少年工科学校創立53周年記念行事・前編




2008/9/28、少年工科学校創立53周年記念行事に行ってきました。

JR逗子駅で下車、そしてバスに30分ほど乗り「少年工科学校前」で下車すればそこはもう少年工科学校(武山駐屯地)です。

陸空海の三自衛隊が同居しているだけあって大きい敷地でしたね、バス停何個分だったかしら?



ごらんのように行列は全く出来ていないわけですが、これは来訪者の大半は家族だからです。

私のような無関係なマニアは数名居ただけ、ほとんどの人は並ぶマニアを横目にドンドン入っていきます。

9:00に予定通り開門、いつもの通り一番に式典会場へ行き席を確保します。

ちなみに今回のタイムスケジュールは以下のようになっていました。

10:10〜10:55 記念式典・パレード
10:55〜11:00 祝賀飛行
11:00〜11:15 ドリル演技
11:15〜11:25 桜花太鼓演技
11:25〜11:35 戦闘訓練展示
11:10〜12:15 学生化説明会(家族等)
12:00〜13:15 祝賀会食
14:20〜14:50 学生化説明会(協力者等)

09:00〜15:00 装備品展示
09:00〜15:00 文化クラブ作品展示
09:00〜15:00 模擬売店
09:00〜15:00 広報展示
11:40〜14:00 野外ライブ

というわけで時間に余裕があるので展示してある装備品を見てきました。

1.96式装輪装甲車
  

2.96式多目的誘導弾システム
  

3.87式偵察警戒車
 

4.92式地雷処理車
 
施設教導隊なので勝田駐屯地(茨城県)からわざわざ持って来た?

5.施設作業車
 
こっちも施設教導隊なので勝田駐屯地(茨城県)から持って来たのかな?

6.88式地対艦誘導弾
 
左:発射機 / 右:指揮統制装置(CCS)
どっちも第6地対艦ミサイル連隊所属なので宇都宮駐屯地から運ばれてきた模様。

7.03式中距離地対空誘導弾(中SAM)
 
下志津駐屯地の第334高射中隊所属。

8.運搬装てん装置
  
運搬装てん装置の方は始めてみましたよ、車体もピカピカの新品でした。
ちなみにミサイル六発を運搬し、発射装置と1:1で運用するんだそうです。
そういえば次発装填にどれくらい時間がかかるのか聞いておけば良かったな。

9.82式指揮通信車

同じ敷地内の第31普通科連隊から借り出している模様。
この車両は後部が解放され見学可能だったのですが「内部の写真は撮らないで」ということでこれだけです。

10.81式短距離地対空誘導弾
 

11.93式近距離地対空誘導弾
 

12.局地無線搬送端局装置 JMRC-C60

前に見たのと違ってアンテナが立ってないですね、普通に取り外し可能なのかな?

13.TASCOM(X)


14.地上レーダー装置2号(JPPS-P24)
  
使用目的:普通科部及び偵察部隊等に装備し、主として近距離域における敵地上部隊に関する情報の収集に使用

ググっても情報が全然見つからないまだ機密のベールに包まれている最新装備品。
ちなみに指示制御部にはPanasonicのCF-18というPCが使用されております、OSはWindowsXPなのですが大丈夫なんだろうか?
ノートPC下部のオリーブドライブに塗られた部分がバッテリー、かなり大きいのでかなり長時間使用可能なのかと思ったのですが稼働時間は短いんだそうです。

稜線の向こう側の敵とかも発見でき、ノートPC上の地図で確認出来るのですが地図が白地図みたいなのでカーナビより大雑把でした。

15.近距離監視装置(JGVS-V9)

これまた最新兵器、上の地上レーダー装置2号(JPPS-P24)と併せて2008/02に納入された代物でした。

表示制御部は同じくWindowsXPで動くノートPCでした。

原理的には赤外線で熱を発する物を捕らえ、底までの距離を測定出来たりします。

対象物を中心に捕らえたらタッチペンで「充電」をタッチ、「発射」で距離を測定できます。

ベテランの人が若手に「目測も鍛えろよー」と言っていたのが印象的でした。

どれくらい遠くまで、そしてどんな障害があっても測定できるものなのだろう?












とりあえず開始前に展示されていたものは以上でした。

見終わったのがちょうど良い時間でしたので席に戻ったのでした。


中編へ続く


イベント情報へ戻る