MS/MA図鑑

一年戦争期/デラーズ紛争期/グリプス戦争・第一次ネオジオン戦争期/
第二次ネオジオン戦争期/コスモバビロニア建国戦争期/ザンスカール戦争期


一年戦争期の各軍MS・MA(及びそれに準ずる兵器)(0079前後配備機・計画機)

地球連邦軍

RGM系列(RGC等含)

RGM−79 ジム
V作戦の最終段階として完成した量産型MS。コストが高騰したRX−78の各性能をランクダウンすることにより、廉価で大量生産可能な汎用MSとして完成した。
主武装にビームスプレーガン、格闘戦用武装にはビームサーベルを採用し、ジオン軍の主力MS−06に対し武装面で上回っていた。
ビームスプレーガンはビームライフルや実体弾に比べると威力面で劣っていたが、命中率が高く、接近戦では充分な威力を発揮できる兵装であった。同時に90mmマシンガンも開発され一部に配備された。
さらに全機体にRX−78の学習型コンピューターから得られたデータをフィードバックすることにより、経験不足の兵でも充分な戦闘能力を獲得することが出来た。
このため当初は運用に一日の長のあるジオン軍MSに押されるも、次第に連邦軍でもMS戦術が確立してくると性能面で勝るジムが優勢を示すようになる。大戦末期に登場したMS−14ゲルググはジム3機分とも言われる高性能を有していたものの、そのパイロットは主に学徒兵であり、アムロ少尉の実戦データを反映したジムによって次々撃墜されていった。
なによりもこの機体は集団戦にその真価を発揮した。技量と性能で上回る敵のエース機も、物量の前にはかなわなかったのである。
防御面では大型のシールドを携行。RX−78に続き牽制用の頭部機関砲も採用された。
なお、ジムの生産工場はジャブロー及びルナツーであったとされる。
ジムの高い汎用性は、ジオン軍のザクシリーズと並び多数のバリエーション機を生み出し、その確かな設計は直系ではRGM−86RジムV、その後の系列ではRGM−122ジャベリンにまで渡る長い系譜を連ねることになる。

RGM−79(G) (先行量産型)陸戦型ジム
RX−79(G)(後述)は依然コストが高く、量産には程遠い状態だったため、さらに低コスト化を試みたのがRGM−79(G)である。武装はRX−79(G)と互換性を持たされ、ジェネレーターなどが安価なものへと換装され、センサーはモノセンサーに変更するなどされた。このためビーム兵器は運用不能となったが、装甲にはルナチタニウムが採用されており、性能的にはRGM−79よりもRX−78の方に近い機体であった。但し装甲材質の関係などから思ったほどの低コスト化は果たせず、本格的な量産には至らなかった。主に東南アジア方面などのユーラシア各地の戦線に投入され高い戦果をあげている。

RGM−79(G) ジムスナイパー
RGM−79(G)陸戦型ジムに狙撃用のロングレンジビームライフルを装備させた機体の呼称。正式名称ではなく型式番号もそのままである。ロングレンジビームライフルは未完成なもので、MS外部からの電力及び冷却剤の供給を必要とする。但しその威力は非常に高く、MSを一撃で破壊することが出来る。

RGM−79(E) (先行量産型宇宙用)ジム
RGM−79(G)を宇宙戦仕様にしたもの。武装はマシンガン。開発はルナツーにて行われた。

RGM−79SC ジムスナイパーカスタム
エースパイロット用にジムの性能を全般的に向上させた機体。背部スラスターは大出力のものに換装され、主武装は狙撃可能なビームライフルを装備、対応して頭部に照準用センサーの強化が行われた。予備の熱核反応炉を追加しジェネレータ出力も強化されている。
戦後も長らく使用され、ジャブロー配備機がグリプス戦争でエゥーゴを迎撃し、当時最新鋭のMSA−003ネモを撃墜した機体もあった。

RGC−80 ジムキャノン
RX−77の量産タイプとして、RGM−79のパーツを多数流用して開発された砲撃支援用MS。
砲撃時の安定のため脚部を強化し、右肩に360mmキャノン砲を装備。アフリカ戦線や北米戦線、ジャブローなどに配備され、宇宙ではレビルの第1連合艦隊に配備(ソーラレイで消滅)、RGM−79との共同作戦により高い戦果を残している。ジャブローに配備された機体はグリプス戦争にてエゥーゴのジャブロー降下作戦の際に迎撃に出動している。

RAG−79 アクアジム
公国軍のMSMに対抗するために開発された、水中戦用のMS。バックパックをハイドロジェットに換装し、対艦魚雷、水中用のミサイルとビームピックを装備した。
公国軍機に比べて性能はあまり高くなく、戦後は公国軍の技術を取り入れてザクマリナーを開発することになる。
また海においては、上陸戦以外では地上や宇宙ほどはMSの優位性がなく、水中用MSの開発自体が下火になっていくこととなった。

RAG−79−G1 水中型ガンダム(ガンダイバー)
RAG−79にエースパイロット用の改修を施したもの。敵への威圧効果を狙って頭部形状をガンダムを模したものにしたものの、あくまでアクアジム。新たに炸裂式ハープーンガンや水中用偏向ビームライフルが装備された。

