■お絵描き講座(しぃツールPaintBBS編)■

●その3:影や光をつけましょう♪●

↑TOPページへ ←前のページへ 次のページへ→
 



 
 
 
 
 
 

 では影と光をつけていきましょう。
ここまでの説明でコツがつかめてきた人は「あ、次は逆マスクを使うんだな?」と思われたのではないでしょうか?
その通りです。
まずは影や光をつけたい色に逆マスクをかけましょう。
そうすれば他の部分に影響されずに影や光を塗ることが出来ます。
ここでは肌で説明します。
 まず影の場所を決めます。
この絵では「画面の左側から光が当たっている」という設定で描いていますので、そこのところを考えながら影の位置を決めます。
影は「光の当たりにくい部分」に出来ますので、鼻の横や髪の毛の下の部分などに影をつけましょうね。
この辺は他の人の絵や実際の人間を見て参考にしてください。
これの説明を始めちゃうと本が一冊できちゃいますから。(笑)
一つアドバイスをするとすれば「人間の身体は立体で出来ている」ということを頭において影をつけるって事ぐらいですかね?
 やはりここでも「塗りつぶしツール」を使うことを前提に作業を進めます。
(「範囲指定して塗りつぶし」という方法が面倒な人は鉛筆ツールや水彩ツールで気楽に塗っていきましょう。)
影のつける部分を影にする色で囲っていきます。適当で良いです。気楽にやっちゃいましょう。
私の場合肌に出来る影は「ピンクっぽい肌色」で塗っています。
まあ描くたびに変わるのであんまり気にしてませんが。(笑)
ちなみに線の太さは「2px」ぐらいでやってます。
(ここではついでに瞳の着色もやっています。なんか顔が怖かったので。(笑))

 影の範囲指定が終わったら塗りつぶしです。
「塗りつぶしツール」でサクサク塗っていきましょう。(これだけかい!?)

 光の当たる部分には基本の色よりも薄い色を塗りましょう。
大抵は白で塗ってますけどね。
方法は影つけの方法と同じです。
髪の毛や他の部分も同様に影と光をつけていきましょう。

 あとは背景を描いて「ほぼ」完成です。

これで着色は終わりです。
これで終わっても良いのですが、ちょっと変わったテクニックをご紹介します。
次にページへどうぞ。

次のページへ→

<「これで投稿しちゃうぞ!」という人に一言アドバイス>

投稿ボタンを押す前に画面のキャプチャーを忘れずにね♪
方法は以下の通りです。


 お絵描き掲示板は基本的に自分のHDDへの保存が出来ません。
だからブラウザの異常処理や、PCのハングアップ、投稿時の回線異常などでせっかく描いた絵がパーになっちゃうことが時々あります。
そんな「切なさ炸裂」な事態を回避するために投稿前に画面をキャプチャーして保存しておきましょう。
 Windowsの場合はキーボードの中に「PrintScrn」ってキーがありますね?
アレを押すとその時ディスプレイに表示されている画面が丸ごとクリップボードに保存されます。
 Macの場合は「コマンド+シフト+3」で画面の保存が出来るそうです。
ただクリップボード(つまりはメモリーですね)に保存されるだけなので、それをHDDにもう一度保存する必要があります。
MS PAINTでも何でも良いですので、ふだん使っているグラフィックソフトを起動しましょう。
でもって新規画面にクリップボードに入っているキャプチャーした画面を「貼りつけ」します。お絵描き画面が表示されてますね?
あとは「名前をつけて保存」するだけです。
そうしておけば投稿に失敗しても後でローカルのHDDから絵を投稿することが出来ます。(もちろん画面丸ごとじゃなくって描いた絵だけを編集して投稿してくださいね。)
さっきの方法だと保存した絵はbmp形式、もしくはグラフィックソフト独自の形式になってるはずです。
投稿できる画像形式はjpg,png.gifですので画像形式変換ソフトで変換しておいてください。
画像変換ソフトはVectorなどで探せばすぐ見つかるでしょう。

 次に画像の投稿方法です。
自分のHDDから画像を投稿するのは簡単です。
まずはお絵描き掲示板の上の方にある「Write」と書いてある画像をクリックしましょう。
するとメッセージ書きこみ画面に入ります。
そしたら「画像選択」って項目があります。
その横の「参照」ってボタンを押すとご自分のPCのHDDの中を参照することが出来ます。
あとは投稿したい画像ファイルを選んで「NAME」「TITLE」「MESSAGE」などの必須項目を記入したら「Submit」を押すだけです。
何度も言いますが「Password」の設定はお忘れなく。

 最後に口うるさいことを言うですが、投稿する画像は
「お絵描きツールからの投稿に失敗した画像」
のみに限定させてください。
この機能を使うと極端な話、「紙の上に描いた絵をスキャンしてお絵描き掲示板に投稿する。」なんてこともできますので。

次のページへ→