平成19年度立川防災航空祭・前編




2007/9/23(日)、立川防災航空祭に行ってきました。

小田急線の登戸でJR南武線に乗り換え立川駅へ、そしてそこから徒歩なりバスなり……と考えていたのですが

駅についてもどう行けばいいのかわからんorz。

こんな時に限って駅からの道順を調べてなかったよ。

というわけで駅前の交番で地図を見て、1.5Kmの距離だと判断して歩いて向かった私。

しかしこれがそもそも間違いだった……。

到着したのは東立川駐屯地、立川防災航空祭が行われるのは立川駐屯地。

はい、事前にネットで調べたときに数件ぶつかった間違って行っちゃった失敗を私もやらかしたわけでして。

途中で様子がおかしいのでうすうす気がついたんですけどね、もうどこに自分が居るのかわからないし、自衛隊なら立川駐屯地が

どこにあるのか間違いなく教えてもらえると思ったからね。

結局、教わったとおりに立川駅まで戻ってバス停に行ったら案内ちゃんと立ってるしorz。

しかもそのバスに乗ったら二駅目がもう立川駐屯地……こんなに近かったのね。




バス停を降りてすぐ側が入り口です。

↑の写真は帰りに撮ったので雨が降ってますが、入場前は曇り空でしかも結構な人が並んでました。

そして10:00開門。

簡単な手荷物検査を受けて立川駐屯地内へと進んでいきます。

ちなみにその際、基地反対派の人が10名ほどチラシ配りをしており、警察ともめていましたが不愉快なので消えて欲しいですね。

反対運動したければ国会議事堂や首相官邸前でやれ、と言いたいですね。

そんな権限のない人間に対して行ってもたんなる自己満足でしか有りませんよ?

まあ「ヘリコプターとか災害対策に必要なんですかね?」とか宣う頭の中身じゃ思いつかないと思いますが(笑)。



バカは無視して駐屯地に入っるとすぐに装甲車・ヘリ・航空機がお出迎え。

60式装甲車 LR-1(MU-2) セスナ C-195

この他にUH-1・OH-6・L-19などが展示してありました。

ただし行きは急いでいたのであんま見なかったですし、帰りは雨が降っていたのでやっぱり放置気味。

道路を挟んでいたこともありあんまり注目しませんでしたね。

さてなぜ急いでいたかというとこれが欲しかったから。

 

左側はこの券があればCH-47の地上滑走に絶対に乗れるものでして先着1000名配布。

右側はUH-1の体験搭乗の抽選券でして先着5000名に配布、抽選で100名搭乗出来るというもの。

この二つを確保した後はゆっくりと地上展示物を見て回ることにします。

01:ライトプレーン
 
災害時の地上偵察用?

自衛隊保有ではなく、民間会社が出店していたみたいですが買う人はどれくらいいるのだろうか?

02:UH-1J
 
機体右側に観測ポッド増設仕様。

03:UH-1H


04:UH-60A BLACKHAWK
 

05:SH-60J
 

06:V-107(空自救難団)
 
目立ってナンボの機体だけどこういうカラーリングはあんま好みじゃないな。

とはいえ本当に必要なときのことを考えたらそんなこと言えたことではないのはわかっているが。

07:CH-47
 

08:LR-2(KINGAIR350)


09:LC-90


10:パイパーPA-28-140

美しくない塗装ですが日本赤十字社所有の航空機。

11:ムーニー式 M20J

上に同じく日本赤十字社所有の航空機。

12:E33

上に同じく日本赤十字社所有の航空機。

13:AS332Lスーパーピューマ

東京消防庁所属ヘリ。

手前のミラーは何に使うんだろう?

14:A109E

警視庁所属ヘリ。

カラーリングがいまいちですな。

15:UH-60JA


16:OH-1

早くデータリンク機能を実装すべきですね、ビデオテープでやりとりではなくて(笑)。

17:AH-1 コブラ

後継のアパッチはいつ見られるかな?

18:OH-6D



以上の機体が地上展示されてましたが警察・消防・赤十字以外(まあ自衛隊だね)は全部見たことありましたね。

なんか目新しい機体でも展示されないかな?

後編へ続く


イベント情報へ戻る