腰痛改善

腰痛改善に関する情報をばしばし載せていきます。

 

腰痛改善は、安静・投薬・コルセット等の対症療法が一般的です。
また、鍼灸や柔道整復も治療法として一般に広く認知されています。

 

ぎっくり腰のような姿勢に起因する急な激しい痛み対処法として、最初に患部を冷やすことが肝心です。
これは他の急性筋肉疾患でも同様だが、冷やすことで炎症の亢進を抑えて疾患の拡大(腫れ・疼痛)を出来るだけ小さくするための処置なので、
可能な限り早く冷やした方が治療効果も高く痛みも少ないです。
急性期を過ぎた後は、今度は出来るだけゆっくりと温めて血流を良くすると筋の復帰も早いですね。
腹圧を上げる為のコルセット着用も効果的です。
下肢の痺れ・感覚鈍麻・歩行困難等が顕れるような場合は、椎間板ヘルニア等の恐れもある為に病院の診察が必要です。

 

整形外科による治療

 

  備考
運動療法 体操、水泳、ジョギング、散歩 痛みが激しい時は運動してはいけない
装具療法 腰痛ベルト、コルセットなど 常時使用し続けると、筋肉が弱まり悪化するので、必要な時のみ
薬物療法 消炎鎮痛剤 痛み止めは長期間服用し続けると効果が薄まるので、必要な時のみ
理学療法 温熱療法など 理学療法士が個々の疾病にあわせて治療を行う
マッサージ療法 指圧など 整骨院などでも受けられる(要あんまマッサージ指圧師資格)
手術 レーザー手術など 手術しても、数年程度で再発し再手術となる人も

鍼灸による治療

腰痛は肩こりと並び、鍼灸治療により著効を表すことがあります。

 

腰部の腎兪穴、大腸兪穴、志室穴などの施術のほか、膝の後ろにある委中穴の鍼や、
足の照海穴、さらに体調を整える目的で、背部や腹部の経穴を用い腰痛を緩和する代替医療、民間療法。
WHOでも認められており、健康保険による鍼灸治療が可能であります、
保険治療は地域によっては医師の同意書を必要とします。

整骨院による治療

温熱治療、マッサージなどの民間療法、代替医療。

 

但し、痛みの原因は腫瘍であるなどの至急手術が必要な場合もあるので、
最初は整形外科の受診が望ましい。

 

なお、整骨院で保険治療が可能なのは外傷による打撲・捻挫・挫傷・骨折・脱臼の5つの疾病のみです。

漢方薬による治療

痛みの原因は腫瘍であるなどの至急手術が必要な場合もあるので、
レントゲン検査のため、最初は整形外科を受診すべきです。

腰痛ストレッチ

当サイトでは、腰痛ストレッチを推奨しています。

 

5000名を超える患者を相手にしてきた名医や一般の整形外科では知りえないような
腰痛ストレッチを考案された先生などの出版されているDVDは非常にためになりました。

 

 

リンク集

更新履歴