アンドロメダグレイの謀略 T

14/01/17

「神事大観  齋藤民雄」 さんのサイトより転載 http://tamioblog.seesaa.net/
とても詳しい内容です。アレックス・コリアー氏の会話と合わせて、ご覧いただくと更に解りやすいと思います。

↓ここから転載記事 


アンドロメダからの手紙

グレイの謀略 I

ANDROMEADAN SUPPORT

悪魔に傅く暗黒政府の悪行

ケネディの暗殺と聖骸布の謎

ファティマはグレイのホログラフィー

偽キリストの再来を計画

(クローン、ホログラフィー)

人口削減と人工的ポールシフト

Feb 1997 Alex Collier
グレイが、最初に世界の政府に接触したのは、1933年にドイツに接触したときである。 しかしこれは却下された。 ドイツはすでにギザの知性に関わっていた。



人間の地球外生命体の背任のグループは、エジプトのギザ大地の下にヘッドコーターがある。彼らの多くは、プレアデスです。 かれらは自分自身のことをやっています。 アシュター、コミガル、エホバですらグループの一部です。 彼らは、ここに来て我々とともに神を演じてきました。人間は、彼らを崇拝してきました。なぜなら自分の力を示す技術を持っていたからです。


プレアデス人(by Billy Meiyer)



エロヒム− ヤハウエ


1930年代に、ドイツはギザの知性とコンタクトしていたので、ロケットを作り宇宙計画を始めていました。しかし、ドイツ政府自体は、宇宙人の侵略があることを心配していたので、開発された技術は、兵器開発に使われた。ギザの知性は、ドイツ政府に、グレイが侵略すると言いました、が実際は起きませんでした。音響装置、レーザー、中性子爆弾、粒子ビーム兵器、その他、などが設計されました。歴史的には、実際の製作はずっとあなりました。ギザの知性がドイツにいろいろ教えました。例えば、反重力とか、フリーエネルギーとか。

米国は、グレイとして知られる宇宙人種に門戸を開きました。1934年にワシントンで、1回のコンタクトがありました。正式には、米国政府の役人と接触がなされたのは、1947年です。最初の面談は、円盤の砲撃によるついらくであった。即ち、ロズウエル事件についてであった。これで’予定より早くコンタクトが始まった。



ロズウエルの墜落があった後、米、ソ連、イギリスの最高レベルで、連携がはじまった。だれも本当にドイツがそこまでいっているとは思わなかった。ドイツは、極めて非常に、ギザ知性のことは秘密にしていた。ロズウエル事件は、地球を守るために緊急に宇宙船を作らなければならないことになった。米国と、ソ連は、宇宙人の存在は、技術があまりに優れているので、脅威とがんがえた。しかし、グレイは、そのやり方から、背任的やり方でいつも政府の裏口から接触した。真の宇宙プログラムも、地下基地のプログラムも元は、ローマクラブが資金を提供した。ご自分で調べれば、誰がそのメンバーか驚くでしょう。月の話をするときにもっと議論します。 


Gray in Area 51 who killed miilions of Human


その前に、1850年から1950年の100年にグレイによって人間と牛の実験がなされました。1950年に構築されたNSAは、グレイがやったことを突き止めました。



1952年に、米政府は、軍のレーダーシステムが彼らの円盤を墜落させたとき、宇宙人とのコンタクトが必要であることを意識しました。 グレイは、自らの人種の生存の為、大規模な実験が必要で、大きな規模の政治的接触が必要なことがわかっていた。選別された政治体として、米国政府の中に、グレイと人間の間のリエゾンが秘密裏に作られた。軍は、進んだ技術を資源と引き換えに入手することを熱望した。この、リエゾン即ち、政治体は、NSA、超機密のNational Security Agencyである。この組織の主な目的は、宇宙人の’研究である。

1964年の5月、ホリマン空軍基地で、米国政府は、グレイ宇宙人と正式な契約書を交わした。この契約書の条項として、反重力、精神、合金、フリーエネルギー、人間の体の医療応用に関する技術交換である。全てのグレイは、見返りとして、人間の感情的意識的作為法と、地球生存の方法に関する人間の研究である。この宇宙人との契約を行ったことは、人間の歴史の中でもっとも顕著なことであった。なぜなら、宇宙人種への使用人としての準備ができてないので人間には脅威だということだ。



本質的に、このことが、アンドロメダ評議会と、関連した慈悲深い宇宙人が地球の進化をより積極的に行うことに介入することに、手錠をかけてしまったということです。このことは、人間が自ら個人の力でアセンションをしないといけないということです。この条約が、宇宙人と、政府そのものである、NSAの“ULTRA”部門と契約したことで、外部からのアセンションへの援助ができなくなりました。我々(アンドロメダ)が先にやっておけばよかった。いま、注意を喚起したい。私はこのことを始めて述べる。 

