HOME STAFF 業務内容 CLASS アクセス 写真 声 BLOG

こうのとり助産院で出産された方の声
           

山本 麻希 様
山本 麻希 様  私は周産期センターに勤務する助産師です。先日、助産院で第1子を出産しました。
今回、自分がお産するにあたって助産院を選んだのは、自分に備わった産む力を信じてみたかったからです。
 昔から出産は病気ではないと言われてきました。しかし、ハイリスクな妊産婦が増加し、医療行為が必要なケースが増加しています。
ただし、医療行為はすべての分娩に必要なわけではなく、助産院では医療行為は緊急時などの必要最低限でしか行われません。
当たり前のように行われる会陰切開も当然医療行為であり、助産院では行いません。私は妊娠中からお産に向けて体重のコントロールや会陰マッサージなど
これまで自分が指導してきたことを実践し、自分で産めるように過ごしました。
 実際のお産は5時間もかからないあっという間のお産で、自分の過ごしたい姿勢で過ごし、家族や助産師にずっと腰をさすってもらい、リラックスしてお産に臨むことができてとても満足感を得たお産でした。
 また、産婦にとって妊娠中からお産に向けての体づくりだけでなく、心づくりも重要です。 これまでの経験から、産婦がお産に前向きに取り組んでいると順調な経過をたどる方が多かったように思います。 それとは逆に、お産に対して後ろ向きに取り組んでいると、お産がなかなか進まなかったり、医療行為を行わなければならない状態に陥ってしまうように思います。
 私自身、勤務中に産婦から「産ませてください。」と懇願されることがありました。もはや自分で産むという気持ちではなく、誰かに産ませてもらうという
他力本願な状態になってしまっていることがあります。確かに増強する陣痛に対していつまで続くのか、本当に自分が産めるのだろうかと不安になったりすることもあると思います。
しかし、お産をするのは産婦でしかなく、医療者はサポートでしかありません。お産は十人十色であり、満足感を得られる観点もそれぞれ違うと思います。
産婦の自分で産もうとする力を高め、より満足感を得られるようにするには、助産師の妊娠中からの保健指導が重要になるのではないでしょうか。
 保健指導は助産師にとって大きな役割であり、助産師としての腕の見せ所です。体重のコントロールや食事指導などの体の準備だけでなく、
自分がお産するという心の準備ができるような保健指導を行い、産婦に備わった産む力を最大限に引き出していくべきだと思います。
 私は今回の妊娠出産を機に自分が経験するという大きな財産を得ました。今までの知識や助産師としての関わりだけでなく、
相手の立場にたって考える、妊産婦の気持ちを理解するということを身をもって経験したことで、今後の助産師としての関わり方に対する視野が広がったと感じています。
 一人でも多くの女性が安心して妊娠出産をし、子育てが少しでも楽しめるように関わりながら今後の助産師人生を楽しんでいきたいと思います。

伊藤 恵利子 様
伊藤 恵利子 様  私は、2008年 1人目を総合病院で女の子を出産しました。その後、2人目がなかなか授からず、主人と妊娠出産子育てについて、見直し考えるようになりました。
 もし2人目を授かることができれば、こうのとり助産院で出産したいと思うようになっていきました。
 早いもので、こうのとり助産院での出産から 8ヶ月が過ぎました。家事育児をしているとあっという間に月日が経ちますが、出産の日のことはよく覚えています。

 2014年6月3日(予定日より9日早く)夜中1時10分破水からの陣痛。主人は夜勤のため留守。 実家の父母にとんできてもらい、娘を連れて2時35分入院。
 畳の部屋のお布団の上にゴロンと横になると、まるで実家に帰ってきたような感覚になりました。 5時35分陣痛間隔2分半を自分で計ったのが最後。それからは助産師さんのかけてくださる 声と手 に体を委ねました。 助産師さんとは妊婦健診で何度も顔を合わせ、お話しさせてもらっているので、助産師さんを信頼し、助産師さんの指示に従えば大丈夫という気持ちが強かったです。
 陣痛がくると痛みが怖くずーっと全身に力を入れていました。すると助産師さんが、
「今、痛くないはずよ。力を抜いてー。」
 恐る恐る肩の力を抜くと、あら不思議、痛くない。陣痛と陣痛の間に最後まで必ず休憩が‥‥ それを知ると、次の陣痛の痛みが恐怖じゃなくなりました。赤ちゃんに会える幸せ喜びに変わりました。無駄な力を使わず最小限の痛みで出産させていただきました。
 主人も出産に間に合い、娘も立ち会いの元、6時40分元気な男の子が誕生しました。

 入院中は、洗濯していただけたこと、すごく助かりました。
 毎日のオッパイマッサージの時間に話し相手になってもらったり、ご飯は3食とも色とりどり品数豊富で温かいご飯。 そのおかげでオッパイもたくさん出て、ゆったりとした気持ちで赤ちゃんと幸せな時間が過ごせました。

