板妻駐屯地創立46周年記念行事・中編





さて続いては観閲行進になります。

板妻駐屯地は普通科連隊が主力なので戦闘車両はあんまり出てきません。





 

64式小銃と89式小銃が混ざっていますね、せめて同じ駐屯地では統一出来ればいいのに。

  

87式対戦車誘導弾および81mm迫撃砲L16を搭載および120mm迫撃砲を牽引してますね。

  



そしてその後はオフロードバイク隊の演技。

 

 

これは自衛隊ではなく静岡市オフロードバイク隊によるものです。

東海地震の時とかに活動するバイク隊ですね。

SCOUT(Shizuoka City Off-road Utility Team)という正式名称があるみたいですね。

災害時はがんばってくださいね、何でしょうけど一生役立たずのまま終わるのが本当は一番良いよね。



さらにその次は自衛隊体操・格闘。

体操は普通のラジオ体操のような音楽でしたが体操の内容は全然異なっておりました。



より激しく動くので準備体操向きですね、一時はやったビリーズブートキャンプみたいな感じですね。

まあビリーズブートキャンプが米軍のだったわけですしおかしな話ではないですが。

その後の格闘は型を披露してくれました。



組み手とか銃剣術とかを期待したのですが、残念ながら型のみでした。



後編へ


イベント情報へ戻る