海フェスタよこはま2009・後編




横浜海上防災基地にてペットボトルの飲料2本を購入しましたら巡視船いず体験航海の受付に並びます。

受付開始が12:00からでしたのでちょうど良いタイミングでした。

ちなみにかなりの人数が並んでいます。

一応web上での公募数は700名でしたが、どうも一般公募とは別枠で500名追加され合計1.200名が乗り込むことになった模様。

700名の方が青券、500名の方が白券だったみたいですね。



受付が終わったらそのまま乗船、とくに目当ての場所はなかったので20mm機関砲右側近辺に陣取って出港を待つことにします。

ちなみにこの20mm機関砲ですがカバーがかかっていないのは初めてだったりします。

同一かは知りませんが掃海艇および去年のいず、先週のするがと全部見ることが出来ませんでしたのでね。

とりあえず出航の様子。

やはりするがに比べていずは大きいですね、やってることは同じでもより大がかりですわ。

この際、私のすぐ側にいたおそらくは海保マニアな腐女子のマナーの悪さにずっとかりかりしてました。

危険だから手すりに寄りかかるな、身を乗り出すなとね。

海保イベントの常連だったようだがあのマナーの悪さはなんだ?自衛隊マニアにはあまり見ない人間でした。

海保音楽隊とうみまるに見送られての出航です。














午前中見学した青雲丸・銀河丸・拓洋もよく見えます。

さらに大桟橋埠頭の様子がよく見ることが出来ました。

しらせ・きりしまも、そして訓練展示中のSH-60もよく見ることが出来ました。

そして横浜ベイブリッジをくぐり抜けて体験航海はどんどん進んでいきます。

1200人も余分に人が乗っているのですっかり難民船状態です。

隙間無く詰めればあと三倍ぐらい乗せられるかも?

随伴するCL109 のげかぜ。

先日の熱海港と違い、実に汚い海水でした。

航跡が茶色いんですもの。








横浜消防のはまちどり2と海保のわかわし。

海保・警察・消防などの船舶とのすれ違い。

参加したことはないですが海保観閲式みたいだな、と思いました。

そしてFL01 ひりゅうによる放水の展示。

戻ってきて停泊します。

停泊作業中にヘリコプターによる訓練展示が行われました、待ち時間の暇つぶしかな?

かくして二時間あまりの体験航海は無事終了したのでした。


イベント情報へ戻る