RGM−79L ジムライトアーマー
エースパイロット用に開発された機体で、一撃離脱戦を行うために機体の軽量化によって機動性を向上させた。このため重量は4.4t減少、防御力は低下したがその加速性は通常機とは比べ物にならないほどで、宇宙戦闘機的な運用が行われた。武装はビームスプレーガンに替えてビームライフルを採用。

TGM−79 ジムトレーナー
ジムの複座練習型。

RGM−79 陸戦用ジム
主に地上の市街戦を想定して、上半身の装甲を特に強化した改良型のジム。ヨーロッパ戦線などに配備された。装甲強化によりザクマシンガンの直撃に耐える防御力を獲得し、重量増加による機動性の低下は微々たる物であった。また、携行射撃武装としてスプレーガンの他にレールキャノンを追加した。
なお、陸戦型ジムとは全くの別物である。

RGM−79 デザートジム※
陸戦用ジムに改良を施した砂漠戦型で、中東・アフリカ戦線に配備された機体。吸気口などに防砂処理を施し、装甲にリアクティブアーマー(爆発反応により敵弾の運動エネルギーを相殺する装甲)を追加した。頭部の60mm機関砲は排除され、レールキャノンに8連装ミサイルポッドが追加された。

RGM−79D 寒冷地専用ジム
寒冷地戦闘に対応すべく改良されたジム。各部に凍結防止処理が施され、塗装も寒冷地用に白と灰色を基調とするものとなった。バックパックは再設計されたものを採用(後にジム改などにも採用されたタイプ)。主武装にはビームスプレーガンではなくブルバップマシンガンを装備した。
北極基地における戦闘では公国軍特務部隊よりRX−78−NT−1打ち上げシャトルを防衛し、部隊全滅と引き換えに護衛任務を完遂、敵新型MS1機を撃破している。

RGM−79G ジムコマンド
ジムの後期生産型。D型を原型として設計され、バックパックは新設計のものを採用。また装甲やシールドは形状を変更改良し、避弾径始(斜めの装甲は敵弾を弾き易い+実質的に装甲が厚くなる)を高めている。のちにこのシールドはRGC−83ジムキャノンUやRGM−79Nジムカスタムにも採用された。また、レーザー通信機を搭載し、式通信能力が向上していた。一部の機体はコロニー戦仕様の装備を施され、リーアなどにおいて使用された。

RGM−79GS ジムコマンド(宇宙用)
ジムコマンドの空間戦闘用タイプ。地上用/コロニー用ではマシンガンを装備していたが、こちらはビームガンを装備。スペック的には全ての面でRX−79ガンダムを上回っており、公国軍のゲルググ型とも互角に戦える性能を有していた。

RGM−79(GRS) 強化装甲型ジム
公国軍のMS−09ドムを参照し、ホバー走行を採用したと言われる機体。アフリカ戦線などに投入されたとされる。

RGM−79SP ジムスナイパーU
ジムコマンドをベースに開発された狙撃型の高性能機。姿勢制御用スラスターを多数装備することによって機体の安定性を高めており、頭部には射撃用レーザーセンサーと電子光学式高倍率カメラをバイザーに装備。これにより狙撃用ビームライフルの命中精度は公国軍のMS−14JGを上回る非常に高い数値をはじき出している。
一年戦争での量産機では最強レベルと言われるが、完成が大戦末期であったため配備数は少ない。戦後の残党狩りで高い戦果を上げたとも言われる。

※型式番号を79SPとする資料があるが誤植と思われる。

RX系列

RX−75 ガンタンク
開戦以前より進められていたMS研究計画「RX計画」で得られたノウハウを反映して、開戦後のMS開発V作戦で本格進展したRX計画により最初にロールアウトした連邦軍初のMS。ただし駆動システムは歩行ではなくキャタピラ。コアブロックシステムを採用。長距離支援用MSとして120mmキャノン砲2門を装備、及び4連装ボップミサイルを両腕に装備。当初は操縦手と砲手の二人乗りであったが、のちにコクピットから砲を直接操作出来るように改められた。

RX−75 量産型ガンタンク
ガンタンクの量産型としてコアブロックシステムを除外、砲塔旋回能力を付与したもの。生産数は少数。

RX−77−1A ガンキャノンA
機動性が低いガンキャノンの簡易装甲型。

RX−77 ガンキャノン
V作戦において中距離支援用MSとして開発されたMS。両肩に240mmキャノンを装備、MS初のビームライフルを装備した機体(正確にはRX−78完成後の改修によるものであるためRX−78が初のビームライフル装備機)。また、連邦軍初の二足歩行型MS。コアブロックシステムを採用。直接戦闘はせず、MS部隊を砲撃により援護する砲撃支援用MSは連邦軍独自のものであり、非常に高い生産力を誇る連邦軍ならばこそのものでもありその効果は大きかった。ある程度量産されて各地の戦線に配備されたと言う説もある。

RX−77−4 ガンキャノンU※1
ガンキャノンの改修型。キャノン砲をビームキャノン1門に変更、精密照準装置を追加し遠距離砲撃用にしたもの。同時に推力なども強化された。

