自衛隊防災展示会見学記




2006/10/28、川崎東扇島の自衛隊防災展示会を見学してきました。

JR川崎駅から市営バスで20分ほどと結構な距離。

そのため一週間前の横須賀吉倉基地での一般公開と違って見学者は少なかったですね。



上は展示場に当たる海上自衛隊の輸送艦しもきた。

よく無知な報道屋には空母とかに言われがちですが、甲板の強度上ハリアーの離着陸も無理ですし整備機能がないので

ヘリ空母としての運用も出来ません、あくまで輸送艦なんですね。

とはいえ構造上空母に似ているのも確かでして、通常の護衛艦とは違った物が見られるかなと見学することにしました。





まず目に飛び込んできたのは埠頭に展示されている車両の一団です。

これは洗濯車です。

案内係の人に聞いた話ですと一個普通科連隊に一台の割合で配備されているとか。

搭載されている洗濯機や乾燥機は市販品で、発電機で動くようになっている

だけで特別な物は使われていないと言うことです。

今のところは災害派遣で避難民を対象に使われているだけで実際に自衛官の

制服を洗うといった事態は発生していないとのことです。

もっとも「汚れてもよほどのことがない限りはそのままですね」と仰ってました。
これは浄水車です。

ただし海水を浄水する機能はないそうです。

あくまでも淡水のみ浄水、飲み水として利用できるようにするんだそうです。

案内係の人はつい最近は呉とかの断水の時出動していたと仰ってましたね。

帝国陸軍の731部隊で高性能な浄水器を開発、実戦配備していたそうですが

これはその後継機械なんでしょうかね?

今思うと質問してみれば良かったですな、わからないと思うけど。
これは炊飯車です。

案内係の人に聞いた話ですと一個普通科中隊に一台の割合で配備されているとか。

普通科連隊=6個中隊なので合計六台。

自衛隊はこういう支援機材は不足していると聞いたので思ったよりも多いですね。

ちなみにこれ一台で200人分作れる装ですが、昨今の人員削減で最近は100人分ちょい

しか作らないことが増えて居るんだそうです。

熱源はガソリンと灯油で煮炊きするんだそうです。

高機動車 81式自走架柱橋 名前忘れたorz


災害派遣の際、一番ありがたい存在かもしれないお風呂。

20分で80人ぐらいは入れるんだそうです。

ちなみに本当に缶飯を温めることが出来るのか聞いたところ間違いなくできるとのこと。

もっとも朝入れて夕飯に食えるようになるぐらいらしいですが。

残念ながら入浴は出来ませんでした(笑)。



可搬式緊急用造水装置というんだそうです。

具体的には海水を真水にして飲料用水に出来る機械です。

実際に私も飲んでみましたが塩の味なんてまったくしませんでした。

これも呉とかの大断水の時に出動して使われたとのことです。


野外手術システム
医療の拠点になる機材ですね、災害時などにも大活躍したんでしょうね、きっと。

これで埠頭上の車両は終了、これからしもきたの艦内に入るわけですがその前に。

試食で食べることが出来たカレーです。

辛くはないのですが正直言っておいしかったです。

ただ量は物足りなかったけど試食じゃ仕方がないよね……。

不満はそんなもんです(笑)。






展示品の自衛隊の戦闘糧食です。

残念ながら食べることは出来ず、聞いてみたんですけど断られちゃいました(笑)。

ちなみに自衛隊のレーションは世界的においしいと評判なのですが実際にカレーを配膳していた

自衛官に聞いてみたところ「まずい、普通のご飯の方が良い」とのこと。

まあきっと比較した他国のレーションがまずかっただけなんでしょうね。

普通のご飯>>>越えられない壁>>>自衛隊レーション>>>その他の国のレーション、きっとこんな感じなんでしょうね。

ちなみ缶詰ですが持ってみましたがさほど重くはなかったです。

さてここからLST4002しもきた見学へと移ります。

タラップではなくサイドランプから艦内へと入ります。

格納庫(艦首方向) 格納庫(艦尾方向)

天井が思ったよりも低いですね。

どおりでヘリの整備が出来ない訳です、ヘリを大規模に運用するのは13500t護衛艦にお任せですな。

しもきたの男子用トレイ、反対側の艦舷に女子トイレもありましたがさすがにのぞけません(笑)。











LCAC(輸送用エアクッション艇)

これ一艇で90式戦車一台が運搬できるんでしたっけ?

しもきたはそれなりに大きいのでこのLCACを使って陸上に物資や兵員を揚陸させます。

そんなLCACを二艇しもきたは搭載してます。

ちなみにここの展示パネルの中に映画「日本沈没」のロケに使われたとありました。

確かにそういうときこのおおすみ型輸送艦は大活躍でしょうね。



食堂。ここでお土産売ってました。

ヘリの発着スペース 50キャリバー用銃架 露天駐車された車両

艦橋内の医務室。

有事の際はここで手当や手術が行われるんでしょうね。









96式装輪装甲車 82式指揮通信車 軽装甲機動車


自衛隊防災展示会なので戦車はありませんでした、残念。

艦橋内はどの艦船もだいたい同じですね、CICとか見てみたいな。










陸上自衛隊隊員さんたち専用三段ベット。

しもきたは強襲揚陸艦みたいなものですからちゃんと陸上自衛隊員さんのスペースもこのようにあるんですね。

ちなみにここは士曹クラス用で士官用は別の場所にあるんだそうです。

ちなみにベットは階級順に選ぶような感じだそうです。

一番人気は真ん中だそうです、これは疲れていても割とごろっとなれるからだそうです。

下はベットメーキングとかが面倒、一番上は空間は広いけど上がるのは大変だし手入れが面倒だそうです。

ただこれでも広い方で、普通の護衛艦はもっと狭いスペースで寝ることになるそうです。











最後に高機動車体験試乗してきました。

シートベルトは二人で一本、運転席助手席合わせて10名乗りでしたが乗ったのは五人だけでした。

アスファルト舗装されているので乗り心地良かったですがどうせなら荒れ地を走って欲しかったですな。


イベント情報へ戻る