地球の走り方:東南アジア6ヶ国走り旅





武藤 翔峰   平成26年5月17日





平成26年2月24日(月)から3月25日(月)まで1ヶ月、寒い日本から脱出し、暖かい南国で1ヶ月過ごしたいと考え、東南アジア6ヶ国を一人旅で訪れてきました。

東南アジアは乾季のこの時期、雨は一滴も降らず毎日35度以上の乾燥した猛暑が続いています。一方雨季には毎日大量の雨が雨が続き洪水になるそうです。大気は汚染し空気は汚く、水もまた汚くて飲めません。そして道路にはゴミが溢れ返り、野良犬が歩き回っています。貧しい人々はこのような劣悪な環境の中、物売り、物乞い、タクシーやトウクトウク、馬車のドライバーなどで必死に生きるため懸命に働いています。

特に私が滞在した1泊800円〜1400円の安宿の周辺には、汚い身なりで裸足で歩く子供たちも学校にも行かず懸命に働いている姿を見ました。豪華なホテルに泊まるパッケージツアーでは絶対に近づかない危険地帯ですが、私は毎日このような貧しい人たちの実際の姿に接してきました。

それに引き換え、四季が規則正しく訪れる日本は、空気もきれい、水も飲める、ゴミは定期的に回収してくれる、そして何よりも豊かで平和で暮らしやすく、世界最高の国だと気づきました。それが今まで当たり前だと思っていた日本での生活が、東南アジアの人々にとっては天国のような生活なのです。

病気になって健康の有難さを知るように、東南アジアの貧しい人々の生活にじかに触れてみて、改めて日本の素晴らしさを再認識しました。
毎日の愛犬との散歩、庭や家庭菜園の手入れ、気持ちの良いジョギング、家族との何気ない会話など、普段の生活の中にこそ最高の幸せがあることを知りました。

普段のこの何気ない生活の中の最高の幸せ以外に、これ以上の何か特別の贅沢を求めることは東南アジアの貧しい人々に対し、申し訳が立ちません。
その思いをユニセフ協会などに寄付して、このような人たちの暮らしが少しでも楽になるよう、今後は自分自身の愚かさを戒めていきたいと本当に感じました。

使い残した現地通貨(ベトナムドン、カンボジアクエル、タイバーツ、ラオスキップ、ミャンマーチャット、マレーシアリンギッドなど)があったので、空港のドネステーションボックス(寄付箱)に寄付してきました。これで少しは、気持ちは晴れました。

ベトナム、カンボジア、タイ、ラオス、ミャンマー、マレーシアなど世界遺産に代表される観光地は素晴らしいところでしたが、一方で、このような貧しい人たちとの触れ合いで得られたこの思いをこれからも大切にして生きて行きたいと思います。


以下、10,000枚以上写した写真の中から厳選した写真とその紀行文です。









カ ン ボ ジ ア 編





ベトナム編
タイ、ラオス編
ミャンマー、マレーシア












3月3日(月) 晴れ
3月4日(火) 晴れ
3月5日(水) 晴れ
3月6日(木) 晴れ
3月7日(金) 晴れ









3月3日(月) 晴れ

バスは予定通りホーチミンに着いたが、場所は聞いていたところとは違う公園の横に着く。そこから歩いてゲストハウスに向かう。コーヒー1$、ホー350円を頼み朝食をとる。今日着くプノンペンのゲストハウスにメールを送り、予定通り着くと連絡。
9時半に集合場所のTNTトラベルオフィスに荷物をピックアップして行く。
ホーチミン10:00 → プノンペン16:00 13$ のバスに乗車。国境へは12:20に着く。パスポートを預け荷物を全部持って下車。ベトナム出国は何もなし。スタンプ押すだけ、入局保留にされた入国時とはえらい違いだ。カンボジア入国も簡単であらかじめ e-Visa のプリントアウトを見せ通過、別の建物で入国スタンプを押してもらう。乗ってきたバスが近くに停まっており、手続きが済んだ人から乗車して全員揃ったところでプノンペンに向け出発、予定通り16時過ぎに到着。トクトクと交渉し、200円でゲストハウス:Okay Guesthouse Phnom Penhまで送ってもらう。3328円(2泊)で予約済み。

ベトナムから無事国境を越え、カンボジアにやって来た。
カンボジアの首都、プノンペン、今からつい35年ほど前に、”カンボジア大虐殺”と言われるポルポト政権による大虐殺の行われたところだ。
今なお、プノンペンに暮らしている人たちも貧しい。足を失った人が這いずりながら道路を渡っている。
800万の国民のうち、300万が虐殺されたという。このような悲劇を目の当たりにして、のどかな平和な日本に帰ると、このような人たちのためにも、前向きに、強く生きなければ・・・・・と考えてしまう。

カンボジアの首都、プノンペンは、1975年のポル・ポトの政策により人々は地方への移住を強要され、町は無人化して荒廃。続く内紛などで次第に廃墟と化していったが、1993年に新生カンボジアが誕生すると、シアヌーク殿下が王位についてプノンペンに帰還。以来、町は再建に向かい、町の中心部は清潔で美しくなった。特に、独立記念塔が立つあたりは公園になっており散策に最適。

夕方だったので、近所を散歩し明日の1日市内観光ツアーに備える。