古河駐屯地創立54周年及び第1施設団創隊47周年記念行事・前編




2008/9/14(日)、古河駐屯地創立54周年及び第1施設団創隊47周年記念行事に行ってきました。

湘南新宿ラインで大宮まで、そして宇都宮線に乗り換えて電車が五分ほど遅れたりもしましたが古河へ到着。

続いて無料のシャトルバスで古河駐屯地まで約15分ほどで到着しました。

正門そして駐車場へ続く門はまだ開場していなかったこともあって車の行列が出来ておりました。

正門の人の列は短かったですけどね。



この頃は曇り空でポツポツ小雨が降る天気でしたがそのうち晴れてきてきたりして。

そして並んでいる間にすぐ近くから断続的に空砲の銃声が聞こえてきます。

リハーサルか練習でしょうか?どっちにしても珍しいです、空砲まで使うのはね。

そして8:55ごろ、予定よりちょっと早めに入場開始です。

入り口でパンフレットをもらい中に入ると、すぐ右手が式典会場でした。

雛壇が設置されていたのですがその両脇が一般に開放されています。

 

案内係の方に聞いたところ機関銃が設置してある場所が敵陣地で、その反対側から模擬戦闘などの時に入場してくるとのこと。

ということで見学しやすい雛壇の最上段の中心よりを確保、その後は時間まで駐屯地内を見学することにします。

早い時間だったのでまだ観客も少なかったですね。

ちょっと前までは小雨が降ったり曇り空だったのですがどんどん晴れてきて暑いぐらいに。

ペットボトルとアイスを買って席に戻り、式典が始まるのを待ちます。

ちなみにスケジュールは以下の通りでした。

09:00〜09:30 感謝状贈呈式
09:30〜09:45 第一施設団OB総会
10:00〜10:50 記念式典
10:50〜11:40 アトラクション
11:40〜12:00 模擬戦闘訓練
13:00〜13:30 ヘリ体験搭乗抽選会
12:10〜13:30 祝賀会食

09:00〜13:00 ヘリ体験搭乗投票時間
09:00〜14:30 模擬売店
           ちびっ子広場
12:00〜14:30 装備品展示
           装備品試乗

時間になり式典開始。

 

今回は永岡 桂子(衆)・岡田広(参)・中村喜四郎(衆)・古河市長の挨拶がありました。

総選挙が近いからでしょうか、力が入った挨拶してましたが露骨すぎて笑えました。

それにしても自民党・元自民党だけですが、他の政党議員はこういうの来ないのでしょうか?

内閣総理大臣になれ自衛隊最高司令官になるわけで、議員である以上信条に関係なく関わらざるを得ない

わけで、少しはこういう関係にも顔を出して学ぶべきではないかと思うのですがね。

たまに民主党の議員は居ても公明党とか共産党とか見たこと無いですわ。



挨拶が終わった後は観閲行進です。

いつものごとく軍楽隊を先頭に始まりました。



  

やはり施設部隊を中心とするだけあり、いつもとはやっぱり異なってましたね。



そして観閲行進終了後は空挺降下の実演です。

CH-47かUH-1だかから三名が降下しました。

すでに何度も見ているので今更新鮮みは感じられませんが、やはり注目してしまいますね。

  



続いては防衛大学学生によるファンシードリルです。

 

防衛大学と少年工科学校のは何度も見たことがありますが陸自正規の儀仗兵?って見たことないですね。

若者に任せきりにしないでたまに出てきてくれないかしら?



朝霞振武台太鼓の演奏、わざわざ朝霞駐屯地から来たみたいですね。



一番手前の人がバチ落としちゃいましたが何事もなかったかのように片手で演じていたのは見事でした。



ラッパ演奏。


中編へ続く


イベント情報へ戻る