つぶやき                                                   



 HP top  国中(くんなか)・俳句  真空管アンプ  カメラ・写真  つぶやき  Link

       

              
           
           
  2016-03-01   関西電力 

事象ではない事故だ!
  22日
高浜原発4号機で放射性物質を含む水が漏れたトラブル
「弁のボルト1本に緩みがあったのが原因」と発表

29日午後2時
高浜原発4号機で、発電開始の作業を始めた直後に発電機が止まるトラブルで、原子炉が緊急停止
主変圧器と発電機内部の故障を伝える警報と、電圧測定用の変圧器で異常

   
  2016-02-26   関西電力 原子力発電 再稼働   日本の愚かなエネルギ−政策が復活!

 1月29日午後5時
高浜原発3号機(福井県高浜町)
MOX燃料プルトニウムとウランの混合酸化物)
九州電力 川内原発 1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)に続き2カ所3基目の再稼働

2月25日午後5時
高浜原発4号機(福井県高浜町)
MOX燃料プルトニウムとウランの混合酸化物)

   
          
  2016-02-12   大きな節目   「まほろばの自由時間」のHP、カメラ・写真の分野で新たに「紙技」と「色温度」を書き込んだ。
最近、断捨離と終活を意識して動いている。

   
  2014-04-06   新たなスタート   『まほろばの自由時間』 は1年以上も書き込まない状態が続き、HPビルダーの操作法が心許ないが、なんとかHPの更新ができそうだ!まだまだボケていないようだ!これからは、ブログとは少し違った内容も書き込んでみたい。

   
  2013-02-23    (原発事故)子ども・被災者支援法     『子ども・被災者支援法』・・・・・・公式には、”東京電力原子力事故により被災した子どもをはじめとする住民等の生活を守り支えるための被災者の生活支援等に関する施策の推進に関する法律” というとても長い名称で、この支援法を読めば、事故に関わる問題などが速やかに解決し、悩める国民など存在しないかのような充実した内容なのだ!
この支援法が、既に2012年(平成24年)6月21日に国会で成立している。

 法律ができれば活動予算がつくはずなのだが、基本方針が定まらないことを理由に予算が計上されていない。具体的な施策実現を求め、困り果てた福島や関東からの自主避難者らは、政府に申し入れを行って、2013年2月20日(水)参議院議員会館講堂で緊急院内集会が開かれた。

 この集会での行政側の問題点
  ☆「現在の福島の空間線量について知っている方は」という問いに対し、挙手した省庁職員は14人中2人
  ☆「チェルノブイリのデータと比較しても、福島でのセシウムによる健康被害は問題がない」と回答

 被災地の住民の現状を無視したかのような数字一辺倒の姿勢、この支援法の存在を知っているのだろうか?!当然、会場からは非難の声が上がった。

--------------------------------------------------

 福島には、36万人の子供がいる。事故から4年間で検診を行う予定であるが、下記の検診ペースで、本当に終わるのだろうか?疑わしい!
さらに、この”4年間”は、「4年たたないと小児甲状腺がんが出ない」というチェルノブイリのデータからきているのだろうか?


2011年(平成23年)3月11日 福島第一原発事故 発生  
事故発生7ヶ月後に甲状腺検査開始

<平成23年度> 2011年(平成23年)10月から平成24年3月末までの検査
約3万8000人(当時18歳以下の子供)を対象に、最新鋭の超音波検査機を使い、甲状腺への異常の有無をエコー画像で見る検査。

   A1・・・しこりやのう胞が無かったもの
   A2・・・小さなしこりやのう胞が見つかったもの(しこり5mm以下、のう胞20mm以下)
   B・・・・大きなしこりやのう胞があった場合はB(しこり1mm以上、のう胞20.1mm以上)
   C・・・・直ちに2次検査が必要な場合

うち186人(0.5%)が B判定、さらに76人が2次検査(細胞検査)を受けた。その結果、10人にがんの疑いがあるとされ、3人が甲状腺がんと判明した。残る7人は摘出手術の後にガンの確定診断をするという? 奇妙な行動。その後の診断結果は公表されていない。

<平成24年度> 2012年(平成24年)4月から平成25年3月末までの検査
約9万5000人(当時18歳以下の子供)を対象に甲状腺の検査をしたが、548人(0.6%)がB判定となった。3月末までには700人程度がB判定になると、福島県立医大は予想している。
2013年(平成25年)2月 現在