 こうのとりの助産師さん、本当にいろいろとありがとうございました。これからも身体に気を付けて御活躍下さい。

山田 純子 様
山田 純子 様  結婚する前から、自然分娩でお産しているお友達の影響で、自分も子どもを産むことができるなら自然分娩で!!と考えていました。 実際に子どもを授かり、身内に相談すると、実母に反対をされました。私を出産する時に難産だった経験があるからです。
 私自身、確かに不安がないわけではありませんでしたが、実際に、こうのとり助産院へ見学に行き、 助産院のお産であっても依託医の産婦人科医へは定期的な診察に行かなければならないこと、 何か問題があれば助産院でのお産ができないことなどをあらかじめ聞くことができて、実家の両親も、それならと承諾してくれました。
 ふたりの子どもは、先生方のおかげで無事お産ができました。助産院と言っても何人もベテラン助産師さんがいてくださるので、本当に心強かったです。 ふたり目の子の時は、家族の立ち会いがなかったのですが、力強い言葉かけと、あたたかい手でずっと腰をさすっていただけたことで不安な気持ちはなく、 先生方に囲まれ、むしろパワーがわいてきて、驚くほどあっという間の安産でした(笑)
 そして産後の入院は、しあわせな時間です♪先生方の美味しい手作りご飯と、毎日の母乳マッサージ・・・先生方との楽しいおしゃべり♪とても良い思い出です。
 こうのとり助産院でとりあげていただいた我が子達を、大切に育てていこうと思います。本当にありがとうございました!!

後藤 千春 様
後藤 千春 様  私がこうのとりを選んだのは、第一子の出産をやり直したいと思ったからです。 第一子の退院の晴れの日の車中、私は(あ〜もう一回産み直したい!)と思ってしまいました。 無事出産させてもらって罰当たりと思いつつも、自分が思っていた出産と何か違うぞという気持ちが拭えませんでした。 分娩だけでなく、産後も自分の回復や母乳の出などで辛く、でも初めてのお産なのでこれが普通かと思いながら、訳も分からず泣く赤ん坊を前に必死でした。
 こうのとりを初めて訪れたのは、生後3週間のこと。母乳指導に訪れたのが最初でした。 おっぱいの加えさせ方に問題があるようで、しっかり指導してもらって、「母乳でいけるよ!」と助産師さんに言われたことがとても嬉しかったことを覚えています。 そして、何より嬉しかったのは、出産の後悔話(半分グチ^^;)を聞いてもらえたこと。「そうか、それは大変だったね。」とこちらの身になって共感してもらえたことです。
 その後、テレビ等で自分のように出産に後悔を抱えている人は、意外に多いと知りました。 そして、様々な助産院・お産の家のことを知るにつれ、助産院での自然な分娩に興味を持ち、第二子は迷わずこうのとりを選びました。 結果的に、第一子のお産の後悔はすべて克服できました。
 こうのとりの健診は一人30分間で、たっぷり話を聞いてもらえるので、出産に関する不安はほとんど解消して臨めました。これがすっごく大事だと思います。 上の子は、病院では泣くのですがこうのとりでは泣かず、逆に楽しみに遊びに行きました。
 当日、主人はもちろん、畳なので上の子も立ち会え、皆で産んだ感がいっぱいでした。 陣痛中、ずっと助産師さんが付いていてくれ(その日は豪華に3人も!)、お産が進むツボを押してくれたり、痛みが和らぐようさすってくれたり、お産が進む楽な体位をいろいろさせてくれたりしました。 上の子が心配でしたが、持参のタンバリン(^^)で「が〜んばれ」と応援してくれたり、時折、彼女の言動で皆が爆笑していたりと、私の緊張を解いてくれるのにも一役買ってくれました。 (緊張が続くとお産も進まないらしいですね)
 ついに生まれたときは、感動で涙が出そうになりました。第一子の無痛分娩のような体験よりは痛みましたがそんなことかき消されるほど、(嬉しい!かわいい!)と思えました。 赤ちゃんは頭が出てオギャーと元気に泣いた後、最短ルートで私の胸元に来て、すぐ静かになりました。 上手に産まれた子は、それほど泣かないと助産院の先生の本に書いてあったので、本当にそうなんだ〜と感動し、心から助産師さんに感謝しました。 他の助産院でされていて憧れていた、産後その場で「乾杯〜!」もしました(私はジュースで)。こんな希望を叶えてくれるのも、助産院ならではのこと。 立ち会った家族、取り上げてくれた助産師さん、駆けつけた実家の家族、そして、感動の一部始終を記録してくれた出産カメラマンさん、皆で乾杯する姿は、この世に生まれてきた凛果(りんか)の最初の最高の誕生会でした。
 そして、第一子は大変だった産後ですが、今回は自然に産ませてもらえたおかげか、翌日すぐ自力で歩け、ご飯ももりもり食べられ、おっぱいもたくさん出て、赤ちゃんもそれほど泣かず、とっても楽でした。 2,3日後で正座もできました。全てがプラスにリンクし、本当にここまで違うのか!と自分でもびっくりでした。 入院中のお料理は心づくしのおもてなしで本当においしく、これがすべて助産師さんの手作りと知り、尊敬! 忙しいお仕事の合間、部屋でおしゃべりをしてくださるその話が、また経験豊富でとてもありがたく、更に仲良くなれてリラッ〜クス。 こうした、名実ともにアットホームな空間が、妊産婦の心のケアにつながり、うまい分娩、その後の育児につながるのだと思います。 (実際、ストレスがないことが、痛みの軽減につながるということが医学的にも証明されているそうです)

