ホーム > 創作品 > 政治屋の興信 > ゲーム開始パターン


政治屋の興信のバナー画像

◎ ゲーム開始パターン


どうも、「政治屋の興信」のゲームデザインを務めさせて頂きました日本ア太郎です。
ここでは、このゲームのルール紹介を既にお読みになった方を対象に、ゲーム開始パターンについて説明させて頂こうと思います。

1.場カードの並べ方

ゲームは、数枚の場カードをテーブル上に並べて始まるということは先に述べた通りですが、5枚(裏表10種)の場カードの並べ方としては、例えば下記のようなパターンが考えられます。


4枚使用時

主に2〜3人プレイ用。




5枚使用時

主に3〜4人プレイ用。





上記以外にも並べられますのでお好みでどうぞ。これらのパターンに10種の場カードを任意に当てはめることで、さまざまな感触でプレイを楽しめます。

下記のようにカードそれぞれの向きは上下逆に置いても構わないので、物凄いパターンの初期配置があり得ます。

なお、ゲームがヌルいと感じる場合は、(10)のカードを多めにしたり多くのカードに接する要所に配置するとよいでしょう。逆にキツいと感じる場合は、(20)のカードを多めにしたり多くのカードに接する要所に配置するとよいでしょう。


2.場カードの種類

これまでは、ハトマークとタカマークのみの場カードで例示してきましたが、実は場カードには、ゲームに慣れたプレイヤー向けに、2種類だけ別のマークを持つものが存在します。

コウモリマーク フクロウマーク

裏切りの象徴コウモリは、政治家の思惑を覆し、ゲームに更なる緊張感をもたらします。

ゲーム終了時、コウモリマークに接する位置に置かれていた国カードの国は、点数計算で通常とは逆にハトマークをマイナスに、タカマークをプラスに数えます。マイナスだと思っていた国が一気にプラスに転じたりするので、どの国が接したままゲームが終了するのか気が抜けません。最初の方で周囲を合計値ぎりぎりで固めてしまうのもひとつの手でしょう。

森の賢者フクロウは、政治家の思惑を丸裸に見抜き、ゲームの思考材料を増やします。

フクロウマークに接する位置に国カードが置かれたタイミングで、それと同じ国の国カードを持っているプレイヤーは全て、それを手元に公開してプレイを続ける必要があります。公開されても手札であることには変わりません。他の国カードが改めてフクロウマークに接したら、公開していた国カードを非公開に戻して、新たに接した国の国カードを公開し直します。他のプレイヤーの思惑を探りたい時、何度も上書きして手札を測りきるのもありでしょう。


以上、「政治屋の興信」は、ゲーム開始のパターンによって、さまざまな展開が期待できることがおわかり頂けたのではないでしょうか?


< 戻る


●公開日 : 12/10/21  ●推奨 : IE7.0/SVGA/HighColor以上  ●著作権保持 : © 2012 もみあゲームズ