<平成25年度> 2013年(平成25年)4月から平成25年3月末までの検査
放射性物質(ヨウ素131)の飛散が多かった いわき市 をはじめ、残り約22万人の甲状腺の検査を実施予定。

    ☆福島の県民健康管理調査「甲状腺検査」について
    ☆第10回福島県「県民健康管理調査」検討委員会(平成25年2月13日開催) 資料

 放射性ヨウ素の半減期は8日なので、全てを闇に葬り去るために、事故当時、あえて正確に測定しなかったと思ってしまう。

--------------------------------------------------------------------

鎌田實氏(医師・作家)

 ☆小児甲状腺がんの発生率は 100万人に1人 
   福島では 少なく見積もっても 3万8000人に3人(多くて10人)
   2011年(平成23年)10月から平成24年3月末までの検査結果

 ☆福島県や国は、”今のところ大丈夫”というばかりだが、今からでも、
   放射能の「見える化」を推し進めるべきだ!

 ☆甲状腺の検診 加速させよ!  毎日JP (毎日新聞 2013年02月23日 朝刊)
 
   
  2013-02-21   中国からの PM2.5   PM2.5 ・・・・・ 大きさが2.5μmより小さい浮遊物

 ぜんそくや気管支炎などの健康被害の原因となりうることが指摘されていて、環境省によりPM2.5濃度に関して大気環境基準(2009年9月9日に)が告示されている。

 まほろばが少年だった頃、”光化学スモッグ注意報”がよく出て屋外での活動が制限されたが、今は、中国からのPM2.5が問題として・・・・・・  
しかし、飛来して基準を超過した場合でも、”直ちに人の健康に影響が現れるというものではありません”といつものように報道される。

 九州では、PM2.5の観測機器がぞくぞくと設置されているが、2年前の福島原発事故の場合は、どうだっただろうか?と思ってしまう。放射性がない一過性の浮遊物に、なぜそれほど大騒ぎをするのか?

 PM2.5よりもはるかに危険度の高い超微粒子の放射性物質に関して、国や報道機関も、さらにマスコミも、国民に対して大混乱を避けるということで、ほとんど公開されなかったし、今も納得のいく報道はされていない。

   
  2013-02-14   甲状腺がん 福島    2011年度に1次検査を約3万8000人(当時18歳以下の子供)を対象に甲状腺の検査を実施。うち186人が、2次検査が必要と判定され、2次検査で細胞検査が必要とした子供が76人。そのうち10人にがんの疑いがあるとされ、その後、3人が甲状腺がんと判明した。  産経ニュース  朝日新聞

 このデーターを、国民はどう?判断すればいいのだろうか?!チェルノブイリ事故では、4年後に甲状腺がんが多発したが・・・・・・・。福島県立医大の鈴木真一教授は、福島第1原発事故による放射線の影響を否定した。信じられない発言で、国から言わされたのだろうか!?

   
  2013-01-19   ラジオ番組 『 ラジオフォーラム 』
の開始!
  MBSラジオ 『 たね蒔(ま)きジャーナル 』 は、花になれば大きく取り上げられるニュースを、「たね」の時から、注目し、届けようという報道番組で、2012年9月28日【金】に惜しまれつつ閉鎖された。
なぜ?2012年9月という時期に閉鎖されたのか?と、つい・・・・・・・

「たね」は、リスナーのみなさんの生活に潜んでいて、そのため、アナウンサーや記者が皆さんのところに行き、取材し、リスナーのみなさんと一緒になって、ニュースを考えていきたいという番組だった。
また、福島原発の事故のときも、真っ向から取り組み、幾多の真の情報をいただいた。
 
『 たね蒔きジャーナル 』 の報道精神を引き継ぐ ラジオ番組 『 ラジオフォーラム 』 が、1月12日からはじまった。
このような真摯な番組には、スポンサーが付きにくいのが常である。
だから、少額だが、まほろばは6BQ5真空管1本分を・・・・・・・
 
   
  2013-01-02   天皇陛下のご感想
(新年に当たり)
   平成25年の”新年一般参賀”が皇居で恙なく行われた。宮内庁から、東日本大震災から2度目の冬を迎えたことについて「放射能汚染によりかつて住んでいた地域に戻れない人々や,仮設住宅で厳しい冬を過ごさざるを得ない人々など,年頭に当たって,被災者のことが,改めて深く案じられます。」と天皇陛下の心情(新年に当たり)が示された。

