就役記念「巡視船しきね」一般公開




2009/11/29(日)、就役記念「巡視船しきね」一般公開ということで横浜海上防災基地に行ってきました。

もう何回来たんだろう?結構来てますね。

1100開始予定でしたのでそれに合わせて桜木町駅から歩いて向かったところだいたい1040頃に到着。

すでに100名は並んでいるような状態でしたので私も列の最後尾につきます。

その後、予定通り1100過ぎに一般公開が始まったのですがその頃には行列は倍以上の長さにまで伸びていましたね。



さてブログにも書き込ましたが今回、防災基地建物を通ってPL66しきね見学という流れだったのです。

が、防災基地入り口のエントランスホールで資料等配布やお土産販売を行っていたものですからここで人の流れが思いっきり阻害されてひどいことに。

場所を考えるか、時間差で一般公開開始一時間ぐらいたってからやりましょうよ。

ちょっと考え無しではないかと思いましたです。

まあおかげでそんなの無視してしきね見学に向かった私は、邪魔な人が少なく見学出てよかったと言えばよかった結果になったんですけどね。

やっぱり新造船はきれいですね。

海上自衛隊の艦船とは違い、海上保安庁の船はぼろいのが多いのでこれだけピカピカ状態なのを見るのは初めてかもしれません。

放水銃
30mm機関砲

ちなみに船橋は写真撮影禁止だったので一枚も撮ってないのですが、何で禁止だったんだろう?海保程度じゃそこまで機密事項無いだろうにね。

そのため写真抜きでレポートしますが以前の巡視船に比べて椅子が大幅増加です、シートベルまでついてました。

たしかはてるま型巡視船って公称27ノットとかでしたよね。その程度であんな椅子とか必要なのかな?

機密だけど実は40ノットぐらい叩き出せるんでしょうね、きっと。そこまで速度が出ないならあんな椅子やシートベルトは不要ですものね。

PL66しきね自体の見学は30分程度で終了してしまいましたが、色々な催しものがあったのでそれも見学です。

大盾訓練

救難訓練

ちなみに救難訓練は海保の人に聞いて早めに良い位置キープしたつもりだったのにその人が間違えていて30分全然違うところで待ってました。

まあこんなこともたまにはありますね、こういう場合人のせいにするのではなく、その人に聞いた自分が悪いと思うことにしております。

だいたい半分ぐらいの時間で見学終了。

海沿いは寒いのでそのまま帰路についたのでした。


イベント情報へ戻る