契約の原本は、NSAの、ニューメキシコ州のカークランド空軍基地(Kirkland Air Force Base)のBlue Moonという施設で発見できるでしょう。 現在、宇宙、月、火星で使えるフリーエネルギー部品の建設が進行中です。宇宙人の技術の多くは、再現され、連結トンネルによって、ロス アラモス と、ロス アラモス峡谷のクリフ側の地下の場所に運ばれています。そこには、巨大な金庫が地球の中に建設されています。この施設は、2万9千平方フィートです。そこには、光、思考と純粋なエネルギーの研究所がある。

この施設には、秘密の黒政府によって捕獲された宇宙人の監獄もある。宇宙人と黒政府を援助している会社はスタンダードオイル、ロッキード、ノースロップ、マクドナルド ダグラス、AT&T,IT&T、A.A、マシューズ コンストラクション カンパニー、ロビンス カンパニー、ユタ マイニング カンパニー等数え切れない。

NSAは、自ら法を設定したものでなければ、いかなる法律にも従わなくて良い。これは、宇宙人とのかかわりから、米の憲法にも従わなくて良いし、米国人の公民権に違反しても良い。言い方を変えれば、どんな法を犯しても良いし、どんな人を傷つけても良い。貴方がこの組織を運営している税金を払っているとしても、彼らは、完全に独立している。また、NSAは、宇宙人の技術を開発し、人間をコントロールするための秘密のお金を、非常に多く持っている。何でもできる身分である。CIAですら、NSAのウルトラや、ブルームーン部門のことは、わからない。


いまや、グレイは、単体だけから派生した遺伝子操作の人造人間でないことはわかった。地球外生命のほとんどは、遺伝子操作の人造人間である。なぜなら、彼らは生命体を金や銀に比べられない貴重なものと考えるからである。遺伝子操作の生命体や物が彼らの富である。

ここでは、地球と、火星の月のフォボスでは、グレイによって、非常に多くの遺伝子儀実や実験が行われている。彼らは、彼らが自らの民族を再構築できる新しい生命体を作れるための、DNAと、クリーンな遺伝子の貯蔵をするための策謀をもっている。現時点では、男性よりも、女性が家計の血統をついでいるので、女性の遺伝子に興味をもっている。 多くの人種がこのようにして作られてきた。 

これは今に始まったことではなく、ずっと昔から行われてきていることです。2種の人種の例外を除いて、非常に少ない人種が純粋な貯蔵として残っています。 

アンドロメダ人は、彼らは非常に純粋といっています。 その例外は、アルファ ドラコニス(Alpha Draconis)から来たレプタリアンと、もうひとつは、エロヒム(the Elohim)と呼んでいるのは、リラ(Lyra)から生き残ってきた非常に古い人種です。それ以外の人種は、異なる遺伝子貯蔵の人種の混合か、ハイブリッドです。


DRACONIAN who eats Human


もうひとつのポイントは、グレイ自身が、オリオン帝国から自由になりたいと思っていることです。彼らは、我々と遺伝子を交合するか、新しい人体を作らない限り生き残るチャンスは無いということです。時間は、彼らにとって、どんどん過ぎてゆくし、 我々自身もものすごい勢いで進化してゆきます。スピリチャルの意識レベルでは、我々はドラマチックに進化してゆき、遺伝子は彼らが使えないようになってゆきますがそんな中で彼らは、明日も無いように死んでゆきます。彼らは、そのことを良く知っています。従って彼らのやっていることは間違っていますが、彼ら自身非常に厳しい状況におかれているわけです。

彼らが、我々にやっていることは、彼らが彼らにやってきたことです。これは比較でいっているので、正当化して言っているわけではありません。ところで、いかなる宇宙人も子供を生むときは、地球の環境の外に連れ出します。これは子供が、(記憶を忘れる)ベールを持たないように、自分がだれなのかをきずかせ、転生の歴史を気づかせるためです。 

なぜでしょう。明らかに、もし貴方が地球環境で生まれたりすると、ベールを被せられます。それが地球で生まれる意味の一つです。

グレーのマスターが、現在大活躍している奴隷の人種を作るようにアジェンダを作りました。コントロールするため、使役を提供するため、セックスを提供するため。今これを説明します。

食料供給、戦争、怒り、サイキックエネルギー。遺伝子実験、食料としてのハイブリッド、遺伝子と生物の素材の行動。グレイとそのマスターは、これら、すなわちわれわれのエネルギー、を食べています。例えば、もし二人の人間が戦っていれば、彼らは非常に多くの感情的なネガティブなエネルギーを発生させます。
 
それで、戦争があればいつでも、UFOの活動が起きます。ネガティブエネルギー!それこそまさに彼らが食べているものです。
 
貴方が、貴方の彼氏とか、ワイフとかセックスするとき、慈悲深い気持ちで、同じ場所で、同じときお互いに接触します。 そんな形で、彼らは、ネガティブなエネルギーを発生させることを、セックスのように快感として感じるわけです。恐れのエネルギー、アドレナリンの噴出、若者が戦場で恐怖におののき走り回る、全てのネガティブな感情の観点、これが彼らが渇望することなのです。

