板妻駐屯地創立47周年記念行事・中編




さて時間になりましたので式典が始まります。



写真は違いますけど来賓の挨拶したのは国会議員で斉藤斗志二(自民)・坂本ゆきこ(自民)・細野豪志(民主)

に後は御殿場市長だったかな。

元防衛庁長官な斉藤氏の挨拶は先週に比べてトーンダウンし、時間も短くなって評価がちょっとだけUP。

その代わり御殿場市長だったかの挨拶が長くてうんざりでした、勘弁してね。






そして観閲行進になります。

板妻は大4普通科連隊が中心なので車両はほとんど有りませんので地味と言えば地味。

ですが四月頭に記念式典を行うので入隊ほやほやの新人さんががんばって行進しているところとか見られるのですよ。

きっと入隊後、ずっと行進の訓練だけしてたりするんですかね?

格のごとく地味、しかし普通科とはいえ96式装輪装甲車ぐらいは有った方が良いと思うんだけどな。

そのうち配備されるかな?

軍楽隊の演奏、でその間に訓練展示の準備でFH-70がやってきて据え付けを開始します。












自走砲よりこういう旧態依然とした大砲の方が個人的には好みです、性能差は理解した上でね。

そして音楽隊の演奏が終わった後は格闘おおよび筋力トレーニングです。

去年は自衛隊体操だけでしたが、今年は格闘の組み手とかがあり嬉しかったですね、去年これを期待していたのにやらなかったんですよね。

そして少年工科学校生徒のドリル演技があったのでした。

後編へ続く


イベント情報へ戻る