さだまさし コンサートツアー 2014〜2015 第二楽章  [15.01.15]
 @日本特殊陶業市民会館 2014.10.18(土)
 ちょっと古い話になってしまうが、昨年10月18日にさだまさしさんのコンサートに行ってきた。今回のコンサートは「第二楽章」というアルバムの発売を 受けて催されるものだ。その前に行われた「シンフォニックコンサート」にはチケットが取れず行くことが出来なかった。母がさださんのコンサートに 行きたいと言っていたので何とか今回はチケットが取れて良かった。さださんの公演ペースだと一年に2回は名古屋に来てくれる感じだろうから、 あまり母を待たせずに済んだのは幸いであった。
 その公演日が来る前に追加公演の案内が来たのには驚いてしまったが、それはスルーすることにした。そういえば小田和正さんのコンサートも追加公演が あるのだが、そちらもスルーしてしまった。どうも同一公演を2回観たいとは思わない性格のようだ。

 さて、コンサートの感想を書こうと思てたら公式ホームページに下記のような記載があった。

さだコンサートのレポートについて
さだまさしの現在進行形のコンサートにつきましては、その内容はアーティストさだまさしの著作物であることを主張するものであり、楽曲メニューの掲載、 トーク内容の要約などコンサートの根幹に関わる内容の掲載をお断りいたします。ただし、コンサートの感想あるいは印象を語ることにつきましては、 これに含まれないものと致します。

 アーチスト側の意向は分からなくはないのだが、感想を書く側にとってはやはり触れざるを得ない部分もあるので、今回もネタバレ有りということで 書かせていただく所存である。本当はもう少し待てばコンサートツアーは終了するのだけれどね。

 とれたチケットは29列。おっ、割と前の方じゃんと思っていたのだが、実際に会場に入ってみたら、後ろから数列目という後方の席だった。ガイシホールの 感覚で考えていたのだった。アリーナ席で29列なら前の方だなと。市民会館はそんな大きな箱ではなかった。まぁそれでも充分満足の出来る距離であること には違いない。前にさださんのコンサートに来た時には2階の席だったことを考えれば、若干とはいえ席はステージに近づいたと言えよう。チケットは 取れただけでも十分にありがたいことなのだ。贅沢は言ってはいけない。母はあまりコンサートなどには行っていないと思うのだが「このくらいの距離の方が 見やすいかもね」と言っていた。

 肝心のコンサートの方は「第二楽章」収録曲を中心に進められていった。さださんにとって大きな節目であった単独コンサート公演回数4000回、 デビュー40周年、還暦(順番はよくわからないけれど)の3つを終えて、ここからは音楽生活の第二楽章に入ったという思いで新アルバムに付けられた タイトルである。
 ステージでは、まず映像がスクリーンに映され、その映像にさださん自身がナレーションを付けておられるのだが、その映像とナレーションが終わると、 その話を受けてさださんがトークを少し挟み、曲の演奏に入るという感じで進められていった。映像の内容的には第一楽章に当たる期間に何をやって来たか、 それをどういう思いでやって来たかということが中心であった。ただ、ナレーションが「皆さんもご存知のように」的な入り方をするので、「俺は知らんがな」 とついつい突っ込みを入れたくなるというか、知らなくてごめんなさいという気分にさせられるのにはちょっと戸惑った。
 新アルバムの曲だけでなく、古い曲も演奏してくれたのは嬉しかった。聞きたい曲は他にもあったけれど。

 不満はといえば、映像、ナレーション、それを受けてのトークということで、淡々とステージが進行して行ってしまって、あまりトークが脱線しなかった ところだろうか。もちろん大いに(自由に)トークする部分も設けてはあったのではあるが。さださんのコンサートだから曲数が少ないのは仕方がないが、 その分トークで楽しませるというところもカットされてるような気がしたところが残念だった。また、ほとんどギターを持つこともなく、時折バイオリンは 演奏したものの演奏はバックに任せていた感じだった。個人的には全体にあっさりし過ぎていたかなと思わないでもなかったが、母が満足そうにしていたので そこは安心した。
 2時間半弱のコンサートであった。ま、全体を通してみればまずまずのコンサートといったところか。追加公演の時には多少トーク内容とかいじって 来るのだろうか。でも映像やナレーション部分に手を入れなければあまり変わり映えしないような気もする。追加公演をスルーしたのは妥当な気がする。

<SET LIST>
01.遠い夏
02.残春
03.さくらほろほろ
04.十三夜
05.茨の木
06.家路
07.精霊流し
08.案山子
09.豆腐が街にやって来る
10.広島の空
11.長崎小夜曲
12.たいせつなひと
13.黄昏迄
14.君は歌うことが出来る
EC
15.死んだらあかん


TOPへ戻る  前へ 次へ