何も無い状態でした。

野外炊飯展示ということでカレー(無料)とカップラーメン(100円)と缶飲料くらい?

カップラーメンはさすがに食う気がしなかったのでカレーを一杯だけ頂いたわけですが、あとでWebで見た限りおかわりできたみたい。

先着200名とか書いてあったから自粛したのに……まあおかわりしなかった分、他の誰かが食べることが出来たんだと納得しておこう。

まあそんなわけでこの日はずっと空腹のままでした。






さて食事を終えましたら千葉県最高峰である愛宕山三角点ツアーに参加です。

自衛隊は軍隊ですから五分前行動が基本です。

というわけで時間よりちょっと早めにツアー出発地点に並びます。









10kmほど歩いたこともあり、とっても疲れております。

そこで最後尾をゆっくり歩こうと思ったのですが小さいお子さん連れの家族の方がおりまして

その人たちの後ろにつくのは気を遣わせてしまい悪いなと思ってやもえずその人たちの前をゆっくり歩きます。

ちなみに本当の最後尾は一日司令様ご一行でした。

なんかあっても若い生きの良いのが居るからお子様連れ家族も安心でしょう(笑)。




ぼろい鳥居をくぐり抜けて











古くさいほこらの前を通過します。











ここいら辺から道がかなり悪くなりました。

階段も急だったので、ここを降りて帰るのは怖いなと思っていましたが幸いこの道は行きのみでした。










三角点が見えてきました。











無事、千葉県最高峰である三角地点へとたどり着いたのでした。

かなりゆっくり歩きましたがせいぜい10分程度で、幸い途中でギブアップするような場所ではなかったです。









でこのままレーダーサイトの見学へ向かいます。

レーダーサイトは写真撮影禁止だったらしいのですが私は一言もそのこと言われなかったんですよね。

この写真撮ったとき、すぐ後ろに広報の人や一日司令とそのサポート役の自衛隊の人10名ぐらい居たのにね。

あとで思ったのはこの時10-24mmな広角レンズを付けていたので撮影範囲内に入っていると思わなかったのかな?

とりあえずモザイクかけておきました、外側なんぞ見ても機密の欠片もなさそうですけどね。

そういえば例の子連れ家族のお父さんがレーダーサイトのことをメロン呼ばわりしてました、確かにそう見えなくもないですね。
航空機やヘリ運用の基地駐屯地でよく見るこれ、前から何でこんなのがあるのかわからなかったんですよね。

こんなの航空機からの攻撃からはひとたまりも無いじゃないかと思っていましたからね。

で広報の人がそばにいたこともあり「何ですか?」と聞いたら歩哨の際の遮蔽物なんだそうです。

確かに滑走路脇とか遮蔽物が一切無いから、いざ交戦となったとき伏せるしか出来ないですからね。

降りてきたところアナウンスでAH-1Sが帰投すると言うことだったのでその様子を見学させていただきました。

近くからの見学は出来ませんでしたが、まあAH-1Sなら何度も何度も見ているしまあいいか、ということで。

後編へ続く


イベント情報へ戻る