■お絵描き講座(しぃツールPaintBBS編)■

●その2:色を塗りましょう♪●

↑TOPページへ ←前のページへ 次のページへ→
 



 
 
 
 

 さて、着色です。
着色の方法には大まかに分けて「アニメ塗り」「グラデーション塗り」があります。
「アニメ塗り」はその名の通りグラデーションを使わない「アニメっぽい塗り方」です。(そのまんまや)
「グラデーション塗り」は「水彩ツール」を使って色をぼかしながら塗る方法です。
「グラデーション塗り」は水彩ツールで絵の具を乗せるように塗っていけば良いので、ここでは「アニメ塗り」について説明したいと思います。
 まずは当然ながら「塗りたい色の選択」をします。
色は画面横にいろいろあります。しかしこれだけでは「自分の好きな色が無い!」と思われると思うます。
 自分の好きな色を作る方法としては、ツールボックスの下のほうに「R G B」と表示されている部分があると思います。
R G Bそれぞれをマウスで左クリックしながら横にスライドさせれば、色の変更が出来ます。
また他の方法としては、右側に「PALETTE」というボックスがあるので、そこの中から選ぶという方法もあります。
いろいろな種類の色が用意してありますので、非常に便利です。
「明+」「明-」のボタンを押せば、微妙な明るさの変更も出来ますので色々試して自分の好きな色を作ってください。

 まずは基本となる色でおおまかに塗りつぶしていきましょう。
鉛筆ツールでチマチマ塗っていっても良いのですが、ここはせっかくある機能ですので「塗りつぶし」機能を使って一気に塗っちゃいましょう。
 線画の色をマスクしておくのを忘れないようにしてくださいね♪
とても簡単です。
塗りたい色を選択をしたら画面の上にある「塗りつぶし」ボタンを一度クリックしてください。
で、塗りつぶしたい部分(ここでは髪の毛)で一度左クリックしてください。
一度で塗りつぶせたでしょう?
ただここで注意しておかなければならないのは、『塗りつぶし機能で色を塗る場合、線が閉じている必要がある』ということです。
線がで囲まれていない部分にこの機能を使うと色がはみ出してしまいます。
下の画像は髪の毛だけを塗りつぶそうとして、顔にまで色がはみ出してしまった例です。(笑)
まあ失敗したら「元に戻す」ボタンを押して前の状態に戻せば良いので、線を閉じなおして(つまり線が切れている部分を繋いで)から再度チャレンジしましょう。
この絵でも5〜6回再チャレンジしてます。(笑)

 各部分の塗りつぶしは終わりましたか?
「じゃあ次のステップだ!」と言いたいですが、良く見ると「色の塗り残し」がありますね。
髪の毛の先端などは塗りつぶしツールでは完全に塗りつぶせません。
(私の線画がヘボいからだという話もありますが。(笑))
 こればっかりはツールに頼ることは出来ないので、「鉛筆」ツールでチマチマ修正していきましょう。
どうです?修正前よりも見栄えが良くなったでしょう?

修正前

修正後

 

これでおおまかな着色は終わりです。
次はこれに影や光を入れましょう。次にページへどうぞ。

次のページへ→