板妻駐屯地創立46周年記念行事・後編





さて模擬戦闘の開始です。

私が陣取った目の前に155mmりゅう弾砲が配置されちゃいましたよ。

空砲の衝撃波はともかくとしてこの距離だと70-300mmな望遠レンズでははみ出ちゃいます。

そのためすぐに18-55mmレンズに交換できるよう手元に準備しておきました。

まずは上空からOH-6が偵察に来ます。



続いてバイクでの先行偵察。



奥の張りぼてはトーチカらしいのですが、日本に上陸してきた敵(ロシア・中国・韓国・北朝鮮あたりかな?)がトーチカ造る暇ありますかね?(笑)



そしてラペリングで降下する先遣隊、リハーサルの甲斐あってか無事成功してました。



始まる155mmりゅう弾砲による砲撃。

目の前なので装填・発射のプロセスがよく見えます。



96式装輪装甲車および高機動車から飛び出す普通科の自衛官たち。



トーチカの目の前で散開し、銃撃戦を行っているところ。

 

空砲だからでしょうか、この宙に舞う破片みたいなものは。



接近する火炎放射器班、そして



トーチカを焼き払います、が軽装甲機動車が邪魔で決定的瞬間が見ることが出来ませんでした、残念。



そして敵陣めがけて突入、陣地を制圧して状況は終了したのでした。



さて模擬戦闘終了したらお昼ご飯にすることにします。

他の駐屯地へ行ったとき同様に食堂へ行ったらなぜか大行列。

他の所だと屋台は混んでいても食堂は空いて居るんだが……今回は屋台が建ち並ぶ一角のすぐそばにあったからかもしれませんね。

メニューも麺類とカレーぐらいと控えめでしたのでカツカレーにしてみました。



ちょっと甘めのお子様向きみたいな味付けだったのが不満、もう少し辛い方が良かったですね。

そしてお昼ご飯を食べた後は体験試乗の列に並びます。

今回は96式装輪装甲車1台と高機動車2台、ただしどっちに乗れるかは運次第。

一列に並んで自分の番の時、どっちかで決まる方式でした。

ちなみに人気は当然のことですが96式装輪装甲車の方でしたよ。

それにしても皮肉ですね、先週の滝ヶ原駐屯地では96式装輪装甲車は人気薄であまり並ばずにすんだのに。

 

私は一時間ほど並んで高機動車に乗り、板妻駐屯地をぐるっと見学してきたのでした。



さて帰り際に車両展示もちらっと見てきました。

74式戦車 軽装甲機動車 96式装輪装甲車
バイク 155mmりゅう弾砲(FH-70)

帰りはバスが全然無いのですごい混雑でしたよ、駅に近いだけマシでしたね。


イベント情報へ戻る