宇宙母船バイオスフィア−  13/12/27


宇宙母船バイオスフィア−

母船 BioSphereについて

アンドロメダ評議会所有の母船BioSphereは 12あります。
Centoria (防衛)/Sarsta (エンジニアリング)/Viera (天の川銀河の通信形態の調査分析)/および Pontae(ポンタ?)/Testsol(テストソル)/Mantrael(マントラエル)/Mika(ミカ)/Andora(アンドラ)/Wandeki(ワンデキ)

サースタ母船 Sarsta(大きさは金星とほぼ同じ)では、エンジニアリング、様々な物質の創造、工学技術の開発、浄化された空気、純粋な水、家の建設などの他、スペースシップ(母船や種々な大きさの宇宙船)を作っています。 『地球が完全に浄化され、純粋な4D次元の生命活動が始まったら、必要な スペースクラフトを地球の人達のために準備することはできます。』 と評議会ではサポート体制を考案しています。

ヴィアラ母船 Viera(火星とほぼ同じサイズ)では、特に天の川銀河(Milky Way)の中にある恒星と惑星を担当し、天の川銀河内に存在する多くの惑星の生命(惑星人)の進化度をモニター、調査し、かつ成長過程を分析しています。例えば、ある惑星内での生命体が、どのような方法の手段でお互いがコミュニケーションを行っているかということ。テレパシー、言葉(音声)、聴覚など、どのような意思疎通手段をつかっているかなどです。この母船は多次元的な存在で、天の川と惑星だけでなく、他の銀河へ移行できる機能もあります。

最も大きな母船は木星の大きさ。そこはいわゆる全体を統括する母船で、評議会メンバーの惑星会議、小委員会による討議と審議、そのほか各種の審議などが行われています。

※2012年3月8日に60時間ほど、太陽の近くに滞在し、太陽のプラズマ・エネルギーを補給している地球より大きな巨大な宇宙母船(?)の映像が公開されています。


太陽周辺に出現する巨大なUFOを発見



ページ先頭