病院では腰痛対策として、ブロック注射を行います。

 

ブロック注射は基本的には麻酔です。

 

実はお医者様の勉強の項目には筋肉の項目はありません。

 

腰痛のほとんどは筋肉が原因なのですが、勉強不足のお医者様はそのことを知りません。

 

そのため85%以上の腰痛が原因不明なのです。(読売新聞)

 

これは欧米でも同じです。

 

つまり、西洋医学では筋肉というものが正しく認識されていないようです。

 

ブロック注射は、麻酔により痛みを一時的に抑えているのです。

 

時間がたてば自然治癒力により炎症が治まり、筋肉のバランスが取れて痛みは取れるようです。

 

原因が分からない中で、麻酔により痛みを抑えるという対処療法にすぎません。

 

当然、痛みが取れても再発する可能性をいつも心配しなければいけません。

腹筋運動の問題点

お医者様は腰痛対策として腹筋と背筋を鍛えるようにおっしゃいます。

 

しかし、なかなか具体的な方法は明確には説明して頂けません。

 

通常の腹筋運動は無理に前面の腹筋だけを使うトレーニングであり、実は腰痛を治すつもりが逆に腰を痛める可能性があることをご存知でしょうか?

 

昔のうさぎ跳びのような運動です。

 

本来は、行うべきではない運動です。

 

もっと楽で、簡単で効果的な腹筋と背筋も鍛えられる運動があります。

 

腰痛を改善するための正しい腹筋運動はこちらでご紹介しています。

腰痛手術の問題点

病院で腰痛の診察は外科で行います。

 

MRIなどで骨の位置が正常ではない可能性があるときには、骨の位置の異常が腰痛の原因と推察します。

 

そして、異常な骨を手術で削るなどの処置を行います。

 

 

 

しかし、骨の位置が異常になった原因の説明はあったでしょうか?

 

原因が分からないままに、「きっと、この骨の位置が異常なので痛みが出ているのだろう!」と仮定して、対処療法として手術を選んでいませんか?

 

その仮定は、本当に正しいのでしょうか?

 

手術後にも痺れや痛みが残る場合が少なくありません。

 

腰痛の手術は十分に確認と検討の上で行うべきです。

 

 

 

実は手術をする前に検討して頂きたい最新の方法があります。

整体等の問題点

マッサージ、整体、鍼灸等は、筋肉の緊張をほぐすことしかできません。

 

⇒腰痛の原因の完治や再発の防止はできません。

 

あなたが腰痛を再発する度に何度も通っていることが、このことを証明しています。

 

 

 

いままでに、いくらのお金を整体に支払ったでしょう?

 

そして、これからも、、、

腰痛ベルトの問題点

急な腰痛や痛みを我慢しながら動く必要があるときは腰痛ベルトは有効です。

 

しかし、問題点があります。

 

腰痛ベルトをすると逆に腰痛に関連する筋肉全体が過保護の状態となるのです。

 

腰痛ベルトで楽をしているために、腰痛関連の筋肉全体が筋肉が弱ってしまいます。

 

つまり、腰痛ベルトは一時的な対策としては有効ですが、腰痛ベルトをしている限り腰痛は治らないのです。

 

必ず再発するのです。

 

腰痛ベルトは期間を限定して一時的な対策として使用するようにしましょう。

 

腰痛ベルトで本質的に腰痛を解決することはできません。