RX−77D 量産型ガンキャノン
ガンキャノンの量産型。コアブロックを廃止して装甲を増加した(但しルナチタニウムよりチタンセラミック複合材へ変更)ほか、頭部をジムタイプに換装。空間戦闘用の装備を施しビームライフルを90mmマシンガンにしたが、生産数は極少数。

RX−78−1 プロトタイプガンダム※2
V作戦にてロールアウトした白兵戦用試作MS。MSとして初めてビームライフルを装備(ガンキャノンの項参照)し、格闘戦用兵装としてビームサーベルを、牽制用として頭部に60mm機関砲2門を装備。他、2号機用にオプション武装多数が開発中から実戦投入後に至るまで開発された。コアブロックシステムを採用し、装甲にはルナチタニウムを採用。大型のシールドを携行し、ザクマシンガンの直撃に耐える防御性能を獲得した。索敵システムには頭部メインカメラと、デュアルセンサー、各部補助カメラを装備。高出力の背部スラスターにより長時間の跳躍飛行を可能にした。
RX−78は高い汎用性を持っており、ほぼあらゆる環境下での作戦行動が可能であった。コアブロックシステムの採用により、パイロット生還性と搭載された学習型コンピューターの回収性を高め、ザクの流体パルス駆動に対してモーター駆動方式を採用し関節の動きを柔軟化。マニピュレータには義手の技術が援用され、各四肢には制御用のコンピュータが組み込まれた。また脚部には専用のジェネレータを搭載し踏破能力を高めている。
1号機はサイド7においてジオン軍の奇襲を受け大破。

RX−78−2 ガンダム※
2号機。サイド7においてジオン軍の奇襲を受けた際民間人のアムロ・レイ(のちに軍に編入)が操縦し、ザクU2機を撃破したのが初のMS同士の戦闘とされる。(少なくとも)2号機には大気圏突入能力が付与されており、これは耐熱フィルムと冷却装置による強行突入的なもので、2号機が実際に成功していることが確認されている。RX−78の潜在性はアムロ・レイの高い能力によって最大限発揮され、一年戦争中に多大な戦果を残している(ただしアムロ・レイのNT能力に起因する部分も大きい)。これらの実戦で得られたデータは学習型コンピュータに蓄積され、のちに量産型MSジムにフィードバックされている。
本機はのちにパイロットの要望によってマグネットコーティングが施された。その後ア・バオア・クー戦で喪失。

RX−78−3 G3ガンダム※
3号機。サイド7襲撃では小破し、ルナツーに運搬される。その後マグネットコーティングの試験機として使用され、同時に各部改修を受けて性能が向上。その後は不明。

RX−78−4、5、6、7(7号機のみ計画機)
4、5号機は推力強化、燃料増加の改修が施され、4号機にはメガビームランチャー運用能力を付加されていたとされ(但し実際には装備せず)、ペガサス級サラブレッドに搭載、ア・バオア・クー戦に参加し(4号機はカッセル中尉5号機はロームフェラー中尉)5号機はビグロマイヤーと交戦大破したと言われる。
6号機は300mm低反動砲(?)を両肩に装備し、ジャブロー及び北米にて実戦投入(エイガー少尉)されたとも言われる。
7号機は計画のみ。但しフレームのみ製作されたという説もある。

RX−78XX ガンダムピクシー
8号機であるとも言われる陸戦用の機体で、コアブロックは排除し機体を軽量化、90mmマシンガンとビームダガーを装備していた。大気圏下では最速の機体と言われている。3機製作されうち1機がジオン軍ウルフガー隊と交戦したという説がある。

FA−78−1、2、3 FAガンダム、ヘビーガンダム、重装FAガンダム(いずれも計画機)
MSに増加装甲(及び固定武装など)を装着するフルアーマー計画による計画機。フルアーマーガンダムはガンダムフルアーマータイプとも称される。実際に製作されたとする説もあるが信憑性に欠ける。
ヘビーガンダムはさらに装甲を増加装甲方式から直接改修方式に改めたが、開発難航と必要性が疑問視されたことから計画中止になったとされる。
さらにRX−78−7を強化したFA−78−3重装FAガンダムの計画もあったという。

RX−78−NT1(−FA) ガンダムNT1(アレックス)
宇宙軍をはじめ各軍各部署でガンダム4号機計画が推進されたが、そのうちの宇宙軍案がニュータイプ専用機(但しサイコミュなどは非搭載)としてNT−1のコードを与えられオーガスタ基地(のちのオーガスタNT研究所)において開発が進められたのが、「アレックス」である。代表的な新機軸としてマグネットコーティングと全周囲モニターが採用されていた。
本機はフルアーマー計画の増加装甲が実際に製作されていたが、それにより重量は95tに達し、機動性が損なわれていた。
主武装には90mmガトリング砲を腕部に内蔵していた他、専用のビームライフルがあったとされる。
ニュータイプと言われていたアムロ・レイ少尉に供給される筈であったが、サイド6リボーコロニーにて試験中にMS−06FZと交戦しこれを撃破するも頭部及び左腕喪失などの損傷を受け、テストパイロットのマッケンジー中尉は負傷。修理中に終戦を迎え本機がアムロ少尉の手に渡ることは無かった。

