ホーム > 創作品 > 雀国志遊戯 > セールスポイント


雀国志遊戯のバナー画像

◎ セールスポイント


 どうも、「雀国志遊戯」のゲームデザインを務めさせて頂きました日本ア太郎です。
ここでは、いくつかに分けて、このゲームの主な特色を説明させて頂こうと思います。

1.美麗で多彩なカード群

6色11枚ずつの武将カードに加え、随伴カードや名馬カードなど、三国志の魅力的なキャラクターをイラストレーター折笠由香利の手により完全描き下ろし。その一部をここに紹介しましょう。

曹操 郭嘉 程昱 夏侯淵 夏侯惇 典韋 許褚 徐晃 荀攸 荀彧 司馬懿
袁紹 盧植 逢紀 審配 公孫瓚 趙雲 文醜 顔良 張郃 沮授 田豊

2.手札3枚からのスタート

麻雀と違い、牌の代わりのカードは3枚からのスタート。ゲーム毎にランダムに公開される組み合わせの中から、覇業を共にしてゆく3枚を選びましょう。
 ゲームが始まっても序盤は手札枚数が少ないため、初心者でも何が必要で何がいらないかを悩む範囲は多くありません。サクサク進行できるでしょう。
 そして最少5枚から最大何枚ででもあがれるので、自分の目指すあがり手の規模に応じて手札を増やして行くことになります。手札が増えればあがり手がパワフルになる反面、あがるまでが遠い道のりとなるのも国家の経営と同じ。ほどよいところを狙うのが勝利の秘訣です!


3.アクションポイント制の手番行動

自分の手番にできる行動は、ドイツゲーム風にアクションポイント制に整理しました。
 例えば、山札から牌カードを引いて手札に加えるのも、手札から牌カードを捨てる(このゲームでは”地方に派遣する”と言います)のも、同じ1ポイント消費。アクションポイントは毎回2ポイントあるので、2枚引いたり、1枚引いて1枚捨てたり、2枚捨てるのも選択次第。
 他にも何種類かのアクションがあって、単に引いて捨てるだけでない、あなたの戦略に応じた行動ができます。


4.捨て札を置く場所によってあがり手の点数が決まる

麻雀のようにあらかじめ決まったいくつもの役を覚えておいてそれを目指す必要はなく、牌カードを手札から捨てる場所(このゲームでは「漢中」「司隷」「河北」「河南」「荊州」「江東」の6種類の地方がそれにあたります)によって、手札にあるその地方が示す色の牌カード1枚ごとの点数が決まります。

例えば、あなたが「漢中」に3枚のカードを捨てていれば(派遣していれば)、あなたの手札の茶色のカードは、あがった場合、1枚につき3点となります。
 これにより、自分の手札に来た牌カードに応じて、どの地方に多く牌を捨てるか(派遣するか)を考え、あがり手の点数を高めていくことができるわけです。
 役を覚えなくても、あがり手作りの楽しみが味わえつつ麻雀の醍醐味である大物手による一発逆転や早あがりによる逃げ切りなども十分に狙える秀逸なシステムとなっております。
 点数計算も上記のように麻雀より格段に簡単で、複雑な計算を覚える必要がありません。


5.捨て札を置く条件のジレンマ

もちろん無条件でどの地方にでも牌カードを捨てる(人物を派遣する)ことができるわけではありません。
 いったん牌カードを捨てた地方には、それ以降、その牌カードと同色かつ、カードの数字が昇順(だんだん大きくなる)もしくは降順(だんだん小さくなる)になるような順番にしか捨てることができません(ゲーマー向けに言えば、ロストシティやケルトのギミックに近いです)。これにより、どこまで堪えてからどの地方に誰を派遣していくかのジレンマが生まれます。
 麻雀に似て、1や9などの端の数字のカード(猛将が当てられています)を先遣隊として派遣し、4~6などの中央寄りの数字のカード(頭脳派の人物があてられています)は手札にかかえて国家経営の屋台骨とするのが無難ですが、カードの引きや相手の出方次第によっては違った戦法も当然のようにまた真なりです。
 あなたの勢力が最大になれるよう、効率よく派遣しましょう!


6.特殊なカード

麻雀には字牌という使いにくいが集めると点数の高い牌がありますが、このゲームでも同様の効能を持つカードが「酒」「米」などとして存在します。これらは手札として使うには同じものを集めるしかありませんが、地方に送ることによって先述の”地方に置く条件”を緩和するという使い方もできます(米や酒が間に入ると違う色のカードでも置けるようになる)。
 また、人物の牌カードは1つの数字と1つの色を持っているのが基本ですが、中には複数の数字を持っていたり、複数の色を持っていたりするカードも存在します。持つ要素のうちのいずれかの扱いで使える便利なカードですが、逆に使いにくい場面もありますので集めすぎに注意しましょう。
 他にも、1枚で1面子扱いとなり早あがりに適している名馬カードも頼りになる貴重な戦力です。
 三国志の雰囲気を生かしつつゲームに溶け込むそれらのカードも活用し、手牌集めのロマンを楽しんでください。

小喬 諸葛亮 許攸 酒 的盧 米 甘寧 陳宮 大喬

以上のように、「雀国志遊戯」は、麻雀において不必要なほど煩雑な要素をシェイプアップしただけでなく、手札と捨て札両方のマネジメントが要求されるようになったりと、簡単でいて歯ごたえのあるゲームとなっています。初心者からベテランまで、満足していただけると思います。


< 戻る


●公開日 : 10/04/24  ●推奨 : IE7.0/SVGA/HighColor以上  ●著作権保持 : © 2010 もみあゲームズ