 「助産院は心配」との声を耳にします。私もそう思っていました。でも産院と助産院との出産を経験してみて、確かに産院は万が一の医療行為がその場でできる点で安心です。 でも多くの場合出産は医療行為のいらない自然のこと。妊婦が不安ないように暖かく、妊婦と赤ちゃんが持っている神秘の力で行えるよう助けてもらえる助産院はとっても心強く安心です! だってその方が赤ちゃんも楽そうだし、自分の産後が楽々、その上感動まで味わわせてもらえるという素敵な経験をしたので。
 かくして、私は第一子の出産時の心の引っかかりを、有り難いことに予想以上の満足度で払拭できました。 もう退院の車中で産み直したいなんて思いません、それは普通にノーサンキュー^^; もし、第三子に恵まれればもちろんこうのとりさんにお願いしますが、ね!

興膳 純子 様
興膳 純子 様  こうのとり助産院での出産、入院生活は本当に幸せな時間でした。出産の時は、旦那さん、2歳11ヶ月の娘と一緒に新しい家族を迎えることができました。
 健診の時から出産まで、一番近くで私を見ていた娘にとって、赤ちゃんが生まれることはとても素敵なこと、助産院は楽しい場所という印象になりました。 赤ちゃん生まれるごっこをして遊んだり、私も赤ちゃん生まれてお母さんになるの!どんな名前がいいかなぁ。と話をしたりしています。
 一人目を出産した産院は、機械的で管理されている印象を受け、違和感を感じました。こうのとり助産院は、健診の時もゆっくり話を聞いて下さり、上の子への配慮もしてくださりました。 また、健診の前後やクラスで一緒になったお母さん同士が交流できるようにしてくださり、お友達もできました。
 出産の時は暑い夏の夕方。川風が心地よく、窓から差し込む光がキラキラとしていて、とても気持ちよかったことを今でも覚えています。娘が“安産”と書かれたうちわで仰ぎながら応援してくれました。
 入院中は、赤ちゃんとずっと一緒にいられるし、家族や友人も畳の部屋でゆっくりできると好評でした。 そして、毎回楽しみだったのが食事です。実家で採れた野菜を使ってくださり、家庭的でボリューム満点!とってもおいしかったです。
 こうのとり助産院での出産は、助産師さんが家族のようにあたたかく見守ってくださるので、たくさんの家族に囲まれて、赤ちゃんを迎えたように感じられます。 みなさんが、優しい笑顔で赤ちゃんに接してくださるので、生まれてきた赤ちゃんのこと、支えてくれる家族のことを愛おしく大切に思えました。 そのおかげで、その後の育児もスムーズにスタートできました。

松田 理香 様
松田 理香 様  お世話になったのは、二回目の出産のときでした。 初めての出産はマタニティクリニックで促進剤を使用したので、自然なお産というものを経験したい!という思いがありました。
 しかし、8ヶ月のときから張りが強くなり安静を心がけていたのですが、9ヶ月の妊婦健診のとき「赤ちゃんがだいぶ下がってきてる」と言われ、切迫早産で入院となりました。
 二週間の入院で正産期に入ったので退院し、5日後、無事に助産院で出産することができました。 陣痛を待ち、ゆっくり赤ちゃんが降りてくる感覚があり、出産はとても感動的でした。
 陣痛で苦しかったとき、いきみたいのを我慢しなくちゃいけないと思っていたけど「好きなようにしていいよ」と助産師さんに言われた一言ですごく楽になりました。 常に助産師さんがそばにいてくれるという安心感もありました。
 それに産後、我が子とずっと一緒に居られたことは本当に幸せでした。母子同室は大変なのかな?と思っていましたが、むしろ赤ちゃんがそばにいることで心穏やかに過ごせたように思います。

 そして‥‥
 産後6日間の食事はとっても素晴らしかったです!! 種類豊富な野菜中心のおかず、具たっぷりのお味噌汁、おひつに入ったごはん‥‥。 箸置きや、器にも心遣いが感じられて、お腹も心も満足、満足!でした。 産後、身体の調子が良く、元気でいられたのは食事のおかげだと思います。
 入院したことで、日々の食事や、運動、健康の大切さを改めて感じた今回の妊娠、出産。 支えてくれた家族にも感謝しています。

 スタッフの方々には妊娠中も、産後も、何度も励まして頂きました。 病院に付き添って頂いたり、陣痛中の足浴、産後の腫れ上がったおっぱいにキャベツ湿布‥‥ あたたかいケアが心に残っています。 こうのとり助産院で出産できて良かったです。ありがとうございました!