RX−79(G) 陸戦型ガンダム
RX−78の余剰パーツを利用して生産された陸戦用の機体で、当然装甲にはルナチタニウムが使用されている。開発は陸軍によって行われ、東南アジア戦線などの激戦区に配備された。余剰パーツ利用のため性能にばらつきが生じ、これを平均化するためにリミッターが設けられたが、その性能はRX−78に若干劣る程度であった。主武装には100mmマシンガンを採用、オプションに180mmキャノン、ロケットランチャー、ミサイルランチャーなど。ビームライフルの運用も可能。
現地改修も行われ、RX−79(G)Ez−8などが製作された。

RX−79(G)Ez−8 ガンダムEz−8(イージーエイト)
大破したRX−79(G)の一機(シロー・アマダ少尉機)を改修したもの。胸部60mm機関砲を12.7mm機関砲に換装(この関係で胸部形状が大幅に変更)、頭部に35mm機関砲を追加。頭部従来型アンテナを撤去し右側頭に直立型アンテナを装備するなどの改修が行われている。

RX−79BD−1 ブルーディスティニー1号機
ジオン軍フラナガン機関でクルスト・モーゼス博士によって開発されたEXAMシステム(エグザム。用語集参照)を搭載するMSとして、連邦に亡命した博士の主導により開発が進められた機体。当初はRGM−79(G)をベースに使用していたが性能不足であり、システムを積載した頭部を除いてRX−79(G)に変更した。このためジム・ブルーディスティニーとも呼称される。機体は蒼く塗装され、胸部にミサイルを装備。試験中に暴走し友軍第11機械化混成部隊と交戦している。
その後同部隊のユウ・カジマ少尉によって運用され、キャリフォルニアベース攻略作戦中にジオン軍EXAM搭載機イフリート改と交戦し相討ちで撃破。

RX−79BD−2 ブルーディスティニー2号機
EXAM搭載二号機だが、最初からRX−79(G)を使用して製作され宇宙戦にも対応していた他は1号機と同一とされる。ジオン軍によって奪取され、追撃した3号機と交戦し相討ちで撃破。なお、BDシリーズには暴走を防ぐリミッターが設けられていたが、交戦時にはこれが解除されていた。

RX−79BD−3 ブルーディスティニー3号機
予備として製作された機体で、2号機奪取により急遽実戦投入される。空間戦闘に対応している他は同一。2号機と交戦し相討ちで撃破。

RX−81ST RX−81スタンダード(計画機)
RX−78の完全な(廉価型ではない)量産化を目指していたとされるRX−78の後継機種として開発が進められたが、計画のみ。武装や部品の互換性などがコンセプト。

RX−81LA RX−81ライトアーマー(計画機)
RGM−79Lジムライトアーマーのコンセプトを継承した一撃離脱機として開発が進められていた。

※1 番号で見ると4号機を元にしたように見えるが、ガンキャノンの生産台数は3機ではない(らしい)。

※2 サイド7にて大破した機体、小破した機体はそれぞれ「RX−78−2の1号機・3号機」だとする説も存在する。
また、RX−78−1が2機、RX−78−2が1機生産され、のちに78−1が78−2仕様に改修され改めて1〜3のナンバーを振りなおしたとする説も存在。

RB系列(戦闘ポッド)

RB−79K 先行量産型ボール
ボールの先行量産機。主砲が連装である他、ワイヤーで敵機を捕獲することも可能なウインチが装着されている。

RB−79 ボール
作業用ポッドSWP−03を元に開発された戦闘ポッドで、MSの支援用に多数が量産され、ジム1とボール2で小隊を組むことが多かった。ガンタンクと同一の120mmキャノン1門を装備。戦争後期の宇宙戦に大量投入されたが、ソロモン戦やア・バオア・クー戦での帰還率は非常に低かったと言われる。兵達から「棺桶」扱いされることの多い兵器。
動力源は燃料電池。推進は個体燃料ペレットの爆発的燃焼による。

その他

ザニー
連邦軍が鹵獲したジオン軍のザクを改修したもの。120mmキャノンを携行。MSのデータ収集実験に使用された。

ジオン公国軍

MS−05/06/11系列

MS−05A ザク(初期型)
初の実戦配備型MS。

MS−05B ザク(通称:旧ザク)
旧ザクの量産バージョン。一週間戦争で大量投入された。その後は後方部隊や補給部隊に配備。

MS−06C ザクU初期型
ザクUの初期量産型で、ルウム戦役では240mmバズーカ(通称ザクバズーカ)から発射された核弾頭により多大な戦果を上げた。

MS−06F ザクU(通称:ザク)
傑作機と言われるジオン軍の量産型MS。一年戦争を通してジオン軍で最も多数量産された。その優れた汎用性から数々のバリエーション機を生み出すこととなる。
F型は宇宙用。主武装はMMP−79・120mmマシンガン(通称ザクマシンガン)と240mmバズーカ。カメラシステムにモノアイを採用、サイクロプスなどと恐れられた。大戦後期、連邦軍がジムを投入しはじめると、その性能差を当初は錬度で補っていたものの次第に劣勢に転じる。

