下志津駐屯地第54周年創設記念行事・前編




2009/4/29(水)、下志津駐屯地第54周年創設記念行事(つつじ祭り)に行ってきました。

去年は会社の引っ越しのためにGW中も出勤で行けなかったんですよね。

でやっと今年は行くことが出来たというわけです。



四街道駅で下車、地図で見た限りはそんなに迷うような地形でもなく駅から遠くなかったこともあってシャトルバスが来るまで

待たずに徒歩で向かいます、ところが迷ったみたいで明らかに到着していなければ行けない時間なのに駐屯地らしい場所にぶつかりません。

通り過ぎたか?とりあえず線路と現在地点の間にあるのは確か。

そこで線路側に道二本分ほど入ったところそれらしいフェンスが見えたではありませんか。

そっちに向かっていくとビンゴ、下志津駐屯地北門側でした。



あとで地図を見直してみたところ「四街道十字路」で間違えたみたいですね、今度行くことがあれば気をつけよう。

さて下志津駐屯地北門に到着したのが8:30、そして同時に入場開始となりました。

会場の様子はこんな感じ、ついでにスケジュールも紹介です。

1030〜  記念式典・観閲行進
1135頃〜 対空戦闘訓練展示
1215頃〜 装備品展示

0900〜  史料館開放・野外売店
1120頃〜 憩いの広場
1200〜  アトラクション




過去の情報からここ下志津駐屯地での記念式典には雛壇がありはず、ということで式典会場へ直行します。

迷ったとはいえ時間に余裕を持って行動していましたので雛壇はまだガラガラで人がほとんど居ません。

というわけで観覧席右側の雛壇の最上段を確保できたましたよ。

そして席を確保後は式典開始まで駐屯地内を見学して回ることにします。

まずは広報史料館へ、ここの前には用途廃止になった機材が展示さえていました。

75mm高射砲(M51)
40mm自走高射機関砲(M42)
35mm二連装高射機関砲(L-90)
地対空誘導弾改良ホーク

ここまでが自衛隊が使用していたもの、でここからは旧軍が使用していたものになります。

看板には25mm機関砲と書いてありますが、どう見ても海軍の96式25mm機関銃にしか見えませんね。

で調べてみたらWikipediaに海式機関砲として陸軍にも少数配備されたとのこと。

それはそれで看板の説明が間違っているな。

とりあえず海軍では40mm以下は機関砲、陸軍は20mm以上だっけ?が機関砲分類なのです。






左:三式12糎高射砲/右:九九式8糎高射砲 その砲弾

次に観閲行進に参加する車両が見学可能でしたのでそれを見ることにします。

式典後、装備品展示とかでは派手な車両ばかり展示されて地味な支援系車両ってあまり見られないんですよね。

私としてはそっちの方が興味有るのに。

その後、下志津駐屯地のPXを探すもパンフレットには記載無し。

仕方が無く説明係の自衛官に質問してようやく所在判明、中を見てきたのですが大部分は今日はお休みみたい。

コンビニと軽食喫茶のお店が開いてるみたいなのでお昼ご飯に再び来ようと決意したのでした。



中編へ続く


イベント情報へ戻る