玉越 寛子 様
玉越 寛子 様  私がなぜ、こうのとり助産院でお世話になりたいと思ったのか、それは、いろんな人の導きがあったからです。数年前の私だったら、助産院で産みたいと思うことなど想像もしていませんでした。
 若い頃から漠然と、女性で産まれたので、〜結婚して子供産むのだろうけど、痛いというし、怖いなあ、嫌だなあ〜とマイナスのイメージばかり思っていました。だから、結婚も具体的に考えることができませんでした。
 こんな私を大きく変えたのが、友人が誘ってくれた、吉村正先生の講演会でした。吉村先生は、岡崎で吉村医院を開いている方です。 その内容は、今まで聞いたことがない内容で、とてもびっくりしてしまったのですが、病院は金儲けだとか、すぐに帝王切開してしまうとか、少し過激な事を言われる方でした。 しかし、自然なお産の楽しさや、出産は女性にしかもっていないすごい力だということを聞くことができて、そんなお産をぜひ経験してみたいと思うようになりました。
 その何年か後に結婚ができ、幸いにも子供も授かりました。その時、前の年に出産していたいとこから、吉村正先生著『いのちのために いのちをかけよ』を貸してもらい、ますます自然なお産がしたいと思うようになりました。
 助産院で産みたいと妊娠5か月目で、こうのとり助産院を訪ねました。郡上なので、高速で1時間かかりますが、ベテラン助産師さんが沢山みえて、雰囲気もよく、すぐここで産みたいと決めました。 主人も、父母もすこしびっくりしていましたが、許してくれました。
 通院でいろいろ出産について疑問や心配な事があると、助産師さんに尋ねました。親切に丁寧に教えてもらい安心できました。自然なお産が、かなうように、日々の努力もしました。 時間があるときは歩くように、マタニティヨガ、拭き掃除等。また、体を温めるといいということで足湯やお灸もしました。 それでも、無事に自然に産めるのか不安でした。 そんな私に、妊娠時、知り合いになった元助産師さんが、産み方は、産まれる子が決めてくるからね。頭でいろいろ決めていても、早く産まれてきたり帝王切開になる時もあるよ。 産まれてくる子が決めるからしょうがないと言ってくださり、自然に産むことにこだわっていた私は、とても気持ちが楽になったのを、覚えています。
 その後も、こうのとり助産院のスタッフさんに支えてもらいながら、楽しい妊娠生活を送りました。
 そして、出産の時を向かえます。前日、主人と一緒に沢山歩きました。そして夕方からなんとなく下腹が痛くなり、ご飯を食べ、ゆっくりお風呂にはいり、ベッドに横になった時、パチンと音がして破水しました。 いよいよかと思い、助産院に電話をして、車で向かいました。 産院について診察してもらい子宮口が全然開いていなかったので、まだまだ時間がかかるねと言われていたのですが、ものすごい勢いで次から次へ陣痛がきて、3時間半くらいで出産していました。 畳の部屋で、主人と母に立ち会ってもらい、怖い気持ちなどなく、自然にまかせて産むことができ忘れられない素敵な出産になりました。
 産後すぐでも、元気すぎて、動きすぎてしまう状態で、逆に気を付けないといけませんでした。産院で過ごした1週間は、畳の部屋で、家にいるようなリラックスした気持ちで過ごせて、嬉しかったです。 あんな素敵な出産を経験させていただいた、こうのとり助産院のスタッフの皆様に感謝しています。 もし、次の子供が授かったら、またこうのとり助産院でお世話になりたいです。 そのときは、よろしくお願いします。

大野 芙由子 様
 私は、縁あって"こうのとり助産院"を知っていたので、
「出産する事があればお世話になりたいなぁ」と思っていました。
 妊娠中は貧血があり、助産院での出産が難しいかもしれない状況でしたが、なんとかギリギリで数値が回復。 幸い妊娠経過も順調に進み、こうのとり助産院にて新しい家族を迎える事が出来ました。
 初めての出産で、すべてがドキドキでしたが、当日は時間が朝だった事もあり、三人の助産師さん見守られての出産になり、多くの励ましと安心感をいただきました。 また、母と夫と同じ時間を共有出来、私はもちろん、皆にとっても心に残る思い出となっています。
 産後は和室の部屋で、家族でゆったりと過ごせました。 母子同室なので、赤ちゃんが泣いたらひたすら授乳の日々でしたが、そのおかげで母乳育児も軌道に乗り、赤ちゃんとの生活にも慣れる事が出来ました。
 その後も母乳の出は良好だったのですが、赤ちゃんが生後3ヶ月の時にトラブルが発生。 乳腺炎になってしまい、それが運悪く三連休の中日、日曜日でした。
里帰りをして出産したので、こうのとり助産院までは距離があるのですが、近場で休日に診ていただける所が無かった為、こうのとり助産院に助けを求めたところ、 「いまから来られる??」と聞いてもらい、その日のうちに診ていただけて、悪化せずに回復する事が出来ました。
 出産後の関係が続いていくのも、助産院ならではな魅力のひとつではないかなっと思います。
 今は、乳児健診で赤ちゃんの毎月の成長を見守ってもらい、心配事を相談すると対処法を教えていただけるので、 初めての子育てで知らないことばかりな私にとっては、とてもありがたい存在です。

