朝霞・陸上自衛隊広報センター こどもの日フェア(2007/05/05)



2007/5/5(土)、二度目の朝霞駐屯地に併設された陸上自衛隊広報センター詣でに行ってきました。

来月(2007/06/09-06/10)に開催のサマーフェアにも行きたかったので今回パスするか悩んだのですが

今回のこどもの日フェアの内容が

★体験してみよう★
こどもの日フェア
自衛隊の訓練を体験して、レンジャー隊員になってみよう!!

■実施日:5月5日(土)・5月6日(日)
■実施時間:10時〜15時 (予定)
■内容:ロープ訓練体験・装備火器の展示・装備品の展示・UH-1H(ヘリコプター)の操縦席開放・高機動車の体験試乗

こういう内容だったので結局行くことにしました。

装備火器を触ってみたかったですからね。

戦車試乗ツアー・ヘリコプター体験搭乗・朝霞駐屯地見学ツアーなどに興味があった物ですからね。



さて前回とは違う交通機関で三時間かけて朝霞駐屯地に到着してみるともう人がいっぱいです。

前回も多かったですが今回はそれ以上。

子供の日ということもあり子供とその家族が多いです。

というか私みたいな男一人というのは「こんな日に来るな」かもしれません(笑)。


1.装備火器の展示

89式小銃・110mm個人携帯対戦車弾・84mm無反動砲・81mm迫撃砲L16の四種類しか展示されてませんでした、残念。

64式小銃や9mm拳銃・9mm機関拳銃・MINIMIなども触ってみたかったですね。

まあとりあえず並んでいた順番に写真を並べてみます。。

・84mm無反動砲
84mm無反動砲スウェーデン製の無反動砲、通称カール・グスタフ。

口径         84mm

全長         1.130mm

重量         16.1kg

発射速度      約4-5発/分

有効射程距離   700m(対戦車榴弾使用時)/1000m(榴弾使用時

装甲貫撤力    約400mm



84mm無反動砲
←の写真を見れば分かりますがライフリングが切ってあります。

がっちりした作りなので結構重たいですが担いだのは砲弾が装填されていない

状態だったわけでして。

もしちゃんと装填して実際発射できる状態であればなお重たかったんでしょうね。

私も写真のようにしっかり構えてみたのですがどうやっても照星と照門を一直線に合わせられなかったです。

出来るだけ頬を頬当てにくっつけるようにはしたんですけどね。

映画とかみたいに素人がすぐにどうにか出来るような代物では無いみたいですね。






・110mm個人携帯対戦車弾

110mm個人携帯対戦車弾 ドイツ製の対戦車ロケット弾、通称パンツァーファースト3

口径         60mm(ランチャー部)/110mm(弾頭部)

全長        1.200mm

重量         12kg

ロケット弾重量   3.8kg

有効射程距離   500m

装甲貫撤力    約700mm
110mm個人携帯対戦車弾 ロケット弾が前に装填されているので前が重たかったです。

ちなみに←な男の子は持ち方間違えていたりするのですが結構大人も間違えてました。

ただしくは右手でトリガーを、左手で一番前の部分をつかみ、←な男の子が右手でつかんでいる

部分は肩に当てるのが正しい持ち方だったりします。

肩を使うというのは想像しにくいのかな?





・89式5.56mm小銃

89式小銃 口径        5.56mm

全長        約920mm

重量        約3.5kg

発射速度     最大約850発/分

装弾数       30発

有効射程距離   500m
89式小銃 思ったよりも軽く感じました、弾倉が付いていなかったからかな?

84mm無反動砲と同じく照星と照門を一直線に合わせられなかったです。

これでは目標に命中させる事なんて出来ないでしょうね。

きちんと構えれば私でもちゃんと出来るのかな?

ちなみに安全装置部分ですがア(安全装置)→レ(連射/フルオート)→3(三点バースト)→タ(単射/セミオート)

の順番になっていて360度回転は出来ず。

非常に使い勝手が悪いように感じましたね。

ちょと触った私でもそう感じるのですから改修とかしようとはしないのでしょうか?

・81mm迫撃砲L16

81mm迫撃砲L16 81mm迫撃砲L16 81mm迫撃砲L16

上下の動きは左右に比べるとやっぱり固かったです。

重たい砲身を支えるのだから当たり前なのかもしれませんね。

・その他
この他に背嚢やボディーアーマーが着用できるようになってましたがこれは前回があるので割愛。

で実際に身につけてみたのはこれ、ガスマスクです。

赤い矢印は、ガス状況下にガスマスクを付けながら水分補給するためのストローみたいな物だそうです。

でもうまく飲むのは難しそうだ。

2.ロープ訓練体験

 
見ての通り子供向け体験コーナーでしたので見るだけでしたが、なかなか楽しそうでした。

3.高機動車体験試乗
高機動車自体は以前、自衛隊防災展示会(過去の記事)で乗ったことありましたがあのときは整地を走ったのみでした。

しかし今回は荒れ地を派手に動き回ったのでかなりの迫力でしたよ。

砂ぼり理巻き上げながらでこぼこデコボコ。

変なジェットコースターとかよりは迫力有ったと思いますね。

ちなみにものすごい行列でして軽く30分以上、約1時間ほど炎天下の中並んでました。

高機動車試乗を終えて

4.82式通信指揮車
82式通信指揮車 82式通信指揮車

外観はこんな感じ。

指揮車なので装甲強度よりも使い勝手を優先しているようで窓が付いてますね。

82式通信指揮車の行列
高機動車試乗ほどではありませんでしたが行列が出来てました。

二十分ほど待って中に入ってみたところこれが狭いこと狭いこと。

82式通信指揮車内部
こんなでもここはまだマシ。

この先の運転席および助手席にたどり着くには画面中の方にある隙間を縫っていかないと

たどり着くことが出来ません。

これが非常に狭く私の体格でギリギリなんとか通れる程度。

変な姿勢で突っ込んだらレスキュー隊の救助が必要になっちゃうかも(笑)。

指揮車だから被弾することは前提条件ではないだろうが脱出出来るんだろうか?

ちなみに写真で人が立っている場所は司令塔になっており、ここに座って外を見て思わず

「オットー・カリウスの気分だな」とニンマリしたりしてました。




※司令塔から顔を出して前方を見たところ
82式通信指揮車屋根


帰り際、前回来たときはなかったこんな垂れ幕が下がってました。
お疲れ様でした。
日本の国益のため遠くの国での任務、お疲れ様でした。


イベント情報へ戻る