朝霞・陸上自衛隊広報センター スプリングフェア(2007/02/03)



2007/2/3(土)、初めて朝霞駐屯地に併設された陸上自衛隊広報センターに行ってきました。

前からその存在は知っていたのですが遠いのでね、なかなか行く機会に恵まれなかったのです。

しかし今回はイベントがあるので「これを逃す手はあるまい」と行ってきたのです。

道路を挟んで見たところ


和光市駅を降りてだいたい徒歩15分ぐらいかな。初めての道でしたがそれほど迷うことはありませんでした。

到着したのが10:30だったのでまだメインイベントは始まってません。そこで1/2tトラックに試乗しました。



こんな感じで黄色いヘルメットを被り、朝霞駐屯地内をぐるっと回って見学です。

やっぱ駐屯地だけあって広いですね、テニスコートとかもありました。


1/2tトラックから降りるとちょうど本日のメインイベント体験喫食が始まっていたので早々列に並びます。

人いっぱい 

こんな感じで結構並んでいます。

私は1/2tトラックに乗る前に食券(200円也)を購入済みでした意味無かったですね。

体験喫食メニュー ※メニュー
ご飯・豚汁・ウィンナー缶・乾パン・オレンジスプレット・金平糖・ごま塩

以上の物が出てきました。


ご飯と豚汁は野外炊具1号で作られた物です。

ちなみに豚汁以外は副食と言うことで品切れになったら「はい、それまで」ということでした。

ご飯と豚汁を除く乾パン・ウィンナー缶・オレンジスプレットは自衛隊の正式メニューでもあります。

旧軍以来の伝統ですね。

豚汁は個人的にですがかなりうまいと思いました。

正直何倍もお代わりしたくなりましたね、しませんでしたけど。

ウィンナーソーセージ缶 開けたところ 缶詰に缶切りが付属しているのでこれで開けました。

正直ちょっと開けにくかったですね。

まあ簡易な代物ですし仕方がないと言えば仕方がないのですが。

記念に大事に取っておきます。



中身は16本入り。

どこぞのHPで見た時は12本入りとかあったけど中身代わっているのかな?

普通のに比べればおいしいわけないですが、缶詰ものとして比較すると以前

購入した市販品よりはおいしいと思いましたね。

だからと言って二缶三缶食べたくなるような味ではありませんが(笑)。


ちなみにこれは会場の様子。


マニアだけかと思っていたけどむしろ少数派。

家族連れや子供だけ出来ていたりして結構にぎやかでしたよ。


さてご飯を食べた後は館内見学に移行です。
(1)90式戦車

90式戦車(前) 90式戦車(後) 90式戦車(上)

 現用戦車を見るのはこれが初めてですが思ったよりも大きくはないですね。

 でもこれが動くと恐怖に感じるのかな、やっぱり。

 富士演習場辺りでこれが動いているところを一度は見てみたいですね。

 応募してるけど総合化火力演習当たったことがない……。

搭載機関砲 砲弾見本


(2)AH-1S「コブラ」

コブラ正面  真っ正面から見ると細い胴体ですよね。

 これはなんでも被弾面積を減らすべく設計したんだそうです。

 とはいえ制空権無しでは対戦車ヘリはやっぱり弱いようでして。

 これの後継機にアパッチを自衛隊は導入したそうですがサンダーボルトIIも導入したらどうだろう。

 余計な改造しなければF-15一機の値段で10機そろえられるのに。












70mmロケットランチャー 20mmバルカン砲砲口 20mmバルカン砲


(3)遠隔操縦観測システム(FFOS)無人ヘリ
 
 大きなラジコンヘリみたいなものなのかな?

 日本の強そうな分野の装備品ですね。

(4)その他

ボディーアーマー 対砲弾破片を想定したボディーアーマー。

その性質上、銃弾を食い止める効果はほとんど無いタイプですが実際の戦場では

砲弾の破片>>>>>銃弾>>>>>>>刃物ぐらいの割合で死傷するのでこれでも効果は高いです。

そんなボディーアーマーを手に持ってみるとずっしりと重たいです。

しかし実際に身につけてみるとよく出た物であまり重さを感じませんでしたね。



それと写真は無いですが自衛隊がイラクで使用していた防弾チョッキがそばに展示してありました。

こっちは鉄板のような物(たぶんチタンプレートかな?)が内蔵していて、こっちは持つのは当たり前として

着てもかなりの重量があり、これを着て歩哨とかするのはとても大変だったと思います。

まして砂漠とか暑い環境ですからね。

今更ながら自衛隊の皆さん、ご苦労様でした。

市販車を改造し、色を塗り替えたぐらいでしょうか?

子供が可愛いですね(※何の関係もない子です)。













ガスマスク ガス検知器2型
対化学兵器用の防護装備。

オーム真理教相手に活躍したっぽいですね。

たぶんこのほかに科学防護服とかもあると思いますが展示物には見あたりませんでした。

残念。














小火器 地対空ミサイル 撃てないのは当然にしてもせめて手に取れれば良かったのに……。

ちなみに銃の名前ですが

左上:89式小銃、左中:MINIMI、左下:74式機関銃です。

64式とか、今でも現役なグリースガンなんかもあると興味深かったですな。









この他に対戦車ヘリのシュミレーターやら戦車の射撃ゲームが有りました。

3Dシアターは調整中とかで上映されなかったのが残念でしたけど。


続いてイベント広場展示装備品に移ります。
(1)UH-1H
UH-1H正面 UH-1H後方
人が多かったので操縦席など内部はあまり見られませんでした。

(2)75式155mmりゅう弾砲
75式155mmりゅう弾砲前1 75式155mmりゅう弾砲前2 75式155mmりゅう弾砲後
これは戦車ではないですよ(笑)。
それはさておき、何となく内部を見てみたいね。

(3)74式戦車
74式戦車前1 74式戦車前2 74式戦車後
90式の時もそう思ったけど思ったより大きくないのにびっくり。

(4)96式装輪装甲車
96式装輪装甲車前1 96式装輪装甲車前2 96式装輪装甲車後
これからの自衛隊はこの手の車両が増えていくんでしょうね。

(5)89式装甲戦闘車
89式装甲戦闘車前 89式装甲戦闘車後 89式装甲戦闘車ミサイル発射管
74式・90式戦車よりも大きく感じました。
しかしこいつは調達費用高すぎて今となっては微妙な存在ですね。
元になったアメリカ軍のM2ブラッドレーでもまとめて数百台購入した方が良かったんじゃないかな?

(6)87式自走後者機関砲
87式自走後者機関砲前 87式自走後者機関砲後 87式自走後者機関砲砲塔後
これまたもはやネタとしか思えない奴ですな。
高すぎて数を調達できない以上、存在意義は少ない気がします。

(7)94式水際地雷敷設装置
94式水際地雷敷設装置前 94式水際地雷敷設装置横 94式水際地雷敷設装置後
初めて存在を知った装備品。
たぶん対戦車地雷をばらまくんでしょうね。



広報センター内にこんなお土産屋さんがありました。

あまりよそでは見かけない物ばかりでなかなかおもしろかったですね。

とはいえ安い物ではないのでそんなにいっぱい買えるわけもなく。


こんなのを買ってきました。

パンの缶詰二個とパック弁当二個。


イベント情報へ戻る