水素水の健康や医療への効果

水素水の健康や医療への効果

激しい運動や徹夜で仕事をした後など、ついつい、「疲れたー」と愚痴ってしまいますが、この「疲れ」というのは、体内に蓄積された「活性酸素」の害によって、壊れた部分が十分に修復されず悪いところが残った状態を言います。

特に、あまり健康でないときに「活性酸素」による害が大きいと、修復する力が弱いため、さらに疲れが残ってしまいます。

水素はこうした活性酸素の害を防ぐことによって、疲れが残らないよう作用します。

アトピーは炎症反応を伴うアレルギー反応ですが、水素は炎症を抑える作用があるため、反応の緩和に有効です。ただし、水素による発汗作用で汗をかきやすくなるため、体を清潔に保つ必要があります。

アルコールを分解する能力は人により異なりますが、アルコールを分解能力以上に摂取すると、体内の活性酸素が増加します。

活性酸素は身体をサビつかせる原因のひとつで、二日酔いのむかつきや頭痛はこの活性酸素が原因ですが、水素水はこの活性酸素を除去するのに役立ちます。

また、水素水や水素ガスは、幅広く医学分野で「水素医療」としての研究が進められています。

がん治療のために、放射線治療や抗がん剤を使用していると、副作用として髪の毛が抜けたり、吐き気を催したりします。

特に、抗がん剤は、細胞の中で活性酸素を発生させ、その活性酸素でがんを殺すものがあります。また、強すぎて健全な細胞も傷つけてしまいます。

しかし、これに水素の「抗酸化力」を活用して、副作用の軽減とQOL(生活の質)の向上につながると期待されています。

この他、活性酸素の害を減らして、心肺蘇生、脳梗塞、心筋梗塞等の後遺症を減らすなど、慢性疾患の治療への応用が期待されております。

 

サイトマップ