山車ができるまで

 久慈秋祭りで運行される山車は各町内や有志団体の手作りによるものです。 9月のお祭り本番が終了すると、すぐに来年度の山車の構想に入り、ゴールデンウィーク 頃には本格的に山車作りが始まります。
 山車の設計図というべき『山車絵』をもとに、発泡スチロールや段ボールなど、身の周りに あるものを使用して彫刻や岩や波しぶきなどを作っていきます。
 製作に携わる人は、職業も様々で特別な技術を持った人はほとんどいませんが、それぞれの 力を合わせて9月の秋祭り本番に間に合うように山車を作ります。
 このように時間もお金もかかる山車づくりですが、前夜祭で自分の携わった山車を見た時の 気持ちは感無量です。