海フェスタよこはま2009・前編




2009/7/26、海フェスタよこはまに行ってきました。

このイベントの存在を最初に知ったときは行くつもりは全くなかったんですよね、二代目しらせは見ていたし無茶苦茶人手があって混むと思ったし。

ところが軽い気持ちで応募した巡視船いず体験航海が見事当選。

どうせ現地に行くのならば早めに行って他の艦船も見学するかと言うことで体験航海受付開始の12:00ぐらいまで見学することにしたのです。



普段、現在(2009年8月)に開国博Y150やっている地域に行くときは根岸線の桜木町駅から徒歩で行くのですが、今回は新港埠頭-大桟橋の間を往復するので

体力温存のためにみなとみらい線の馬車道駅から徒歩で新港埠頭へ向かいます。

8:30ごろY150ドリームフロントの前に到着、そこで公開開始の9:00までひたすら待つことにします。

待っている間、やはり艦船見学できていたおじさんと情報交換とかしてましたので退屈はしなかったですね。
・銀河丸(練習船)

総トン数 :6.100t
全  長 :116.4m
垂線間長:105.0m
型  幅 :18.0m
型  深 :8.0m
航海速力:18.0kn(33km/h)
進水日  :平成15年12月12日
建造所  :三井造船(株)千葉造船所





どうでもいい話ですが一番乗りでした、おかげでゆったり見学することが出来ましたね。

統合化船橋システム
パンフレットによると

> 衝突予防援助(ARPA)レーダー、電子海図表示装置(ECDIS)、
>航海情報表示(Conning Display)、GPS、オートパイロットなど
>を統合して管理することができる最新の船橋設備です。
>特に、ARPAレーダー/ECDIS/航海情報表示を切り替え可能な
>多機能ディスプレイ(Multi Function Display)を5台備え、航行
>に関する情報を集中管理することができます。

だそうです。
私が知ってるのは海上自衛隊や海上保安庁の艦船だけですが
それらに比べるとすっきりしてますね、というか機械の類が少ないな。

練習船だからなんですけど↑とほぼ同じ設備が船橋の一層下にもありました。

上が通常公開時に使用し、下は練習時に使用するんだそうです。

180名収納可能な教室
椰子の実で掃除
確か六人部屋

・青雲丸(練習船)

総トン数 :5.890t
全  長 :116.00m
垂線間長:−
型  幅 :−
型  深 :−
航海速力:19.5kn
進水日  :平成9年3月4日
建造所  :−





スポーツドーム
食堂 炊事場




さて銀河丸・青雲丸を見学した後はしらせ・きりしまが展示されている大桟橋へと向かいます。

途中、音楽演奏の準備とかもしてましたが今日は完全に無視、ひたすら向かいます。

で大桟橋に到着、ですが予想通り乗艦希望者の行列がすごいことになってます。

待っているといず体験航海に間に合わなくなってしまうので外から見学するだけに止めます。

・DDG-174きりしま

・AGB-5003しらせ

きりしまもしらせもすでに見たことがありますが、ここ大桟橋だと見下ろす感じになるため普段とは違った視点で見学が出来て良かったですね。



中編へ続く


イベント情報へ戻る