腰痛は病院では治らない

【読売新聞より:病院の診察で、腰痛の85%以上は原因不明!】

 

病院では、筋肉が原因の腰痛や痺れの原因を特定できません!!
⇒『骨には、どこにも異常は見当たりません、、、変ですねぇ、、』

 

医者の教育カリキュラムには、細胞や筋肉の状態という概念は入っていないのです。
MRIやレントゲンでは、細胞や筋肉の異常は発見出来ません。

 

欧米の診察ガイドラインには「原因が特定できる腰痛は15%未満」と明記されています。

腰痛の種類

腰痛で病院に行くと診察後に、ぎっくり腰、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、急性腰痛症などの名称を告げられます。

 

⇒  しかし、どれも正式な病名ではありません。便宜的に使う呼び名に過ぎないのです。

 

病院では85%以上の腰痛の原因を特定できません。
つまり、ほとんどの腰痛の原因が病院では分からないのです。

 

原因を特定できないので、症状をもとに医者さまが呼称を決めています。

 

なぜ、病院では腰痛の原因を特定できないのか?

 

一番の理由は、お医者様の勉強内容には筋肉の勉強は入っていないのです。

 

また、最新の測定機であるMRIを使用しても筋肉の状態は分からないのです。
このことがお医者様が腰痛の原因を特定できない理由です。

 

腰痛の原因は!?

実は腰痛の原因は筋肉のバランスの崩れなのです。

 

骨は原因ではありません。

 

なぜなら骨には神経がありません。

 

また、筋肉が異常になったために骨がずれるのです。

 

その結果として腰痛になります。

 

腰痛のパターンには2種類あります。

 

特定の筋肉を使わないために腰痛が起こる場合

 

 使われない筋肉は収縮します。
 また、使われないために筋肉間の連携が取れなくなり、結果として腰痛になるのです。

 

特定の筋肉を使いすぎたために腰痛が起こる場合

 

 使いすぎの場合の筋肉は力を出せなくなり、筋肉間のバランスが取れなくなるのです。
 体幹の筋肉がバランスを崩すと腰痛が発生します。

腰痛を治すのは簡単です!

腰痛の原因が筋肉のバランスの崩れが原因の腰痛を治すには筋肉のバランスを整えればよいのです。

 

問題はどうやって筋肉のバランスを整えるかです。

 

また、あなたも忙しい日々を送っていると思います。

 

腰痛関連の筋肉のバランスを整える簡単な方法、体操とかがないか?

 

 

できれば自宅で短時間で簡単にできる腰痛体操のようなものが、、、

 

 

実は、その要望にお答えできる最新の体操方法があります。

 

昨年発表され、東大の名誉教授の推薦も頂いています。

 

慢性腰痛もあきらめないで!

長年腰痛に悩まされている方もたくさんいます。

 

それは病院でも、整体でも正しい治し方を教えてくれないからです。

 

実は知らないからです。

 

もし知っていても教えません。

 

それは教えるとお客さんが減るからです。

 

すべての方ではありませんが、そのような方もいます。

 

しかし、ご安心ください。

 

自分で腰痛を治せる新しい治療方法もできています。

 

すでにたくさんの方が諦めていた慢性の腰痛から解放されています。

ぎっくり腰(腰痛)は安静に!

ぎっくり腰(腰痛)などの急性の腰痛は炎症を起こしている可能性が高いので、基本的には安静にしましょう。

 

鍼灸は良いですが、マッサージや運動は行ってはいけません。

 

病院でも基本的には何もしないで腰痛の自然治癒を待ちます。

 

しかし、痛みがとれてもその後、対策を打たないと再発します。

 

実は腰痛の原因は筋肉のバランスの崩れなのです。

 

一部の筋肉が弱ったり、硬化することにより筋肉の連携とバランスが崩れると腰痛になります。

 

骨の位置がずれる場合もあります。

 

 

 

でも、ご安心ください。自宅でできる簡単な腰痛対策ができました。

 

昨年発表され、東大の名誉教授も推薦しています。