MS−06J ザクU(陸戦型)
ザクUの地上仕様。オプション兵装として脚部三連ミサイルポッドがある。

MS−06S ザクU(指揮官用)
中隊長クラスに使用された性能向上型。指揮用アンテナである頭部の角が特徴。エースパイロット専用機の母体としても多用された。

MS−06FS ザクU(F型派生機)
F型から派生したタイプ。ガルマ・ザビ地上攻撃軍司令の専用機にも使用された。頭部に40mm機関砲を有する。

MS−06 ザクマインレイヤー
各種ザクU系の機体に機雷敷設用兵装を装着したもの。

MS−06D ザクデザートタイプ
砂漠戦用に改良したタイプ。アフリカ戦線などに配備。

MS−06E ザク強行偵察型
各種偵察用機器を搭載したタイプ。戦後連邦軍に接収された機体がティターンズでも使用された。

MS−06E−3 ザクフリッパー
頭部を三連カメラに換装し、背部に複合探知システムを搭載。16機が製造された。

MS−06K ザクキャノン
肩部に対空・支援砲撃用の180mmキャノン砲を装備した砲撃支援型。各地の戦線で確認されている。指揮官機は2つのアンテナを追加しラビットタイプと呼ばれる。
戦後一部が連邦軍に接収され、空間機動用ロケットモーターを追加、キャノンをビーム式に換装した上で重巡ハリオに搭載配備された。

MS−06M ザクマリンタイプ
水中型として開発されたが水密性に問題があり生産打ち切り。主武装サブロックガン。
のちに連邦軍に接収され「マリンハイザック」として香港特務などが配備。

MS−06V ザクタンク
ザクUの上半身とマゼラベースを組み合わせたもの。制式生産機ではなく、全て現地改造による。主に作業と支援戦闘に従事。
のちに連邦軍が接収。ネオジオン軍でも使用されていた(連邦軍からの再接収か、共和国軍配備機と思われる)。

MS−06W 作業用ザク
作業専用のザク。のちにザクタンクにとって代わられた。

MS−06RD4 宇宙用高機動試験型ザク
リックドム用の脚部の運用試験を行っていた機体。連邦軍との交戦により喪失。

MS−06R1 高機動型ザク(初期型)
次期主力MSの候補として開発されたRシリーズの初期生産型。整備性の悪さなどから22機のみの生産。

MS−06R1−A 高機動型ザク(改良型)
整備性向上のため補助燃料タンクをカートリッジ化した機体で、R1型から11機が改修、56機が新たに生産。

MS−06R2 高機動型ザク(後期型)
R−1A型をさらに改修し、全般的に能力を向上させた高性能機。しかしそのため高コスト低生産性となり、MS−09Rに次期主力の座を明渡した。4機のみ生産されエースパイロット用に3機配備。

MS−06R3 高機動型ザク(ゲルググ先行試作型)
R2の1機を元にして開発された機体で、MS−11(のちにMS−14に番号変更)のパーツを流用しプロトゲルググ的機体になっている。ザクVの名で博物館に送られたが、のちのザクVとは当然無関係。

MS−06F2 ザクU(後期型)
F型の後期生産タイプ。連邦軍に接収された機体は訓練や新型機評価試験の交戦標的として運用された。

MS−06FZ ザク改
大戦末期の生産型で、統合整備計画により他機種とのパーツの共通化や操縦系統の一本化が行われている。終戦により配備数は少数。通常MMP−80・90mmマシンガンを使用。

MS−06Z サイコミュ試験型ザク
有線サイコミュの試験用の機体。3機が製作された。うち二号機をMSN−01に改良。

MSN−01 サイコミュ高機動試験型ザク(ビショップ)
高機動時のサイコミュの運用試験のため脚部を排除して推進機構に変更。ア・バオア・クー戦にZ型2機とともに投入。

MS−11 アクトザク
ペズン計画において開発された機体。マグネットコーティングを施されている。
のちに連邦軍が開発工廠を接収、量産してオーガスタ基地/研究所等に配備。武装はビームマシンガン。

MS−07系列

YMS−07 プロトタイプグフ
グフの試作型。

YMS−07B グフ(先行試作型)
試験的にヒートサーベルを装備。「青い巨星」ラル大尉に支給された。

MS−07A グフ(先行量産型)
グフの初期型。B型と違い、マニピュレーターに武器を携帯。生産数32機。

MS−07B グフ
対MS戦闘を考慮して開発された地上機。格闘戦武装が中心で、特殊兵装ヒートロッドと左腕マニピュレーターを廃して5連マシンガンを固定装備。このため(兵装の)汎用性を損ない、使い勝手も悪く、射撃戦闘に弱かったため生産数はそれ程多くは無かった。