毎日JP : 「被災者のことが、改めて深く案じられます」と、重要なところが削除
日本経済新聞 : この文は削除無し
朝日新聞 : この文は削除無し

新聞社によって報道の違いがあり、複数の情報を比べる必要がある。また、過去3年の天皇陛下のご感想(全文)を PDFファイル にした。その年の国情がよく理解できる。国政を執る方々にじっくりと読んでもらい、速やかに実践して欲しいものだ!放射能除染がこのまま放置されれば、東北をはじめ関東に住む方々に、何らかの障害が起こるのではないかと危惧される。

   
  2012-12-29   東京新聞に菊池寛賞    日本文学振興会は東京新聞(中日新聞東京本社「原発事故取材班(現原発取材班)」などに第六十回菊池寛賞を贈ると発表した。<10月15日>
 本紙の受賞理由は、福島第一原発事故がなぜ起きたのかを調査報道の手法で探り、情報を隠蔽しようとする政府・東京電力を告発し続けた「果敢なるジャーナリズム精神」に対して、としている。
 他の大新聞社は誰のために何を報道しているのだろう?!・・・すべては権力とお金のため?? 日本のジャーナリズム精神はいったい何時育つのだろう??

   
  2012-12-22   福島の惨事を忘れた国民    敗戦後、自民党の政権下のもと、原子力ムラと共に税金を食いものにし、安易なエネルギーを求め、原発建設・稼働が進められた。昨年3月の福島第一原発事故以後、一時期はすべての原発は停止した。しかし、民主党の衰退による自民党の大勝、その結果、原発再開は確実のものとなった。選挙結果から判断すれば、福島の惨事を忘れ、経済(お金)優先を選択したようだ。
 福島県双葉町の公式ホームページに、20日、重要な町長のメッセージが掲載された。事故以後、福島の方々がどのような状況に置かれているのか!?、また、今後福島をはじめ東北はどのように放置されるのか!?が、よく理解できる。東電・国・御用学者・マスコミ・新聞社の報道との違いを意識しながら、一読する価値はあると思う。削除されるかもしれないから、PDFファイルにした。

   
  2012-12-20   原発施設を貫く活断層
   原発施設にある活断層が、最近、話題になってきたが、この活断層は原発建設当初から存在していると調査済みだったはず。自民党政権下になれば、原発再稼働は現実のものとなるから、今後、この活断層がどのように判断され、対処されるだろうか?!
 原発で事故が起これば、想像を絶するほどの量の放射性物質が拡散する。一旦拡散すれば、現代の科学技術では除染不可能であることは、福島第一原発事故からすでに学習済みである。

   
  2012-11-08   原発作業員が去っていく
福島第一原発”廃炉”の現実

NHK・クローズアップ現代

  東電・国・御用学者・マスコミ・新聞社の無責任さが、福島第一原発で働く労働者の環境を、確実に悪化させている。放送内容を見る。

   
  2012-11-06   福島の除染作業    東京電力福島第一原発周辺で実施されている国直轄の除染事業を巡って、現場作業員から「特殊勤務手当(1日あたり最高1万円)が支払われていない」との声が出ており、環境省は、受注した事業者が適切に支払っているかどうかの調査を始めた。
 これが事実とするならば、福島を中心とする地域の方々から不当に搾取する事業者(企業)を、徹底的に糾弾すべきだと・・・・・・ 本当に情けないことだ!

   
  2012-11-04   東電、福島に復興本社   被災者への倍賞支払いが遅れていて、除染作業もはかどっていない現状をうけて、やっと東電は、福島に復興本社を来年の1月に設置する。現地のどこだろうか?
 復興業務に携わる人員は3500人から4000人に増員されるが、今までの復興のスピードから判断して、この程度の増員でいいのだろうか?
 『発送電分離』などを政府が検討しているので、東電はそれぞれの部門を子会社に移行して生き残りを素早く動き出した。生き残りへの動きは、どの会社にも負けないものがる。流石だ!

   
  2012-10-01   大間原発の建設再開!   大間原発(青森)の建設再開が決定された。
大間原発で使用する燃料は、難問山積のプルトニウムとウランの混合酸化物(MOX)燃料なのだ!
2030年代に原発稼働ゼロを目指す政府の新エネルギー戦略は、やはり単なるかけ声だったのか?

