米海軍横須賀基地グランドイルミネーション・後編





さてキティーホークを降りた後は他の艦船見学へと向かいます。

今回は一般公開を行っていなかったブルーリッジ。

まあ夏に一回見てるし、特に残念ではない。










左:CG-67 シャイロー(タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦)

中:CG-63 カウペンス(タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦)

右:LCC-19 ブルー・リッジ(揚陸指揮艦)


この三隻のうち真ん中のカウペンスが一般公開していたので見学してみた。






CG-63 カウペンス(タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦17番艦)

起工1989/03/11 メイン州バス、バス造船所

就役1991/03/09 サウス・キャロライナ州、チャールストン

緒元
全長      :567フィート(約173m)
全幅      :55フィート(約17m)
速力      :30+ノット
喫水(竜骨)  :24フィート(約7.3m)
喫水(航行時):24フィート(約10m)
排水量     :10.000t

乗員数
士官   :33人
兵曹長  :33人
下士官兵:339人
合計   :405名

アメリカ独立戦争時の古戦場の名前を由来に持つイージス艦。

修理中か回収中かメンテナンス中かはわからないですが足場が組んでありました。

ちなみに見学できたのは艦の前半分のみ、艦内立ち入りは出来ませんでした。
立ち入ることが出来なかった艦の後半部は外から見学。

後部に主砲とミサイルランチャーが置いてあるのは美しくないですね。
カウペンズ=カウベル=牛?かは知らないけれども、カウペンズのシンボルマークは牛さんみたいで何か可愛いです。

グッズのぬいぐるみなんかお土産に買おうか悩みましたよ、止めたけど。

先代の軽空母カウペンスのあだ名がマイティー・モー(強力な牛)だったそうですがこういうのはなんか良いな。
DD-101 むらさめ(むらさめ型護衛艦1番艦)

海上自衛隊の護衛艦。

前にも乗ったことがあるので割愛。
















DDG-56 ジョン・S・マケイン(アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦)
起工1991/09/03
就役194/07/02

緒元
全長:504フィート(約154m)
全幅:66フィート(約20m)
速力:30+ノット
喫水:30フィート(約9.3m)
排水量     :8.700t

乗員数
士官   :23人
下士官兵:339人
合計   :318名




同型艦のラッセンに乗ったことはあるけど、今回の方が艦あちこちを見学できた感じ。

タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦とアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦両方乗って比べてみると、

アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦が海上自衛隊のこんごう型護衛艦の基本になったというのがよくわかりましたわ。


艦船見学を終えた後は食事を済ませちゃうことに。

名前失念 スパイシーチュミチャンガサンタフェ風とマカデミアンナッツのクッキー



普段はけちなのにこういうイベントではつい色々食べてしまう。

体に悪そうだけど、つい食べたくなってしまう料理が多いよね。

1号ドライドック(乾ドック)。

1871年完成したものですが今でも現役。

四捨五入すれば140年ほど、明治時代からの日本の歴史をずっと見てきたんですね。

そう考えるとすごいよな。






夢窓国師碑。

しばらくしてから僧侶ら37年ぶりに「夢窓国師碑」参拝という記事を新聞で読み意外に思ったり。

しかし夢窓国師なんてお坊さんは知らん、禅関係の人らしいけど。













夜にライトアップやイルミネーションとかもあったけどそっちは割愛。

横須賀市や基地では恒例行事にしたいという話なので、来年はジョージ・ワシントン見学できると嬉しいのだが。


イベント情報へ戻る