平成20年度富士総合火力演習・後編




雨が弱まった時しか写真撮らなかったので(撮れなかった)ちと記憶誤りがあるかもしれませんがこんな感じでした。

前段演習
(1)航空火力:F-2による支援爆撃

 悪天候により中止です、ただ仕掛けた爆薬だけは爆発させてました。

(2)特科火力:99式自走155mmりゅう弾砲・203mm自走りゅう弾砲・155mmりゅう弾砲FH70による砲撃

 見える範囲では六門でしたが、見えない位置にもありそkどえも発射していたみたいです。

 有名な富士山は悪天候のため雲が低く全部見えませんでした、残念。

 FH70は自走して帰って行ったのですがそのことを知らない人は多かったようで「自走できたんだ」という声が聞こえてました。

(3)中距離火力:81mm迫撃砲L16・120mm迫撃砲RTによる砲撃

 小さいので迫力不足でしたね。

(4)誘導弾:79式対舟艇対戦車誘導弾(89式装甲戦闘車)・87式対戦車誘導弾・96式多目的誘導弾システム

 小さいのであまりよく見えませんでしたが、ミサイルが目標に飛んでいくのはしっかり見えました。

 96式多目的誘導弾システムは残念ながら発車されませんでしたけども。

(5)対人障害:指向性散弾

 クレイモアではないけどそんなもの、オーロラビジョンで風船を割るのを中継してくれましたがさっぱりわかりませんでした。

 近くで見てみたいが、そんなことしたら人生終わるな。

(6)普通科火力:軽装甲機動車・89式装甲戦闘車・01式軽対戦車誘導弾・96式装輪装甲車・89式5.56mm小銃
  対人狙撃銃・84mm無反動砲・110mm個人携帯対戦車弾・多用途ヘリコプター UH-1


 射撃を見て結構跳弾って発生するもんなんだなーと思いました。

 あと点検射の際、「カン」「カン」と音がして「何だろう?」と思ったのが実は対人狙撃銃のものだと知ったときはびっくり。

 銃声なのかそれとも目標が鉄板か何かで出来ていたのか?

 01式軽対戦車誘導弾の発射がおもしろかったですね、おもしろいように当たって。

(7)ヘリ火力:対戦車ヘリコプター AH-1S

 コブラ自体は基地祭の類で何度も見ているので何とも思いませんでしたが20mmガドリング砲の発砲は始めてみました。

 戦記物だと大口径機関銃の発射をアイスキャンディーと表現してますが「なるほど」と思いましたね。

 あと多少離れているせいでしょうか、思ったよりも発射音が大きくありませんでした。

(8)戦車火力:90式戦車・74式戦車

 点検射の際にすでに実弾射撃は見てましたのであれでしたが、やっぱ空砲とは迫力が違いますね。

 とくに90式戦車の120mm滑空砲って空砲がないので、主砲発射は初めてでしたからね。

 それにしても私は幸運だったよな。

 戦車を始めて見た感動→戦車のエンジンをかけるところを見た感動→戦車が動いているところを始めて見た感動→空砲発射→実弾発射と五回も同じ戦車で感動できましたからね。

(9)空挺降下:CH-47J

 当たり前ですが悪天候で中止です。

休憩

休憩時間中、音楽演奏が行われました。

 演奏に合わせて四門の大砲がドカンドカンとぶっ放されましたが曲は有名な「1812年」ではなかったようです。

後段演習
(1)航空偵察:OH-1

 OH−1の機動はすでに各駐屯地で何度も見ているので特に目新しい物は無し。

(2)ヘリボン行動:UH-1・KLX250偵察オートバイ・AH-1S・UH-47J・UH-60J・軽装甲機動車・高機動車

これくらいまでは雨も弱かったので写真撮れましたがその後は強くなったので諦めました。

(3)偵察活動:87式警戒偵察車・KLX250

 25mm機関砲は火力としては落ちるのでしょうが、こうしてみると人間には十分過ぎるほどの脅威ですね。

 「帝国海軍の対空砲火はこんなだったのかなー?」と思ってみてました。

(4)第1戦部隊の攻撃

 細かい分類としては攻撃準備射撃・障害処理・前進支援射撃・普戦チームの攻撃・突撃支援射撃・突撃・対逆襲戦闘に分類されるのですがどこがどうだか

 わからないほど密度が濃かったのでひとまとめにします。

 参加火器は203mm自走りゅう弾砲・155mmりゅう弾砲 FH70・120mm迫撃砲 RT・81mm迫撃砲 L16・90式戦車・74式戦車・89式装甲戦闘車・92式地雷原処理車
 79式対舟艇対戦車誘導弾・87式対戦車誘導弾・87式地雷散布装置
となります。

 特に印象に残ったのは↓。

  【ニコニコ動画】平成20年度富士総合火力演習(2008.8.24) 92式地雷原処理車

 雨のせい、というかおかげらしいんですが衝撃波がくっきり。

 これは他では、さらに今回のような天気でないと見ることは出来ませんよね。

 正直雨が恨めしかったですがちょっとだけ「雨も悪くはないな」って思いました。

 そして最後の煙幕による一斉射撃、写真では何度も見たことあったけど目の前で見ると迫力が違うね。




 この後は装備品展示とかやるようでしたが、もうこれ以上居続けるのはムリと判断し帰宅することに。

 とはいえバスに乗れたのはここからさらに一時間以上後のこと。

 今回一番の苦行だったかもしれませんね、雨の中のバス待ちは。

 御殿場駅に到着したのは14:00過ぎ、そこから御殿場線で帰ったわけですが予想よりは電車内は空いてました。

 車で来て駅周辺の駐車場を利用した人が多かったんですかね?



初めての富士総合火力演習は非常に良かったです。

惜しむべきはやはり雨だったことでしょうか。

来年以降、次いつ当たるかはわかりませんが今度は晴れの時に見てみたい物です。


イベント情報へ戻る