   
  2012-09-30   福島原発事故の作業員に   福島第1原発事故の復旧作業にあたった作業員から、がんを発症と厚生労働省が公表
同原発の作業員が、東日本大震災以降にがんで労災を申請するのは初めてという。(日本経済新聞)

   
  2012-09-29   ”たね蒔きジャーナル”

MBSラジオ
  たね蒔(ま)きジャーナル』は、花になれば大きく取り上げられるニュースを、「たね」の時から、注目し、届けようという報道番組です。「たね」は、リスナーのみなさんの生活に潜んでいて、そのため、アナウンサーや記者が皆さんのところに行き、取材し、リスナーのみなさんと一緒になって、ニュースを考えていきたいという番組でした。
 福島原発の事故にも、真っ向から取り組み、幾多の真の情報をいただいた。このような真摯な番組は3年という短さで終わってしまう。このような番組があったことを忘れてはならない。淋しいが、これが日本の現状なのか!

   
  2012-09-05   原子力に反対する100個の十分な理由   真空管アンプでいつもお世話になっている ぺるけさんのHPに、この”原子力に反対する100個の十分な理由”がアップされている。政府の広報やTV・新聞などの内容とは違うので、読んでみる価値は十分にある。

   
  2012-08-25   食品の基準値の258倍   アイナメは今月一日に南相馬市の沖合一キロで採取され、検出されたセシウムは国の一般食品の基準値の258倍。20キロ圏内で採取された19種の魚のうち九種類が基準値を超え、深刻な汚染が続いている。(東京新聞より)
 東京湾でも、湾や河口付近の海底にセシウム泥が堆積しているとみられ、汚染堆積のピークは2年後ともいわれている。

   
  2012-07-16   さよなら原発   福島原発事故を受け、大江健三郎さんらが呼び掛けた「さようなら原発10万人集会」が16日、代々木公園で開かれた。インターネットなどで集会を知った市民らも加わり、参加者数は約17万人(で、7万5千人<警視庁>)までふくれ上がった。代々木公園一帯の歩道などでは一時身動きが取れないほど混雑し、会場から新宿や恵比寿方面など三コースに分かれてパレードが繰り広げられた。

   
  2012-07-14
  東電 給与30%カット 無理?!
  東電の下河邉会長は、電気料金の値上げ申請に対し、消費者庁などが社員の給与の30%削減を求めていることについて極めて厳しいという認識を示した。
この状況下、社内の雰囲気もギスギスしているらしいが、『2〜3年我慢すれば給料も元に戻るはず!』と・・・・・
 突如、故郷を、家を、職を、家族を、さらに、健康までもが奪われてしまった多くの方々がいて、未だふるさとに戻れない(これは棄民政策だ!)ことを意識しているのだろうか?
 利権最優先の儲け主義に走らず、本来の業務を確実に遂行していたら、ここまで壊滅的な状況に至らなかったはずだ。運営決定権のある役員などの給与は、生活できたらいい程度の給与で良いはずだ。

   
  2012-07-05   東電の福島原発事故は人災
 
関電の大飯原発の送電開始
  国会事故調が最終報告書を発表した。
 事故の根源的な原因として、規制当局と東電との関係の「逆転関係」があり、「監視・監督機能の崩壊が起きた」とも指摘している。
 今回の事故について、歴代の規制当局と東京電力の経営陣がそれぞれ意図的な先送り、不作為、または自己の組織に都合の良い判断を行うことによって、安全対策が取られないまま3月11日を迎えたことで発生したとも指摘している。
 
しかしながら、東電の体質はいっこうに変わる気配はない。
 
   
  2012-06-27   東京電力の病院
  7月25日に1兆円の公的資金を受ける(6月27日の株主総会で正式決定)東京電力は、外部の人たちには閉ざした、社員・OBやその家族だけの病院を、東京都新宿区の一等地に所有している。病院は七階建てで、敷地面積は五千四百平方メートル、病床は百十三床あるが、現在の入院患者は二十人ほどで、稼働率は二割未満という低さであり、赤字を垂れ流している社員だけの病院を今後も維持管理するという・・・・・・・(東京新聞より)