MS−07B−3 グフカスタム
グフの改良機の一つ。固定マシンガンを再廃止し、ガトリング砲などの射撃武器を装備。大幅に戦闘力が向上した。

MS−07C−3 グフ重装型
グフの射撃戦能力向上のため右腕もマシンガンにしたタイプ。さらに汎用性が低下し、格闘戦性能も失われたため量産されず。

MS−07C−5 グフ試作実験機
プロトタイプグフを原型にしている。プロトタイプドムのためのデータ収集機。ヒートサーベルを装備。

MS−07H グフ飛行試験型
MSの飛行を目指した実験機。ホバー走行に留まるが、この技術はドム系に転用された。
のちに連邦軍が接収(?)した機体がジャブロー戦に投入された。

MS−07H−4 グフ飛行型
H型を改良したH−2型をさらに改良。滞空性能など良好な結果を示したものの、空中爆発事故によって喪失。

MS−07H−8 グフフライトタイプ
度重なる試行錯誤の結果完成した(?)飛行型MS。東南アジア戦線にて2機が確認されたとされる。
一般にはMSの単独”飛行”はRX−160バイアランが最初。
本機がジオン側に「病院船」と主張された機動巡洋艦に収容されたことが同艦撃沈の有力な根拠となる曰くつきの機体。

MS−09/10系列

YMS−09 プロトタイプドム
ドムの試作機。量産型では内蔵されている推進器や動力パイプが露出している。牽制用の拡散ビームは未装備。

YMS−09D ドムトロピカルテストタイプ
YMS−09の二号機をベースにした砂漠戦仕様試作機。

MS−09D ドムトロピカルタイプ
YMS−09Dをさらに改良した機体。アフリカ戦線に配備された。

MS−09 ドム
グフに次ぐ地上用主力MS.生産開発はツィマッド社によって行われた。熱核ジェットエンジンによって浮遊することでホバー走行を行い、高い機動性を実現している。主武装は360mmバズーカ(ジャイアントバズーカ)。
「黒い三連星」に配備された機体の塗装がそのまま制式塗装となった。
連邦兵からは「スカート付き」と称された。

MS−09R リックドム
ドムを宇宙用に改良したもので、熱核ロケットエンジンを使用。ゲルググ配備までのつなぎとして宇宙用主力MSに採用されたが、そのまま終戦に雪崩れ込んだ。

MS−09R2 リックドムU(ツヴァイ)
統合整備計画によりパーツや操縦系を共通化したリックドム。同時に各性能が向上している。大戦末期完成のため配備数は少ない。
のちにデラーズ・フリートに多く使用された。

MS−09F ドムフュンフ
リックドムUの地上バージョン。推進機構に熱核ロケットエンジンを使用している。配備数は少数。ジャイアントバズを改良したラケーテンバズーカを装備。

MS−09F/TROP ドムトローペン
ドムフュンフを砂漠戦用に改良した機体。現地生産機が残党軍に多用され、主にラケーテンバズとMMP−80・90mmマシンガンを装備していた。

MS−09G ドワッジ
熱核ジェットとロケットを併用したドムの後継型。砂漠戦能力も考慮。のちに残党軍や、それを吸収したネオジオン軍によって多様されることになる。

MS−09H ドワッジ改
ドワッジの指揮官用性能向上型。のちにロンメル中佐は奪取した兵器で武装強化を行っていた。

MS−10 ペズンドワッジ
ペズン計画においてドムの格闘戦能力を強化すべく開発されたと言われる機体。のちに開発されたドワッジと区別すべくペズンドワッジに名称変更。

※MS−R09とする説もある。当初R09だったのを変更か?

MS−14系列

YMS−14(MS−14S) ゲルググ(先行量産型)
公国軍の次期主力MSとして、ジオニック社が開発、MS−15との競合の結果採用された機体。先行量産型は25機が生産・配備された。主にエースパイロットが搭乗。

MS−14A ゲルググ
次期主力MS量産型。公国軍の量産MSとして初めてビームライフルを標準装備し、接近戦用兵装にビームナギナタを採用。ジェネレータ出力は連邦軍のRX−78を上回り、ジム3機と互角に戦えるといわれる高い性能を有していたが、実戦投入が戦争末期であり、ア・バオア・クー戦では搭乗兵が学徒兵であったため本来の性能を発揮しきれずに終戦を迎えた。

MS−14B 高機動型ゲルググ
背部にブースターパックを装備して加速性を向上したエース用の機体。先行量産型より改修されたものはエース部隊「キマイラ」隊へと配備された。

MS−14C ゲルググキャノン
ビームキャノンと関連装備を追加した砲撃戦仕様。ザクキャノンとは違い砲撃支援を目的に開発された。キャノンは半自動式で、同時に通常の兵装を使用することが可能。腕部には3連装ミサイルランチャーが装備された。C型はB型からの変更が容易であり、任務に応じて換装することが出来た。

MS−14D デザートゲルググ
砂漠戦用に改修された機体。アフリカ戦線に若干数が配備された。

MS−14JG ゲルググイェーガー
狙撃型とも呼称される機体。イェーガーはドイツ語のJaeger(猟兵 aeはaウムラウト)。狙撃用のビームマシンガンを装備し、作戦行動時間を大幅に増やすプロペラントタンクを背部に装着可能。また、各部姿勢制御スラスターも増設され高い機動性を有するなど性能は全般的に向上していた。配備は大戦末期であり、極少数しか投入されなかった。
なお統合整備計画に基づく機体のため同時期の他機種と操縦系が統一されている。