西山 可枝 様
西山 可枝 様  お産に望むことは人それぞれあると思います。わたしは分娩台の上ではなく、自然な流れでお腹の子を迎えたいと望んでいました。 妊娠がわかったとき、わたしの周りには助産院で出産したという人がなく、経験談を聞くことなくこうのとりさんへおじゃましました。 初めてのお産、不安なことばかりでしたが、経験豊富な助産師さん達が本当に頼もしく、みなさん気さくな方達なので毎回の検診が楽しかったです。
 途中逆子が発覚し、ギリギリまで戻ってくれず、こうのとりさんではお産できなくなっちゃうのかな〜なんてとても残念で、助産師さん達もずっと気にかけてくださってました。 逆子が直ったときはわたし以上に喜んでくれたのがとても嬉しかったです。
いざ陣痛が始まり、なんせ初めてのお産でしたので、不安いっぱいドキドキの始まりでしたが、安心して全てを任せられました。 今思うとあっという間でしたが、お産はとても楽しかったです!立ち会った主人と母も含め、ほんとに素敵な経験をさせてもらいました! 産まれた瞬間からずっと一緒に過ごせるし、入院中も栄養バランスのとれたおいしーーーいご飯が毎回楽しみでしたし、 おっぱいマッサージや沐浴などいろいろ指導していただき、なにも心配することなく、快適に初めての育児に専念できました。
退院のときはとっても寂しかったのを覚えています。もちろん頑張るのは母となる自分ですが、なんでも安心してこうのとりさんに頼れました。
今でも頼りっぱなしで、毎月の健診にもずっとおじゃましています。すくすくと成長していく息子をみなさんに見ていただきたくて…!今とても幸せです。 助産師のみなさんに力をいただいて、いろいろ助けていただいて今があると思います!本当にありがとうございました! 二人目、三人目…と授かった際にはまたお世話になりたいと思っていますので、よろしくお願いしますね〜!

増田 真美 様
増田 真美 様  今回3人めのお産で、長女と次女は、総合病院の産科でのお産だったので、初めて助産院で出産しました。
 お産前日、数日前まであったお腹の張り痛み、腰痛、足の付根の痛みも強くなり、頻繁になりました。 健診で、お腹の赤ちゃんに「この日に産まれてきてね」と話しかけておくと、赤ちゃんも聞こえてるからその日に産まれるよと聞いてたので、 毎日子供たちと話しかけてました。
 お産当日、陣痛間隔も短くなって助産院へ家族全員で行きましたが、まだ子宮口があまり開いてなくて、助産師さん付き添いのもと階段昇降をしました。
 次第に痛みも増して間隔も短くなってきて、3人目のお産だというのに陣痛で大声で叫んでました…。 でも助産師さんがずっとそばにいて腰を擦って、痛みを和らげてくれ、本当に心強かったです。 助産師さんも全員で見守ってくれ、いきむタイミングも声をかけてくれました。 一旦アパートに戻った子供たちも、赤ちゃんの誕生にギリギリ間に合って、 赤ちゃんの頭が見えてきて、子供たちもびっくり喜んでくれました。
 生まれたての赤ちゃんを胸で抱いたぬくもり、温かさは忘れられません。 へその緒も主人が切り、家族皆で赤ちゃんの誕生を迎えられました。 子供たちも「赤ちゃんかわいいね、お母さん“はーはー”言ってたね」とびっくりしてました。 それから家族でゆっくりその部屋で赤ちゃんと過ごしました。
 入院中の食事は助産師さんたちの、心のこもったおいしいお料理にお夜食、おもてなし、まるで旅館のようでした。 お部屋もきれいだし、窓からは川のせせらぎが聞こえ、風通しも良く、とても快適でした。
 助産師さん方も、皆さん明るく優しくて、相談しても丁寧に教えて下さいました。 睡眠不足で頭痛になると、首や肩をもんでくださったりして、嬉しかったです。 病院だと赤ちゃんのお風呂の時間、診察時間も決まっていて、看護師さんも皆忙しいので、なかなかそういう時間ってないですもんね。
 あと病院と大きく違った所は、出産当日の夜は赤ちゃんは新生児室で預かっていましたが、 助産院は産んだその日から母子同室で、すぐ赤ちゃんと一緒に寝れるので安心感がありました。
 洗濯ものも、助産院でして頂きました。 また上の子供たちが面会にきたときも、優しくして頂いて、家族ぐるみでお世話になりました。 感謝の気持ちでいっぱいです。こうのとり助産院でお産ができたこと、本当にうれしく思います。 これから出産を迎える方におすすめです。助産師さん、皆さん家族のようにあったかいです。

近藤 由佳 様
近藤 由佳 様  私の妊娠が判明して直ぐの頃、テレビで、こうのとり助産院での出産映像が放映されているのを見た私は、「絶対ここで産む!」と決めました。 助産師さんが家族のように妊婦さんに寄り添い、励まし、共に赤ちゃんを産む姿に感動したからです。 こうのとり助産院に惚れ込んだ私は、里帰り出産せず、美濃で出産することを決めました。
 そして早いもので、私がこうのとり助産院で涼を産んでから1年が経とうとしています。 初めての子育てに毎日悪戦苦闘しながらも、涼から笑顔と喜びを貰っています。 分からないことがあれば、何でも相談に乗ってくださる助産師さんのおかげで、いろいろな事を学びながら、ここまで涼を育ててこれたと感謝しています。 退院後も検診の度に、「涼君、涼君」と涼の成長をわが子の成長の様に喜んでくださる皆さんと会えるのが、楽しみの一つです。
 こうのとり助産院では、ベビーマッサージやおたのしみ会等の出来事がありましたが、 中でも一番の体験となった出産について、当時書き綴っていた日記のままご紹介したいと思います。

