平成21年度自衛隊観艦式 予行2・後編




さて訓練展示が始まります。

訓練展示につきましては下記のような形態で行われました、だから右舷から左舷へ早めに移動していたんですけどね。

            ←展示艦艇部隊

   観閲部隊→

観閲付属部隊→


第1群.祝砲発射

DDG-171はたかぜ・DDG-170さわかぜの二隻の護衛艦が祝砲を発射しました。

パンフレットには五発づつ撃つと言うことだったので二射目も狙ったら後部砲塔で発射するし……。

三発目以降は遠くてもう見えませんでした。








第2群.対潜ロケット弾発射

DE-227ゆうばり・DE-228ゆうべつの二隻の護衛艦によるボフォース対潜ロケット弾発射です。

ロケット弾は初速が遅いのでロケット弾も写真に写っているのがすごいですね。

すでに旧式艦なので次回観艦式に出られるか微妙で今回が最後の奉公になりそうな噂が出ているんだとか。

ちなみに翌日の一般公開の際にあれこれお話を聞かせて貰いました。

第3群.潜航浮上

SS-501そうりゅうは潜行せずに浮上航行してただけ。











ドルフィン運動を見せてくれたのはSS-587わかしお・SS-584なつしおの二隻でした。

潜行してしまうと姿が見えなくなるので、どこから浮上してくるのかわからず大変でした。

第4群.ヘリコプター発艦

DDH-181ひゅうが・DD-113さざなみの二隻からヘリが発艦します。

他の場面は70-300mmな望遠レンズでどうにかなりましたが、この二隻はかなり遠くでしたので

400mm以上のレンズが欲しいな、と思いましたね。








第5群.高速航行

観閲の時と向きが違うだけで(早さも違うのだろうが)正直退屈でした。

後ほど、うんと離れたところでおおすみに収容していましたが、いっそのことその場面を目の前で見させて欲しかったです。

第6群.高速航行・IRデコイ発射

PG-826おおたか・PG-827くまたかの二隻によるIRフレア発射。

最初は「ふーん、こんなものか」と思っていたら海面に落ちたフレアがそのまま燃え続け、あっという間に周囲を白煙で覆い隠し

護衛艦が完全にすっぽりと覆われたほどでしたよ。

護衛艦のスモークディスチャージャーってこれと同じもの?



でここで先ほどすれ違ったLCACとミサイル艇がUターンし、観閲部隊および観閲付属部隊を追い抜いていきました。

なるほど、確かに高速だ。




そして展示航空部隊の出番となります。

第1群.模擬離着水

海面に接することはありませんでしたが、「何でそんなにゆっくり飛べるんだよ」と驚くほどゆっくり飛んでいましたよ。

さすが名機二式飛行艇の血を継ぐもの(PS-1→US-1A→US-2)ですね。

第2群.対潜爆弾投下

この辺もやっぱもっと良い望遠レンズが欲しかったですね、トリミングすると荒いわ。

ちなみにドンピシャで爆弾投下中の写真はたまたまシャッターを切ったら投下したのです、運が良かったね(笑)。

第3群.IRフレア発射

以上で全行程を終了、艦隊は帰路につきます。





帰路と言ってもすぐに横須賀港に到着する訳はありません、また数時間かけて戻るのです。

そのため暇をもてあまし、あれこれ見学させていただきましたよ。

おおすみがLCACを収容しているところ ラッパ演奏
防火服の装着実演 ロープワークの展示
ひゅうがにヘリが着艦中のところ 浦賀水道に入った辺り、かな?

夕方、無事横須賀港へ戻ってきましたのでタグボートの手助けを受け、埠頭(くらまの隣)に横付けします。

で退艦開始と成ったわけですがとっても混んでいたのでのんびり座って待っていたら自衛隊旗降納を始めたので見学です。



あまりにのんびりしすぎたようでふと気がつくとプレスの一団も退艦し始め、気がつくと一般人は私と連れだけになっているので慌てて退艦したのでした。

ちなみにこの自艦になるとまきなみ艦上ではカレーの良い匂いが漂っており「今日は金曜カレーだね」「夕飯はカレーにしよう」と話しつつ無事予行2は終了したのでした。



私はちゃんと夕飯にカツカレー食べましたよ、横須賀海軍カレーじゃないですけどね。


イベント情報へ戻る