平成21年度自衛隊観艦式 本番・前編




2009/10/25(日)、観艦式本番に参加してきました。

前日のから降る雨で一時は行くのを止めようかな、とも考えていたのですが朝起きた時には雨が止んでおり天気予報を見た限りでは平気そう。

ならば行くしかない、ということで金曜日と同じ電車で横須賀へ向かいます。

そして待ち合わせした人と合流、吉倉基地へ入り手荷物検査を通過してMST-463 うらがへと乗艦します。

この辺は二日前に体験しているのでじつにスムーズに進みましたよ。

まず席を確保、金曜日同様に飛行甲板左舷側でした。

当初は艦首側に確保しようかと思っていたのですがいかんせん風、そして出航間近の雨のせいでそれは無理だろうと言うことで決めたのです。



そして出港待ち、どうもうらがは一番最後の出航のようでぶんご→まきなみ→くらま→うらがの順番での出航でした。

そのため金曜日に乗ったまきなみの出航を見送ることが出来ました。

続いて観閲艦であるくらまが出航していきました。

そしていよいよ乗艦したうらがの出航です。

ちなみに右舷側だったあしがら・いなづまに至ってはいつ出航したのかもわかりませんでしたよ。

まあとにかくうらが出航時にはもう他の艦船は一隻も居なかったです。

そして出航した艦艇は風と波に揺れながら、またたまに降る雨に耐えながら観艦式会場へと進んでいきます。

観閲部隊四番艦。

DE-229 あぶくま、その後方の艦は遠くてわからないです。









観閲付属部隊三番艦。

うらがの後ろにいたASR-403ちはや。
観閲付属部隊四番艦。

ちはやの後ろにいたASE-6102あすか。










金曜日に乗艦したDD-112まきなみ。

乗っていると航海している様子は見ることが出来ませんからね。










やがて観閲部隊が追いついてきて併走状態になりました。

観閲艦くらま、全然わからないですけどこの中に観閲官である菅直人副総理がいるはずです。

観閲部隊はやはり眺めが良いんだろうな、まあコネないし一生縁がなさそうですけど。

中編へ続く


イベント情報へ戻る