 妊娠後期となり、不安と期待が入り混じる私に、助産師さんが、「お腹の赤ちゃんに○○日に産まれて来てね」等と話しかけておくとその通りになるよと教えてもらい、 私は旦那が立ち会える「予定日の夜中からゆっくり出ておいで〜」等と話しかけていた。
 予定日深夜0時。暑さとお腹の痛みで目が覚め、トイレへ行くとおしるしが。 再び布団に入り、眠りにつくも10分間隔で痛い。横を見ると、旦那はスヤスヤ・・・。 これから腰をさすったりしてもらいたいし、今は寝ててもらおうと1人耐える。

 午前4時。6分間隔。助産師さんから、5分間隔になったら連絡頂戴と言われていたので入院の荷物を確認しがてら旦那を起こす。
 私、「出血した。お腹痛いの6分間隔。今日か明日には赤ちゃんに会えるよ。」
 旦那、「うそっ!?ってか何時!?4時?なら、5時になったら助産院に電話しよう・・・ムニャムニャ・・・」
・・・寝てしまった。 マジで!?と思いながらも私は仕方なく5時を待つことに。

 午前5時。陣痛5分〜7分間隔を行き来する。ウトウト寝ると痛みで起こされる。赤ちゃん〜少しずつ下りておいで〜。けど、痛いよぉ〜。 (今から思えば、この時の痛みなんでまだまだだった。)
 私は旦那を起こし、体重増加により我慢していたアイスを頬張り、ご飯を食べ、これから消費するであろうエネルギーを蓄えた後、助産院に電話。
 助産師さんから、「シャワー浴びて、来て。焦らなくてもいいからね」と言われ、支度をして午前8時半、いざ助産院へ。

 助産院に着くと、玄関先まで助産師さんが出迎えてくれた。
 助産師さん、「あら。めっちゃ余裕の顔やん。まだまだっぽいね。子宮口の開きを確認してみよう」
 今の痛みも痛いは痛いけど、鼻からスイカが出る痛さに例えられる陣痛がこんなものではないはず。と思っていた私は、やっぱりまだまだだよね・・・と一人思う。 子宮口を確認すると1cm。子宮口は10cm開かないとお産はできないので、まだまだ。
 助産師さんから、「このまま入院してもいいけど、入院せずに買い物とか散歩して来てもいいよ。 甘いもの食べたり、飲んだりすると陣痛強まるからいいよ。入院しないなら、2分間隔になったら来てね」 と言われ、2分!!どんなけ短くなるまで頑張らなきゃいけないんだ・・・と思いながらも、 気分転換兼ねて旦那と近くのショッピングセンターへ。

 ショッピングセンターで歩き始めるも、定期的に来る陣痛に体が固まり、旦那がさり気に私を支える。 きっと周りの人には、この人達動きがおかしいと思われていたに違いない。
 午前11時半。1時間半位粘って歩くも陣痛の間隔縮まらず、限界に達する。 お昼ご飯を何にするかで旦那と喧嘩になり、結局1時間半うろうろ車でさ迷ったあげく、食材を買い込んで自宅へ。 家に着くと車の振動の影響か、陣痛が来ると立っていられない。 とりあえず、陣痛の間をみてサラダとオレンジジュース、ミックスジュース、エクレア、ケーキ2個を食べ、スクワット&階段上り下り。
 この間も随時助産師さんからは電話をもらい、状況報告。「助産院に来てもいいよ」と言われるものの、2分間隔になるまで頑張る!と決めた頑固な私。

 午後4時。陣痛の間隔が縮まらないものの、今までの陣痛とは比べものにならない痛さが! 旦那に「腰さすって〜。後ろで支えて〜」といろいろお願いしまくる。
 旦那はパニックになったのか、腰を下から上へさすったもんだから、痛み倍増!!私に逆だってば!と怒られる。

 午後5時。玄関先で嘔吐し、雷が鳴り始める中、痛みに耐え切れず助産院へ。もう車の振動の痛みなんてどうでもいい位お腹が痛い。

 助産院に着くと、やっぱり入り口で助産師さんが待っていてくれた。助産師さんの顔を見ると、ほっとした。
 痛みに耐えながら、車から降りていると、助産師さんから、「朝とは違ういい顔だ。」と言われ、6畳程の和室の部屋へ転がり込む。 畳の部屋に布団が引いてあるだけの部屋。けど、それだけでなぜだか落ち着く。

