水道水でダイエット

水道水でダイエット

水素は、成長ホルモンを刺激して脂肪を燃焼させます。これは、水素が「グレリン」というホルモンの分泌を刺激するからです。

「グレリン」は成長ホルモンの分泌を刺激して食欲を増進させますが、同時に、体脂肪を燃焼させてエネルギー源として使う働きも持っているため、結果として脂肪が減少するのです。

代謝をアップさせて、太りにくい体にします。脂肪を燃焼させてエネルギーに変換する働きを持っているのは細胞内に存在するミトコンドリアですが、水素水を飲むことによって、この脂肪を燃やす酵素が増加します。この結果、燃焼しやすい体質になります。

さらに、水素を摂ると、空腹時に肝臓で作られる「FGF-21」というホルモンが増えることがわかっています。

これは、脂肪細胞に対して分解促進作用を促します。すなわち、脂肪燃焼などエネルギー代謝を活発にするよう働きかけるので、ダイエットに悩んでいる人にはピッタリでしょう。

水素を摂取することにより、基礎代謝をアップさせ、太りにくい体を手に入れることができるのです。

 

サイトマップ