ガンダム名台詞集
0080・08小隊・外伝編

戻る/全体とっぷ

1ST/79のその他/0083//センチネル/ZZ/逆シャア/
F91////


ミーシャ
出撃前に
「滅びゆくもののために・・・。」

シュタイナー
↑の台詞を聞いて。
「滅びゆくもののためにか・・・。」
ちなみに、滅びゆくものってのはジオン。

シロー
マゼラ小隊との戦闘時
「仲間のためなら戦える!」
とかなんとか言って、後で「何が仲間のためなら戦えるだ・・・」
とか言ってますけど。

ユーリ
大爆発を見た部下に対し。
「ただの気化爆弾さ・・・」
とか言って、ほんとは核なんだろ!?

ギニアス
ユーリ・ケラーネを爆殺したときに。
「閣下は名誉の戦死を遂げられた・・・」
急速に壊れていくギニアス。

ギニアス
アプサラス開発スタッフを毒殺。
「アプサラスは、私一人の物だ・・・」
いよいよやばい。

ライヤー
「山を削れと言われましても、核でも使わない限りは・・・」
と言われて。
「MSが核で動いている以上、事故はつきものではないのかね」
誘爆をわざと起こして、核爆発させろと暗に言うのだが、
結局やってくれなかった。(爆)

ノリス
連邦機を撃墜しながら。
「フラットランダーか。重力に縛られおって。連邦にもコロニー生まれはおろうに。」
連邦寄りのコロニーを毒ガスで全滅させたのは、
ジオンですが。

ノリス
08小隊との交戦
「怯えろ!竦め!MSの性能を生かせぬまま、死んでゆけ!!」

シロー
ノリスとの戦い。
「オレは、生きる!生きて、アイナと添い遂げる!」
一部に誤解を生んだ問題発言(?)
こんな台詞を聞かされたノリスの心境やいかに・・・。

ノリス
機体を斬られながら、ガンタンクを撃破。
「勝ったぞ・・・!」
自らはやられても、目標は撃破。さすがです。

ライヤー
一時休戦を申し入れるアイナに「よかろう」と言った後。
「スナイパーを!」
裏がある可能性に備えた当然の行動。いわば保険。

ライヤー
アプサラスが停戦違反。
「先手を打たれた!?病院船を撃沈せよ!」
敵は病院船とは言ったが、立派な機動巡洋艦。しかも相手から停戦を破られては、逃がす手は無い。

ギニアス
アイナと口論(そういう生易しいものと違うけど)
「母様も、そうして我らを見捨てたのだぞ!」
突然のマザコンぶり披露。まるで赤い彗星じゃないか!(笑)

ギニアス
アイナを射殺(いや死んでないけど)
「さようなら、アイナ・・・嫌いではなかった」

ギニアス
ジムスナイパー1機を撃墜。
「ジャブロー殲滅の夢を打ち砕いてくれた礼だ!」
結構活躍したジムスナイパー。
4、5機いたはずの他の機体はどこにいったの?

ライヤー
司令部を去るコジマ大隊長に。
「ジャブローのオフィスは、快適だよ。」
なんか嫌味な台詞。でもジャブローは7年後に消滅。
コジマ中佐は、エアコンが苦手だと返していた。

シロー
アプサラス撃墜前。
「アイナ、お兄さんを殺す!これだけ痛めつけられちゃ、もう手段を選んでいられない!」
アイナと出会ってから随分な博愛主義者だったシローだが、
これくらいの現実理解はあるらしい。

ギニアス
詳しいシチュエーション忘れた。(汗)
「一度見たいと思っていたのだ!ゴーストとやらをな!」
顔が凄い。

ギニアス
最期の砲撃。
「私の夢、受け取れ!!」
これでシローとアイナが生きていたのがすっごく不思議。

ライヤー
ビッグトレー艦橋に迫るビーム、総員退避を勧告する要員。
「間に合うものか・・・」
実に潔い最期。ジャマイカンとは大違い。

ニムバス
ユウのブルーディスティニーと対峙。
「蒼き死神よ、このニムバス・シュターゼンがEXAMの
名のもとに葬ってやる!」
EXAMという言葉をひたすら連発するニムバス。

アルフ
ブルーディスティニーが破壊される。
「オレのブルーが!データが!」
GジェネFでも反映されていた気がする。楽しい。

ニムバス
戦闘
「EXAMによって裁かれるがいい!!」
彼はEXAM、マリオン、裁きの三単語を多用するようだ。

ニムバス
ユウとの戦い。
「EXAMの素晴らしさを理解しない愚かものめ!
貴様にマリオンは渡さん!!」
しだいに暴走気味。

ニムバス
ユウとの決戦の時に。
「ははははは!
やはりEXAMの真の力を呼び覚ますことが出来るのは、
この私なのだ!」
管理人はサターンは持ってないから、攻略本とGジェネシリーズ、
コミックを参考にしてます。

Ads by TOK2