MS−14F ゲルググマリーネ
海兵隊用の機体。主武装はMMP−80マシンガンやMNG−110ビームライフル(戦後は1丁のみ残存)で、腕部に110mm速射砲を装備、シールドはMS−06用シールドにスパイクをつけたナックルシールドを採用、ビームナギナタはサーベルに変更された。
JG型同様、作戦行動時間延長のためのプロペラントタンクを装着可能。
海兵隊は戦後シーマ艦隊として行動し、デラーズ紛争に参戦、叛逆して連邦側についたものの全滅している。

MS−14Fs ゲルググマリーネ(指揮官用)
指揮官用の機体で、頭部にアンテナと40mm機関砲を装備、運動性なども向上している。海兵隊隊長シーマ・ガラハウ中佐機のみが現在確認されている。同機は戦後、MNG−110ビームライフルを唯一使用していた。

その他MS系列

MS−04 プロトタイプザク
プロトタイプザクの4号機。3号機に比べ機動性が2倍以上に向上。

MS−08 高機動型試作機
宇宙戦での機動性強化を目的として開発が進められた機体。MS−07のパーツを一部流用。MS−06R系とコンセプトが重複し開発中止。

MS−08TX イフリート
グフとドムの中間に当たる陸戦用MS。8機が生産された。

MS−08TX(EXAM) イフリート改
イフリートのうち1機にEXAMシステムを搭載し、武装を強化した高性能機。キャリフォルニアベース攻防戦で大破放棄。

MS−12 ギガン
ペズン計画によってスウィネン社(ジュアッグなどの開発企業)により本国の対空防衛用に開発されたMS。
グラナダやキャリフォルニアに配備されたとも言われる。
装輪により機動する珍しい機体。180mm砲1門、四連装120mm砲1門を装備。

MS−13 ガッシャ
ペズン計画によるMS。ズゴックを元にしたMSで、クローとミサイル、山越えハンマーと呼ばれる特殊ハンマーガンを装備していたと言われる。試作段階で終戦により開発中止。

YMS−15 ギャン
YMS−14と次期主力MSを競った機体。格闘戦に主眼が置かれていたが、戦闘はまず射撃戦から行われるのが基本であるため、選定に敗北した。試作機1機がマ・クベ大佐に使用されたと言われる。

YMS−16M ザメル(メルザ・ウン・カノーネ)
600mm砲による長距離砲撃を目的とした重MS。移動はホバーで行い、通常操縦手と砲手の2名によって運用される。ドイツの列車砲のように砲台用の大口径砲を移動可能とするために開発されており、大型の建造物をも一撃で破壊することが出来た。防御用にミサイルポッドを装備している。
メルザ・ウン・カノーネは設計段階での名称。

MS−17A ガルバルディα
ジオン軍がゲルググの後継機として開発を進めていた機体。のちに連邦軍に接収され改装、RMS−117ガルバルディβとして量産配備される。この対比上本機をガルバルディαと称し、本来の名称はガルバルディである。

MS−18E ケンプファー
ジオン軍が開発した最後のMSナンバーの機体。強襲用MSに分類され、高い火力と運動性を誇る。ドイツ語で闘士(Kaempfer aeはaウムラウト)を意味する。
6つのマウントラッチを持ち、ジャイアントバズーカとショットガンを携行する重火力機ながら背部と脚部の大出力推進用スラスターと各部多数の姿勢制御スラスターにより高い機動性を持ち、コロニー内の水平移動も可能であった。
試作機1機がサイクロプス隊に配備され、サイド6リボーコロニーでMS6機を単独で撃墜後RX−78NT−1に撃破されている。

MSN−01(?) キケロガ
腕部有線ビーム砲と肩部メガ粒子砲を装備した機体。詳細不明。

MSN−02(MAN−02) ジオング
巨大MSとして開発が進められたNT専用機。頭部にコクピットを有し、有線式5連装メガ粒子砲2門(腕)、頭部メガ粒子砲1門、腹部同2門を装備。本来は頭部、腕部、上半身、脚部が独立行動出来る予定だったとされる。
ア・バオア・クーにて完成度80%(脚部なし、一部装甲なし)で出撃、交戦の末RX−78−2と相討ちで撃破された。

MSM系列

MSM−02 水中実験機
ザクベースの水中MS開発が失敗に終わったジオン軍がツィマッド社に開発させた試作MS。

MSM−03 ゴッグ
初の本格的水陸両用MS。水冷式のメガ粒子砲を2門装備(他魚雷発射管)し、機雷防御装備フリージーヤードと厚い装甲を持つ。

MSM−03C ハイ・ゴッグ
統合整備計画によりコンセプトをそのままに新規設計されたMSM。長大なフレキシブルアームにビーム砲を内蔵、オプションで大型ミサイルを装備できる。アーム収納に加え肩部を折りたたみ、水中用ジェットパック(着脱式)を装備することで巡航性が大きく向上している。