彼らは、人間の脳と、魂の能力を非常に研究してきました。多くの人が、グレイにインプラントされています。 
気づいている人も、気づかない人も、この事実を直視しないといけません。

これらのインプラントされた人は、機械化されていて、何かを見せられ、何かをするように訓練されています。
アンドロメダ人によれば、グレイは我々をドラコニアン(マスターの一人)が来たときに、それに対して戦争するように訓練しています。なぜなら、彼らは、我々を兵隊として使うからです。丁度、我々の軍隊が歩兵や海兵隊を送るとき、このようなインプラントされた人は、海岸の最初にいる人です。 

そんな時、グレイは、船のなかで、後部に座ってシャンペンを飲んだり、酒など酌み交わしているわけです。 彼らは、我々の世界を戦場として選んだわけです。

同時に、彼らは地球の新しい所有者としての準備をします。明らかにグレイは、このような試みをします。しかし、不可避的な事実は、アルファ ドラコニスもレプタリアンは、今こちらに向かっています。これは非常に深刻な暗示をもたらします。今、正直言って恐怖を宣伝するためにここにいるわけではないのです。

私はそのことを信じているわけではないのです。

しかし私は、言われたことをいっているのですが、今大事なことは、このことを良く知った上で、

LOVEの空間を作ることです。友人よ。それが最低限のなすべきことです。LOVEの空間を作ることで、グレイ、ドラコニアン、オリオン星人は、このバイブレーションを扱えません。 

彼らは、去らなければなりません。 
そうしなければ、深刻な介入が始まり、ここに、聖書に予言されたような戦争が始まります。 
それは我々を助けることに関してなのです。 
アシュター(ASHTAR)がここに助けに来るということをいっているのです。

紳士淑女の皆さん、そうは’なりませんよ。 
それは別の信心のシステムです。司令官、ハットンはどうですか? 
彼はあなた方を火星に連れて行ってくれるといってますよ。 余計なお世話です。 
だれもそんなとこ行きたくないですよ。 そんなことは起きません。 
あなた方が自らは何もせず、救世主をまっているなら誰もあなた方を助けないとアンドロメダの人が’言っています。

だれがあなた方を円盤に持ち上げにくるんですか?何しに?
 
貴方はいつか再び同じようなことをやるんでしょうね? もし貴方が、自分自身の救世主になれるほど進化していなければ、即ち、あなた自身のメシアに、貴方はあなたの人生を勉強しては来なかったですね。これが、アンドロメダの最も強いメッセージです。自分でやらなければなりません。 

貴方に責任をもてるのは、あなた自身です。

だれも貴方を持ち上げません。
事実、もし彼らが、我々のために介入したとすると、彼らは、ベビーシッターのように面倒は見ないでしょうね。
これは、我々が正さないといけないことです。 

我々は人種として、一種にどのように生き残るか、そのために何をするか一緒に考えねばなりません。
どうやって子供を育てるのでしょう?道徳は? 法律は? 誰かに言われるのではなく、何が我々にベストなのかを考えよう。 

仲間よ! 今まで何もしなかったとしても、いまからしようじゃないか。 

奴隷として生きるよりも人は死を選ぶだろう。それが我々の自然な姿であり、我々の魂を自由にすべきである。 

いま、また論点に来ました。何を選択しますか?

グレイは、現在インプラントした人の脳波を測定しています。彼らはこれを数百年続けています。従って、家族の数世代にわたってインプラントされています。人間のクローンと、その変化種についてはNSAに報告されています。 アンドロメダの情報では、NSAの中でグレイとの最も高いレベルのやりとりに関して、クローン人間と非常に多くのインプラントを焼かれた人の報告があります。クローン人間やインプラント人間は、人間のことはもはや考えていません。


Inplant


彼らは、グレイの心と一体化しています。

彼らは自由意志を失っています。 

彼らはクローンロボットです。

彼らの魂は囚われ、もはやひとの心がわかる人間ではなくなっています。グレイは、自らの人種をクローンして奴隷として扱います。丁度蟻のように。彼らは、同じものを同じ時間に考えます。 

彼らの心は、ラジオのようです。もしラジオの波動がなければ、何もしません。 

彼らは、ラジオのような波動を放送するコンピューターを持っています。

仕事が何かと指示し、何を遂行するかを指示します。

彼らのグループの心を示すコンピューターが、遮断されれば、もはや自分で何をしていいか分からなくなります。

彼らは、我々のように作りたくとも、我々のように個人的な知性はありません。グレイは、我々が自分自身の考えで、我々が神というものを考慮します。彼らには、スピリチャル的本質はまったくありません。随分昔に彼らの物理的存在と個性は、純粋なエゴになりました。ドラコニアンは、純粋なエゴです。同様に、ドラコニアンにとって換わられた人種は、自らの本質から分離されています。

続き⇒グレイの謀略 U



アンドロメダからの手紙
http://www.bibliotecapleyades.net/andromeda/lfa/lfa.html

グレイの謀略 I
http://www.bibliotecapleyades.net/andromeda/lfa/v3n1grey.html


ページ先頭


−搭載元−
神事大観