水素水とは

水素水とは

水素水とは、水素分子(H2)が溶け込んだお水のことです。日常生活に欠かせない水道水にも水素が含まれていますが、その量は水素水として販売されているものよりも濃度が極端に少ないのです。

このため、水素水とは、自然に溶け込む程度の水素量ではなく、しっかりとして製法で水素をたくさん溶かし込んだ水を言います。

また、水素水とよく似た水として「水素豊富水」と呼ばれるものもありますが、これは、水素分子をより多く溶かし込んだ水のことです。

水素分子が体内に取り込まれると、分子よりも小さな「活性水素」という原子に分解されます。

この活性水素は、体の隅々まで浸透可能なほどの小さな原子で、地球上に存在する原子の中で最も小さいと言われております。

このため、水素分子が多く含まれていればいるほど、体内で生成される活性水素の量も多くなるため、水素水を選ぶにあたっては、濃度に着目することが大切です。

水素水は、多くの病気の原因となる「活性酸素」そのものを軽減できるかもしれないと言われているからです。



 

サイトマップ