MSM−04 アッガイ
MS−06Jのパーツをを流用したMSM。電波吸収剤を使用しステルス性を高め、偵察などに使用された。

MSM−04N アッグガイ
アッガイをベースに格闘戦能力を強化した機体。ヒートロッドを装備(またはアイアンネイル)。複眼式センサーが特徴的。データ収集に使用。
のちにレプリカ機がサイド3・24バンチ、タイガーバウムで使用されている。開発はスウィネン社。

MSM−04G ジュアッグ
アッガイをベースに射撃戦能力を強化した機体。両腕に三連装320mmロケットランチャーを装備。データ収集に使用、データはMS−12ギガンに流用された。
同じくスウィネン社製。

EMS−05 アッグ
ジャブローまでトンネルを掘削して侵攻(・・・)することを目的として開発されたMS。ドリルとレーザートーチを装備。
これもスウィネン社が開発。

MSM−07 ズゴック
水陸両用MSの陸戦能力強化を目的に開発された機体。MSMの傑作機とされ、各戦線に多数配備、使用された。
6門のロケットランチャーと格闘戦用クローを装備、跳躍用の化学燃料ロケットを装備し、空冷式の高出力ジェネレーターを搭載した。

MSM−07S ズゴック(後期型)
当初は指揮官用として製作された機体。腕部にビーム砲を装備。後にMSM−07の生産は全てS型に改められた。

MSM−07E ズゴックE(エクスペリメント)
統合整備計画により改修されたズゴック。エクスペリメントは実験の意。水中巡航性、ビーム砲などが改良強化され、ハイゴッグ同様のジェットパックを装備した。ロケット砲は魚雷発射管に変更(6門12発)。

MSM−08 ゾゴック
ズゴックの陸戦能力を強化した機体で、武装はワイドカッターのみ。実戦投入はされていないが一部の機体が特殊任務(工兵任務)に従事したという説もある。開発はMIP社。

MSM−10 ゾック
上陸作戦での火力支援を目的に開発された機体。前後対称、歩行不能という特異な構造をもつ。前後各4門のメガ粒子砲と頭部にフォノンメーザー砲を装備。装甲防御力では一年戦争でもトップクラスとされるが、機動性は非常に低い。

MA系列

MAX−03 アッザム
G87ルナタンクをベースに開発した空中移動砲座。連装メガ粒子砲8門と高周波による高熱で敵を攻撃するアッザムリーダーを装備。MAの原型。

MA−04X ザクレロ
試作されたものの加速性などに問題があり途中で放棄された機体。拡散メガ粒子砲とヒートナタを装備。廃棄予定だったが無断使用され喪失。

MA−05 ビグロ
兵員不足のジオン軍が単機で複数のMSと同等の戦力を得るため開発された機体。メガ粒子砲とミサイル、クローによる対艦戦闘を目的とし、試作機は交戦により喪失したが少数量産されア・バオア・クーに配備された。

MA−06 ヴァルヴァロ
対MS戦闘も想定して開発されたMA。メガ粒子砲などに加え、特殊兵器プラズマリーダーを装備している。生産は3機ほどで、うち一機が戦後GP−01Fbと交戦、撃破されている。

MAM−07 グラブロ
水中用試作MA。対空対艦用のミサイルと巨大なクローを装備。3機が試作された。

MA−08 ビグザム
ジャブロー侵攻用に開発された大型MA。偏向式の大口径メガ粒子砲と全周に28門のメガ粒子砲を装備。対ビーム兵器用にIフィールドを搭載。宇宙での防御用に脚部クローを射出出来るようにしている。
但し行動限界時間はフル稼働でも15分と僅かであった。
1機試作されソロモンに配備、ドズル中将に使用され連邦艦隊に痛撃を与えるも戦闘機の特攻とRX−78−2に撃破された。

型式番号不詳 アプサラス/アプサラスU
ギニアス・サハリン技術少将が開発を推進していたMA。ミノフスキークラフトで飛行し大出力のメガ粒子砲を装備。

〃 アプサラスV
アプサラスの完成型。リックドム3機のジェネレーターを追加し、2基のMクラフトで飛行する。そのメガ粒子砲は山を消失させるほどの出力を有していたが、開発基地を巡る攻防戦において破壊された。本来はジャブロー攻略用の機体。

〃 ライノサラス
オーストラリア戦線で現地製作された機体。ホバー走行する車体(?)にザクの上半身を利用した砲塔を持ち、200mmキャノン砲(接収バストライナー説有り)を主砲として副砲やミサイルランチャーで武装。
MAというよりは地上砲艦といった感じの機体。

MAN系列

MAN−03 ブラウブロ
ニュータイプ専用MAとして開発された機体。サイコミュシステムを搭載し、有線メガ粒子砲2門、固定式2門を装備。また機体は3分割出来、パイロットの生還性を考慮している。2機試作されたが、RX−78−2によって撃破。

MAN−08 エルメス
サイコミュ兵器ビットを搭載したNT専用MA。ビットは10基搭載され、他にメガ粒子砲2門を装備。ララァ・スン少尉によって運用されコンペイトウに駐留する艦隊に攻撃を仕掛け5隻を撃沈、ソロモンの亡霊と恐れられたが、後にRX−78−2によって撃破された。