 この時点、子宮口5cm・・・
 「日が変わる頃には産まれるよ。」と言われ、まじで〜・・・こんな痛みのまま日が変わるのは嫌や!絶対午後9時までに産んでやる!と心の中で決意する。
 助産師さんが私のお腹等を触ったところ、赤ちゃんは下りて来ているものの、角度が悪く、 このままでは産道を通ってこれないとの事で、座椅子の様な物に座ったり、お尻を上にしたりと体位をいろいろ変え、 赤ちゃんを一旦お腹の上へ戻し、再び産道へと下げた。
 赤ちゃんが一旦上がり、産道に再び入り込んだ途端、今まで以上の痛みが・・・ 陣痛の間隔は縮まらないものの、強烈なウ○チを出したい間隔に襲われ始め、30分程いきみ逃し。 助産師さんが上手に先導してくれるので、自然といきみ逃しの方法が分かってくる。 全身汗だくで痛みに耐える私を、助産師さん達が団扇で扇いでくれたり、つぼを押してくれたり・・・時には笑わせてくれたり・・・ 安産団扇が登場したら、赤ちゃんとご対面までもう少し。

 午後8時20分体育座りの様に座った旦那の足の間に寝転がり、いざ出産。 陣痛に合わせて少しずつ赤ちゃんが降りて来るのが分かる。
 「頭見えてきたよ〜。」と言われ、私のどこにそんな力が余っていたのか、すごい力が湧いてきた。 うぅぅ〜ん・・・メリメリ、ドゥルドゥルッっと午後8時39分、涼がオギャァ〜とこの世に誕生。

 カンガルーケアした涼は、なんともいえない温かさ。目も見えないはずなのに、おっぱいを探して口に含んでくれた。 本当に赤ちゃんって温かい。陣痛の痛みは忘れても、この温かさはいつまでも忘れないんだろうなぁ。

 「こうのとり助産院」で涼を産めたことを本当に良かった。 陣痛が押し寄せる中、助産師さん3人がかりでつぼ押しやマッサージ、励ましの言葉・・・信頼できる助産師さん達とだからこそ頑張れたと思う。
 入院中も知り合いの家に泊まっているかのように安心できた。 小さな涼を上手に抱いておっぱいを飲ましてあげることが出来なかった私に、何度も授乳方法のコツを教えてもらった。 忙しい仕事の傍ら、どう?と部屋を覗いて話を聞いてもらえ、その優しさに思わず涙が出たことも。 入院の後半では、何回か旦那も一緒に泊まり、家族3人で我が家のように過ごしたし。
 また赤ちゃんに巡り会うことが出来たら、もう一度こうのとり助産院で産みたい。

青木 優 様
青木 優 様  こうのとり助産院でのお産は、病院で産んだ一人目と違い、 陣痛の間中助産師さん達が背中をさすったり、 ツボを押してくれたりして安心と心強さを感じました。
 そして畳の温かみのある部屋で赤ちゃんと一緒に頑張って産んだとう気持ちになれました。
 お産後はちょっとした悩みにも気軽に相談にのって頂け、 時には世間話などをして笑ったり、本当に楽しくていつまでもここに入院していたいと思うほどでした(笑)
 もし三人目が出来たらまたこちらでお世話になりたいなと思います。

木 あゆみ 様
木 あゆみ 様  私は大きなお腹を抱え、初めて赤ちゃんを授かった喜びと不安を胸に「こうのとり助産院」へ向かいます。
 私は三重県に住んでいますが、地元美濃市へ帰ってお産しようと決めました。その理由は母が私を産んだ時、 古田助産師さんに取り上げてもらいました。そんな縁があって、こうのとり助産院で赤ちゃんを産みたいと思ったからです。
 39週の健診を終えたころお腹が痛み初めたので電話をかけ、診察のために助産院へ向かいました。 陣痛が弱かったこともあり「これじゃ産まれんね〜朝になるわ!」と言われましたが、 「もう遅いで今晩泊まってきやぁ」と家へ泊めてもらうかのごとく入院になりました。
 部屋は6畳ほどの和室です。 布団を敷いてもらって横になり3分おきにやってくる陣痛に耐える長い時間が始まりました。 お腹が痛くて痛くて、叫ぶ私の腰を助産師さんが抑えたりさすったり児心音を聞かせてくれました。 そして「赤ちゃんも頑張ってるよ!」と励まして くれました。 やっぱりベテラン! 腰の押さえ方が上手です。次第に痛みが逃せるようになってくると「上手になったやないの!」と誉めてくれました。
 そんなことを繰り返していると朝になっていました。体力をほとんど使い切ってしまった所へ本格的な痛みがやってきました。 経験したことのない壮絶な痛みに悶え苦しみました。助産師さんと付添いの母親が懸命に私に呼びかけ励まし続けてくれました。 子宮口が全開大になり、古田助産師さんが「よ〜し、産むでー!」とかけ声をかけると、 駆けつけた旦那が分娩台になって私の体を後ろから支える形でお産の体勢を整えました。
 陣痛のツボといわれる足のツボを助産師さんが力いっぱいに押さえると大きな陣痛がやってきました。 すると少しづつ赤ちゃんが降りてくるのが分かりました。助産師さんや旦那や母親から叱咤激励されながら力いっぱいいきみました。 すこしずつ頭が見え初めると、ほとんど残ってないはずの体力が戻ってくるように力が湧いて来て次第に笑顔がでてきました。 そして頑張って頑張って、 ついに3520gの元気な男の子が産まれました。
 古田助産師さんから我が子を胸の上に抱かせてもらったときの柔らかな感触といつまでもぴったりと私にくっついてくれる愛おしさは 今でも忘れることができない感覚でした。 とにかく「かわいい!本当にかわいい!」と言って顔を撫でました。
 輝くような青空の下に産まれてきたこの子を空輝(そらき)と名付けました。 産まれた直後から、空輝と私は離れることなく過ごしました。ご飯は助産師さんの作ってくれる美味しい家庭の味です。 なかなかお乳がでなくて悩みましたが、助産師さんが 毎日お湯をくんだバケツを持ってきて蒸しタオルでおっぱいマッサージをしてくれたり 夜中でも相談に乗ってくれました。そのおかげで退院するころには沢山お乳がでるようになりました。
 今では息子も7か月になります。 こうのとり助産院には毎月乳児健診を受けに三重県から通っています。発育や離乳食の相談に乗ってもらって、 記念写真と手形足形をもらえるのが成長を感じられる楽しみです。
 妊婦健診の頃から体重管理や生活について時に厳しく指導を受けましたが、自分でお産をする自覚を持ちなさい!というメッセージだったんだなと今思うと ありがたく思います。とても達成感のあるお産体験ができたことを、私も家族も嬉しく思っています。
 また次の子もぜひ、こうのとり助産院でお産 したいと思っています。

