ホーム > 創作品 > 雀国志遊戯 > ルール抄訳


雀国志遊戯のバナー画像

◎ ルール抄訳


どうも、「雀国志遊戯」のゲームデザインを務めさせて頂きました日本ア太郎です。
ここでは、このゲームのルールの骨子を説明させて頂こうと思います。

基本的にゲーム中にめざすところは、手札に麻雀で言うところの3面子1雀頭以上を作ってあがることです。
麻雀を知らない方のために具体的に言うと、3枚1組のカードセット3つ以上と、2枚1組のカードペア1つを作るという事になります。

3枚1組のカードセットというのは例えば、

という同色の続き連番3枚だったり、

という異なる色の同じ数字3枚だったりです。


そして2枚1組のカードペアというのは、

という異なる色の同じ数字2枚です。


つまり例えば、

牌カードセット
牌カードセット
牌カードセット
牌カードペア

のようなカード群を集めれば、カードセット3つ以上とカードペア1つという条件を満たすので、あがれるということになります(最後の1枚は自分で集めなくても相手が出したものでもあがれます)。


他にも、

牌カードセット
牌カードセット
牌カードセット
牌カードペア


牌カードセット
牌カードペア
牌カードセット
牌カードセット

などの状況でもあがれますから、同じような手札からでも、様々な可能性があることを、念頭に置いておいてください。

それらを踏まえ、以下では手番でできるアクションについて、簡単に説明していきましょう。

アクションは毎手番、2ポイントあるアクションポイントを消費して、5種類のうちから最低1アクション行います。



1.「仕官を受け入れる」(消費アクションポイント1)

山札から牌カードを1枚引いて、手持ちの手札に加えます。最も基本的なアクションであり、序盤から終盤まで重宝するでしょう。消費アクションポイントが1なので、毎手番2回行うことができますが、手持ちの手札は10枚が上限であることに注意してください。


2.「人材を迎え入れる」(消費アクションポイント2)

山札ではなく、場に1枚だけ表向きで置かれている場札を取って、手持ちの手札に加えます。表向きなので、必要な札なのかどうかが獲得する前にわかります。確実に必要な札のみ手に入れることができるので、消費アクションポイントは「仕官を受け入れる」より多いですが、場札として出ているカードであがれるように手札を調整し、確実にあがる等のプレイングも有効でしょう。


3.「派遣する」(消費アクションポイント1)

麻雀で言うと牌を1枚捨てる行為にあたりますが、このゲームでは手札の点数をあげるための行為を兼ねていますので不用意に捨てるわけには行きません。手札にいらないカードは、「漢中」「司隷」「河北」「河南」「荊州」「江東」のいずれかの地方を選んで置いていくことになります。そうすることで、いずれあがったとき、あがり手として手札に残っているのカードが、1枚につきそれぞれ「漢中」「司隷」「河北」「河南」「荊州」「江東」に出してあるカードの枚数分の点数になります。ですから基本的には手札に多く残りそうな色に対応する地方に、多くのカードを出していくのが有効です。

【例】
茶色に対応する地方である
「漢中」に、左記のように3枚
のカードを派遣していた場合、
あがったときに手札にある
茶色のカードは1枚につき
3点になります。
つまり茶色のカードが上記のように4枚
あがり手札にあれば、3点×4枚で12点です。

ただし各地方には、既に出してあるカードの色と同じ色かつ数字が昇順か降順になるカードしか出せませんので、カードを出す順番もよくよく考えましょう。麻雀同様に端の数字(猛将)から出して行くのが順当ですが、狙いの手によってはそうとも言い切れないのがまた奥深さです。


4.「野に放つ」(消費アクションポイント2)

あなたの地方にある一番前のカードもしくは手札から1枚選んで、場札の上に重ねます。主にこれは、手札に不要で地方にも条件に合わず派遣できない、にっちもさっちもいかなくなったカードの処分方法です。点数も増えず消費アクションポイントも2なので、できるだけ行う事態には陥らないように進めましょう。

ただし、いったん地方に派遣してしまったカードが、やっぱり手札に必要になった場合に、それを再度手札に持ってくるための方策としても利用できます(そのカードをいったん「野に放つ」して、次の手番で「人材を向かえ入れる」する)。それを防ぐために他のプレイヤーはさらに「野に放つ」して場札にカードを重ねてしまうという戦法も考慮に値するかも知れません。相手が「野に放つ」を行った場合は、単に手詰まりなのか、何か策があるのか、騙されないように他の見えているカードで賢く状況判断しましょう。


5.「名を轟かす」(消費アクションポイント2)

手持ちの手札から1枚を、目の前にオープンします。オープンしたカードは依然として手札として扱います。何のためにオープンするかと言うと、基本的には下記のようなメリットがあります。

また、手札の内容を変えずに手番を終えれらるということがメリットになる場面もあるでしょう。もちろんオープンすればするほど自分の手札状況が相手に推測されやすくなるというデメリットもありますので、ブラフも含め、損得勘定は慎重に。


雀国志遊戯」では、基本的に以上のアクションを手番ごとに繰り返すことで進行します。シンプルながらも多彩な戦略が楽しめることが伺えると思います。また、麻雀より融通が利いて、2人や3人でも問題なく楽しめますので、是非遊んでみてください。


< 戻る


●公開日 : 10/05/16  ●推奨 : IE7.0/SVGA/HighColor以上  ●著作権保持 : © 2010 もみあゲームズ