Q&A≫褐色矮星Tekomaの状況

13/09/02

第二の太陽

褐色矮星タコマ(Tekoma)の状況


褐色矮星Takoma(タコマ):

太陽系のシステムはバイナリー(二重構造)になるようです。これは宇宙の進化の過程で4次元移行へ入るための準備です。新しい小型太陽(小豆のサイズに見える)が我が太陽系内の金星の近くに追加配置される。

惑星Nihohia(ニホヒア):

ブルーとピンク色で、海王星と同じくらいの大きさです。その星は大変に美しいカラーで、陸地の地下には、 Nihohia人(白人系50%とインド系50%)が住んているようです。

このような天体ファミリーがどうしてこの太陽系に来たのかという理由ですが、Takomaもその惑星であるNihohiaも、4次元界へのシフトの波に我々太陽系ファミリーと共に変容する準備ができたためです。これも大きな宇宙の進化計画の一環のようです。

この Takoma恒星を宇宙から太陽系へ移動時、 宇宙スペースの浄化・先導を果たしたのが当時話題になった、あのELININ(エリニン)惑星だったようです。ELININ(エリニン)の先端には、テトラヒドロンの形をした特殊なエネルギーフォースが作られ、他の宇宙生命体から破壊されないよう特別の防御エネルギー膜を持って進んできまし た。宇宙空間で「露払い役」を果たしたELININは、金星(木星?)へTakomaを誘導したあと、元の軌道で宇宙へ戻って行きました。

(2012年)
[Q]:トレック
[A]:アンドロメダ評議会指揮官


[Q]


第二の太陽になる褐色矮星タコマ(Tekoma)の状況は現在どうなっている?



[A]


2012年3月の時点で、褐色矮星タコマTekomaとその随伴惑星ニホヒアNihohiaとその月は、いまだ木星の裏側でその63個の月群と共に安全に停留している。そこは当分の間居やすい場所であり、適切な時期まで一時的にドックインしている、その時とは地球の人々にとって最も安全であり、アンドロメダ評議会のバイオスフィアーと一緒に、皆さんにわかり易い用語でいうと“トラクター光線”を安全に使用しTeckoma、Nihohiaとその月を金星の傍の新しい軌道に移動させる時までです。

銀河の赤道面ゾーン地域へ移動し続けるとともに、そのエリアの中心のブラックホールからの磁気エネルギーがあなたがた地球に既に影響を及ぼし、地球が属する太陽系が翻弄される効果がある為に、褐色惑星Tekomaと随伴惑星Nihohiaが到着し、あなたの惑星上の壊滅的な大陸移動や火山活動の可能性を可能な限り低減させる為に我々のバイオスフィアーでもってかなり遅らせている。レプティリアンの地下・海底基地を排除したように、惑星地球が可能な限り安全であることを我々は最優先にしています。即ち貴方の惑星への損害の危険を減らすために、これらの天体も含め可能な限りゆっくりと進める必要があります・・・我々ができる限りです。

いつ貴方がたの太陽系に到着するかはっきりとわかりません。でも、TekomaとNihihiaが貴方がたの太陽系にやってくることはわかってます。その時機が正しい時に到着します。

そして、Tekomaは新しいより小さく輝く第二の太陽となり、その随伴惑星Nihohiaは貴方がたの太陽系にとって新しい惑星として加わります。貴方がたは温かく、平和的で、友好的な新しい隣人を持つことになります。

褐色矮星のTekomaは天王星とほぼ同じ大きさ(土星x0.44)で、地球上の空に最初にみえる時はアメリカの25セントコインの大きさで、冥王星とほぼ同じ大きさ(月x 0.7)のNihohiaはアメリカの10セントコインぐらいで顕れるでしょう。Tekomaが最終的に金星の近くの軌道に定まるとそれは新品の鉛筆の頭にある消しゴムのように見え、Nihohiaはその直ぐ隣に点のように見えるでしょう。そして、そう、これらの新しい天体が到着し貴方がたの空に見え始める約3〜4日前にはアンドロメダ評議会のウェブサイトに発表がされるでしょう。




アンドロメダ評議会 Q&A



ページ先頭