ネクタイピン ポールスミスの最新通販情報。

ネクタイピン ポールスミスに関する通販商品をご紹介しています。



TOPページ | 前のページ | 次のページ

ポールスミス/Paul Smith/ タイピン/タイバー/TIE PIN BORD LOGO /レッド×シルバー レッド系amxxtpin borde r メンズ【2015年春夏新作】

価格: 8,500円 レビュー評価:5.0 レビュー数:1
BRANDポールスミス/Paul SmithITEMタイピン/タイバー/TIE PIN BORD LOGOItem No.amxxtpin-borde-rColorレッド系 (COL:RED)    ポールスミス/Paul Smithタイピン/タイバーTIE PIN BORD LOGOレッド×シルバー/レッド系ビジネスにもワンポイントが大事ポールスミスのロゴが入ったアイコニックなデザイン。カジュアルなジャケットにはもちろん、ビジネススーツのワンポイントにしても違和感なく、洒落っ気たっぷりなアクセントとして効果的です。【色・柄】クロームシルバーのボディに、エナメルレッドがアクセントになっています。【素材・風合い】磨き上げられたブラスと、カラーのエナメルプレートを採用しています。性別仕様全長=約5.2cm幅=約6mm素材83%ブラス17%エナメルプレート
(更新日時:2015/11/10 14:16)

ポールスミス タイバー paul smith ネクタイピン タイピン プレゼント おしゃれ メンズ ブランド 144534 250 690 パープル

価格: 28,900円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
【PAUL SMITH COLLECTION】ポール・スミス コレクションのタイバー。エポキシ樹脂とジルコニアと溝で描いたドット柄。側面の緩やかなカーブは、こだわりのデザイン。 ■ Paul Smith COLLECTION ■ 日本限定のプレステージライン。ハイクオリティ、ハンドメイドフィーリング、アーティスティックフィーリングの3つのコンセプトを体現するラグジュアリーなメンズウェア。発足当初はメインラインより更に上質な服を提供するイタリア製中心のラインとして限られた店舗で展開されていた。日本においても当初はイタリア製中心であったが、現在は日本製中心で日本限定での展開となっている。 Gift Wrapping ☆無料と有料の2種類から選べます☆ 『フリーラッピング』・・・ギフトバッグ+リボンのシンプルな無料ラッピング 『プレミアムラッピング』・・・ラッピングコーディネーターの有資格者によ
(更新日時:2015/11/10 14:16)

ポールスミス 財布 Paul Smith バッグ ポール・スミス 新品 ポール スミス 正規品 タイバー ブラック

価格: 27,100円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
商品説明 ポール・スミス コレクションのタイバー。エポキシ樹脂とクリスタルガラスでアーガイル柄を表現。ガラス部分が凸になっており、光を多く取り入れ美しい輝きを放つ。側面の緩やかなカーブは、こだわりのデザイン 素材 真鍮   フェイス部分:真鍮 ガラス エポキシ樹脂 サイズ 長さ 幅 F 5.3cm 0.6cm ブランド Paul Smith ポール・スミス 取扱店 Paris Lounge パリスラウンジ
(更新日時:2015/11/10 14:16)

ポールスミス 財布 Paul Smith バッグ ポール・スミス 新品 ポール スミス 正規品 タイバー パープル

価格: 25,790円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
商品説明 ポール・スミス コレクションのタイバー。エポキシ樹脂と白蝶貝を組み合わせた高度な仕上げ。角の丸みや側面のカーブは、こだわりのデザイン。日本製 素材 真鍮フェイス部分:真鍮 エポキシ樹脂 白蝶貝 サイズ 長さ 幅 F 5.5cm 0.5cm ブランド Paul Smith ポール・スミス 取扱店 Momoco  モモコ
(更新日時:2015/11/10 14:16)

ポールスミス 財布 Paul Smith バッグ ポール・スミス 新品 ポール スミス 正規品 タイバー 001

価格: 10,400円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
商品説明 凹凸でストライプを表現したタイバー。レーザーで表面を削り、効果的な溝を打ち込んで仕上げています。掘り込まれたパターンは、光沢の変化で高級感をプラスします。日本製 素材 真鍮 サイズ 長さ5.2cm 幅0.5cm ブランド Paul Smith ポール・スミス 取扱店 Momoco  モモコ
(更新日時:2015/11/10 14:16)

Supported by 楽天ウェブサービス

TOPページ | 前のページ | 次のページ