座間キャンプ体験デー2009・後編




高機動車の体験試乗。

座間分屯地をぐるっと一周ゆっくり回るだけの短いものでした。

一応、時間ごとの整理券を配っていていたのですが実際にはがら空きで整理券持って行けばすぐに乗れました。

朝は雨だったからかな、ちなみに午後はどうだったか知りません。










そして自衛隊の人に聴いた情報を元に徒手格闘術デモンストレーションを見学してきました。

自衛隊と米軍、それぞれ別のパンフレットが存在していたようで両方もらわないといつどこで何をするのかさっぱりわからないのですよ。

だがそのパンフレットはどこで配っているのかさっぱりわからないのです。

最終的には両方もらえましたが、この辺は次回があるのであれば改善して欲しいです。





青いゴム銃は一年以上前、確か横須賀基地での一般公開時に見たことあったのですがこういう風に使うんだったのですね。



終わりましたら自衛隊の訓練展示の時間が迫っているので向かったのですが、途中で炊事展示ということでカレーライスを無料配布していたので足を止めていただきました。

ご飯はちょっと柔らかめで残念でした、私は固めの方が好きなのです。



そして座間分屯地での訓練展示です、今回は災害救助な場面を想定です。

(1)ヘリコプターからリペリングで降下したつもり(実際は座間分屯地の屋上から降下)

雨で庁舎壁が濡れていたせいか、足で滑られて姿勢を崩す場面が見受けられました。

(2)要救助者発見

(3)エンジンカッターで鋼材切断

(4)負傷者運搬

ヘリコプターで搬送、という設定でしたが歩いて退場したのでした(笑)。



その後は一台のパケットローダーが姿を現しました。

ぱっと見、オリーブドライブに塗られた民間でも見かけるようなパケットローダーです。

ですがただのパケットローダーがこの場面に姿を表すわけがありません。

よく見てみると

実は無人で動いていたのです。

このようにリモコンで外部から操縦されています。

何でも新潟県中越地震の際にも出動し、危険地域での救助に当たったんだとか。









ところでこいつにはカメラやセンサーの類はついていないのでしょうか?

ずっとアイボールセンサー(まあ肉眼ですね)で操作していたので気になりましたわ。


軍用犬の展示、後半ちょこっとしか見られませんでした。

二時間ほど待てばまたやったのですが、さすがにそんなに時間つぶすのはきついですからね。


最後に、災害時空中物資輸送訓練デモンストレーションを見たのでした。

朝、私がさわちゃった銃とかはこの人たちの装備だったのではないかと思います。

そして雨ざらしになっていたMREは災害時の救助物資ということみたいです。

なんでも相模総合補給廠に備蓄した食料などをヘリコプターで回収、そのまま配布するんだとか。

でもMREを災害時に食ったらお腹壊しそう、自衛隊のレーションの方が日本人には向いてるだろうな。


イベント情報へ戻る