エアパーク 航空自衛隊浜松広報館






2007年10月21日、エアフェスタ浜松終了後に浜松基地内にあるエアパーク 航空自衛隊浜松広報館へ行ってきました。

ここは朝霞にある陸上自衛隊広報センターの航空自衛隊版ですね。

ちなみにエアフェスタの会場からは滑走路を挟んでほぼ反対側と遠目。

私はブルーインパルスの演技終了後、すぐに正門から徒歩で向かいましたが30分ほどかかりました。

結構狭い道でしたのであまりおすすめではありませんね。







さて広報館に入る前に外側に展示されているものを見学です。

C-46輸送機/捜捉レーダー[ACQ] ナイキJ H-21B救難ヘリコプター
ミサイル追随レーダー[MTR] レーダー統制トレーラー[RCT] F-104J無人標的機


入ってすぐの所に売店がありました。

品揃えは普通の自衛隊関連施設と同じ、若干地元の特産品が置いてあったくらいかな、差は。

そしてそのすぐ脇にあった受付みたいなところで全天周シアターの整理券を配布していたのでゲット。

入場時刻15:15、上映時刻15:30なのでそれまで施設内を見学することにします。










・F-2のモクアップ
 

さすがに実機はもったいなくて置けないわね。

・F-1支援戦闘機
 

F-1飛んでるところはたぶん一度も見たことがないんですよね、惜しいことをした。

・搭乗員装備
 

航空自衛隊のパイロットはオレンジ色のフライトジャケット来てると思っていたらいつの間にやら現用のに変わってたな。

・基地防衛用対空火器
 

左:対空機関砲VADS  右:ラインメタル対空20mm2連砲

・その他装備品


・展示格納庫

フライトシミュレーター。

整理券必須なのですがすでに配布終了だったため使用できず。

残念ですがまあ仕方がないです。












さてこの展示格納庫には19機種(確か)の航空機が展示されてるのですが、ここでの写真撮影は失敗しちゃいまして。

ここから先は写りが良いのを抜き出しましたが、それでもイマイチなのが多めです。


零式艦上戦闘機52(ごーにー)型。

残念ながら無稼働機だそうですが。

















DH115 バンパイア。

イギリス製だそうだが確かに変態ブリテンの血を引くようなおもしろデザインですね。














 

 

写真割愛した者もありますが以下が展示されていた機体。

零式艦上戦闘機52型
B-65 連絡機
DH115 バンパイア
F-1 支援戦闘機
F-86D 戦闘機
F-86F 戦闘機
F-104J 要撃戦闘機
H-19 救難ヘリコプター
MU-2 救難捜索機
S-62J 救難ヘリコプター
SVA-9
T-1A 練習機
T-2 高等練習機
T-3 初等練習機
T-6練習機
T-28B 練習機
T-33A 練習機
T-34A 練習機
V-107 救難ヘリコプター

日本にはここ浜松広報館にしかないという機体も混ざってます。

もっと時間があるときにゆっくりと見てみたかったね。


イベント情報へ戻る