   
  2012-06-23   福島県双葉町は、
なぜ、一炊の夢に陥ったのか?
  原発に頼り切って、国策に翻弄され続けた双葉町の歴史が、雑誌”世界”(岩波書店)の2011年の1月号に記載されていた。まさに運命の原発事故、二ヶ月前の・・・・・・・・
「原発頼みは一炊の夢かー福島県双葉町が陥った財政難」
 
   
  2012-06-09   野田首相の再稼働表明   首相官邸前に集まった4000人を始め、全国の数えきれないほどの人たちを大激怒させた野田首相の会見の全文(PDFファイル)
   
   
  2012-06-08   大飯原発の再稼働後には!   首相の私が責任を取りますという一声で再稼働が決まり、再稼働へのシナリオが展開しそう!
大飯原発の再稼働の様子をみて、同じ加圧水型の原子炉の
四国電力伊方原発(愛媛県伊方町)
北海道電力泊原発(北海道泊村)
九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)は、密かに再稼働にむけてぞくぞくと・・・・・・
 
   
  2012-05-30   東電のボーナス   今年の夏のボーナスは見送り!社会的に多大な迷惑をかけて、その後の処理に多額の経費が必要となった。しかし、その後の冬のボーナスから支給するとのこと。福島をはじめ、東北の方々に対して補償も十分になされていない状況下、身内にはかなり甘い補償!!
 
   
  2012-05-01   奈良のある産廃業者   行政側が処理できないような放射性物資入りの焼却灰を、一産廃業者がいとも簡単にいつものようにいつもの場所に埋め立てていた。この業者が倒産でもしたら、焼却灰は放射性物質と共に、永遠にそのまま・・・・・・・
 
   
  2012-04-29   劣化ウランは意外と身近に!   劣化ウランの所有者(会社)は文部科学省に届けるが、所有者(会社)から自治体には報告義務なし! 劣化ウランの保管倉庫に火事がおこったら、文部科学省はすばやい行動してくれるの?? 福島第一原発事故で立証済み!!
 
   
  2012-04-19   福島第一原発、法的に廃炉決定!   でも福島第二原発を稼動させるの? 放射線の多い中、誰が維持管理するのだろうか?
 
   
  2012-04-16   大飯原発(関電)の再稼働!   福井県議35人、アンケートで9割<容認>、ますます再稼働にむけて動きあり!福島第一原発の経験から判断して、100km圏内は地元だろう!!
 
   
  2012-03-17   大飯原発(関電)の再稼働?   文部科学省はなんの責任もとらないまま、日本の原発再稼働の動きあり!
 
   
  2011-12-31   この一年   3月11日、世界が注目するフクシマ(Fukushima)なってしまった。
   『福島は  ムラのフクシマ 冬の浜』
 
   
  2011-12-25   東電の国有化を急ぐべし!   東電は廃炉工程表を発表したが、廃炉にかかる費用を明記しなかった。また、完了には30年以上の歳月を要する見通しという。早急に、公的資金(税金)の資本投入、東電の国有化を行い、隠し続けている爆発時の重要な基礎データを確保すべきだろう!
 
   
  2011-12-16   何を根拠に、冷温停止状態?   政府は、メルトダウンした原子炉が安定した「冷温停止状態」になったと報道
 
   
  2011-12-15   東電がまき散らしたのに!   環境省は、東京電力の社員ら36人を除染に協力する「活動推進員」に委嘱!
 
   
  2011-11-12   福島第一原発の現実   報道の画像は、規制がかかっているので綺麗だが、あの日から8ヶ月、福島第一原発とその周辺の実情は・・・・・
 
   
  2011-10-13   横浜にもストロンチウムが!   民間の検査機関で、12日、横浜市港北区のマンション屋上から、ストロンチウム90が、1キログラム当たり195ベクレル検出
 
   
  2011-09-05   電力会社の巻き返し   福島第一原発 ( 5・6号機 )の廃炉は未定で、再稼働の可能性
 
   
  2011-03-21    「もんじゅ」 その後   3月11日、東北地方太平洋沖地震の後、大津波により 福島第一原発 で重大な事故(事象でない)が起こる。この10日間ほど、報道は”直ちに健康には影響なし”の一点張りだったが、原子力のことを少し理解している者には、本当に息苦しかった!
   
     
   2011-03-11
  14:46   東北地方太平洋沖地震 と 福島第一原発事故    
               

 HP top  国中(くんなか)・俳句  真空管アンプ  カメラ・写真  つぶやき  Link