勝田駐屯地・施設学校開設57周年記念行事・後編




さていよいよ訓練展示が始まります。

配置状況としては観客席の右手に敵役が配置、左から自衛隊が侵攻してくるようになります。

そしてその中間地点にあった橋が爆破されてしまい渡れなくなってしまいました。













ジープとバイクが偵察に出、敵装甲車二両を発見します。

激しく撃ち合うも相手の方が火力に勝っているため形勢不利と判断し偵察部隊は支援を要請したのち撤退します。

特火部隊による支援射撃。

発射の際、カウントダウンを入れてくれたので上手く撮影できました。

二両の96式装輪装甲車から下車、匍匐前進で敵陣目の前に進出、突撃に備えて着剣します。

74式戦車が前に出てきて主砲をぶっ放したわけですがこれがまた貧相で。

通常の空砲ではなく花火か何かで再現したと噂されておりました。











91式戦車橋が破壊された橋に代わる進撃路を架けようとします。













架橋中、間断なく射撃が続いているわけですがヘリからレンジャー部隊がラペリングで降下、合流します。

そして92式地雷処理車による地雷の爆破処理が行われたのですが、他車両の陰になっていてすっきり見えませんでした。

架橋完了直前はこんな感じですね。













架けられた橋を渡って敵陣に向かう74式戦車。

最後はみんなで敵陣へ突入して展示訓練(模擬戦闘訓練)は終了したのでした。













ちなみに私は展示訓練終了直前に先着120名までの戦車の体験試乗の整理券配布の列に並びます。

まあ過去の経験に基づく先読みですね。

幸い無事120名に潜り込むことが出来ましたのでその後に厚生センターでお食事。



日替わり定食(唐揚げ)確か500円だがを平らげた後に、体験試乗の順番待ち。

整理券には「13:55には並んでください」とあったのですが実際に乗れたのは14:30ごろでした。



その後、装備品展示を見学したわけですが74式戦車・88式地対艦誘導弾・155mmりゅう弾砲FH70・UH-1・施設作業車・91式戦車橋があっただけ。

あれ?施設学校ならではの車両はどこに行っちゃったのさ?

どこの駐屯地でも見られるような車両よりも、勝田駐屯地以外では見られない車両が見たかったのにな。

ちょっと残念でしたが、施設作業車や91式戦車橋が目の前であれこれ動いて展示してくれたので100%ではないですがまあ満足は出来たかな。


イベント情報へ戻る