横須賀マリンフェスタ2007・前編

横須賀マリンフェスタ2007・前編




2007/9/22(土)〜207/9/23(日)、海上自衛隊艦船の体験航海である横須賀マリンフェスタに行ってきました。

今回は一般公開とは違うので事前に申し込みをし、抽選で当選した人のみが入ることが出来るのです。

まあそれ以外にコネ関係での招待客も居たようですが私には関係無いし、事情もわからないので割愛。



吉倉基地は9:30に入場開始したのですがその開始前後の写真。

かなりの行列に正直驚きました。

そのせいで



手荷物検査もちょっと時間がかかったりして。

まあ何度も経験してるしもう慣れているのでさほど気になりませんでしたけどね。

ちなみにこの行列は割と早く解消されました。

今回は入場する人数は決まってるし、早めに来た人を裁けば当然そうなりますよね。

今回の案内図。


マリンフェスタ関連の船ばかりでこの図以外に停泊していたのはたかなみの左隣に「きりしま」が一隻居ただけでした。

そして去年の観艦式でも見たちびしまが今回もありました。



早い時間帯だったのでまだあまり人が群がっていませんでしたがそれでも結構人気がありましたね。

それと体験航海で出航する関係だと思うのですがいつもと停泊している向きが違っていました。



いつもは舳先を手前に向けて居るんですけどね、今回は沖合を向いてました。

そのせいか、なんかいつもとは違う新鮮な気分でしたね。


今回の体験航海は予定では12:30〜16:00。

乗船の締め切りは12:00なのでそれまでに昼飯を確保するか、あるいは食べておかないと食いっぱぐれます。

そのため私は先に食べておくことにし、売店で↓のお弁当を購入しました。



行楽セットと言う名前で500円、ちと割高ですね。

他にはこの他にカレーパン150円、助六寿司(お稲荷さんと太巻き)400円、幕の内弁当800円も売ってました。

おみやげも色々売ってましたがいつものなのでスタミナドリンク一本買っただけでした。

でいざ乗艦、の前に停泊中の艦船を見学してきました。

1:DDG-174「きりしま」


  
今回のマリンフェスタとは無関係に停泊していたきりしま。

乗艦は出来なかったので埠頭から撮影しただけ。

2:DD-110「たかなみ」・DDh-143「しらね」

マリンフェスタ参加艦艇の二隻です。

3:その他

支援船って奴ですね。

今回は停泊していた艦船が少なかったのでこんくらい。

続いては私が乗船したDDG-171「はたかぜ」です。

こんごう級より一個前の艦船なのでちょいと古めかしさは否めませんね。

今回はこの艦尾部分にも立ち入ることが出来ました。



洗濯機と洗面台。

乾かす洗濯物はどこに干すんでしょうね?

炊事場。

はたかぜ乗員260名の食事はここで作られるわけです。

こうでかい釜が並んでいると小学校の給食室を思い出しますね。

ちなみにこの日のお昼はマリンフェスタで上のように公開していて使えないので



↑のメニューを見ればわかりますが戦闘糧食T型(缶詰)になってしまったようです。

機関室。

はたかぜはガスタービン動力で動きますがコンコルドのエンジンを艦船用にしたものを使っているのだそうです。

前部主砲 タータミサイルランチャー 後部主砲

ミサイルが装填されていないランチャーを見るのははじめてですね。

後部主砲の所では音楽が演奏されていました。

ハープーンSSM発射機 68式324mm3連装短魚雷発射管 74式アスロック8連装発射機

ハープーンSSM発射機は本来四連装なはずですが一発欠損の三連装状態に。

予算の関係でこういうことが起こるらしいのですが定数を満たせないというのは果たして良いのだろうか?

まあ対艦ミサイルを発射する相手なんて現状では考えられませんけどね。


さていよいよ体験航海へ出発ですがデータ容量の関係上残りは中編へ(笑)。


イベント情報へ戻る