平 芳美 様
 私がこうのとり助産院で出産しようと思った理由は、1人目の出産、産後のケアがとても満足できるものだったからです。 それに1人目の時に母乳育児ができたのも、産後毎日乳房マッサージをしてもらえ、適切なアドバイスやケアをしてもらえたためでした。 さらに、気さくで話しやすく、ベテラン助産師さんばかりであるため、信頼できると思ったからでした。
 今回の出産では、夫と子どもの立ち会いを希望していました。 夜間での入院、出産であったため、残念ながら子どもは立ち会うことはできませんでしたが、 夫は入院からずっと立ち会ってもらい、一緒に新しい命を迎えることができ、協力して出産したという気持ちになれました。
 出産後すぐにカンガルーケアもさしてもらい、ゆっくりと赤ちゃんと触れ合うことができ、 出産後の余韻にひたることができました。 自然分娩であったため、産後の回復も早く、静かでゆったりとした環境で過ごすことができ、のんびりと赤ちゃんと触れ合うことができました。
 授乳では、1人目の出産の時と変わらず、毎日乳房マッサージしてもらえ、適切なアドバイスやケアをしてもらえました。 乳房トラブルなく、スムーズに直母でき、退院後も安心して母乳育児ができそうです。

山中 美佳 様
山中 美佳 様  こうのとり助産院は名前の通り、赤ちゃんがこうのとりに温かく包まれて外の世界に出てこられるそんな場所です。 昔から繰り返されているお産。その昔から伝えられてきている自然なお産がしたいと思いこちらでお世話になることにしました。
 健診はゆったりと時間をとってくださるので、病院とは違い、とてもリラックスして受ける事が出来ました。 初産でしたので不安も多かったのですが、健診にいく度に赤ちゃんの誕生を一緒に楽しみにしてくださるので不安もいつの間にか拭い去られていきました。
 出産では主人と母が立会いさせていただきました。 テレビの見過ぎか…もっと深刻な雰囲気を想像していましたが、家族と助産師の方との楽しい会話が飛び交う中での出産。 それがとても心地良く自分の家でお産をしているような錯覚を起こすくらいリラックスした気持ちで望めました。 最後まで呼吸法など的確な指示を出して下さってとても心強かったです。 マッサージも気持ちよかったです!主人も「一緒に産んでいるような感じがしてとても良い経験になった」と言っていました。
 産後も心のケアやおっぱいマッサージを毎日してくださり 入院中は毎食、バランスの良い美味しい食事を作って下さいました。主人や母が泊まりにきた時にはお布団や食事のお心遣いをして頂き、感謝しています。
 また次の出産の機会があれば、是非こうのとり助産院で産みたいです。

河野 麻味 様
こうのとり助産院での出産
 まず率直に、こうのとり助産院で出産でき、本当によかったなと感じます。 はじめての出産で、はじめは不安もありましたが、ベテランの助産師さんたちがいてくれて、安心して出産することができました。
 出産は、よくある分娩台での出産ではなく、和室の布団の上で夫に後ろから支えてもらう出産でした。 周りには母親もいてくれて、いきむときなど、みんなで一緒になって踏ん張り、みんなで産んだ。そんなお産でした。 夫も、母親も、もちろん助産師さんたちも、本当に支えてくれて、素晴らしいお産をすることができ、こうのとりを選んでよかったと心から思います。 夫も、自分も産んだ感じがして、また、臍の緒も切ることもでき、感動したようで、本当によかったと思います。
 それに、入院中のごはんは、毎日とっても美味しく、楽しみでした。 和室ということもあってか、入院中もアットホームな気持ちで過ごすことができました。
 またの機会にもここでお世話になりたいと思っています。